中古品
¥ 117
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。コンディションガイドライン「良い」の状態です。発行年により装丁や定価が異なる場合がございます。ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さい。売り切れの場合はキャンセル手続きを致します。通常2営業日以内の発送となります。ゆうメール(配送番号なし)または商品により宅配便等での発送となります。発送日より3日から5日程度での到着となります。日・祝は定休です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

麻生太郎の原点 祖父・吉田茂の流儀 (徳間文庫) 文庫 – 2007/4

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 116
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

次期総理の呼び声も高い麻生太郎。その原点は祖父として身近に接していた昭和の名宰相・吉田茂にあった。小学生の孫にサンフランシスコ講和条約を語るかと思えば、周囲に見せる好々爺としての意外な一面。政治家・麻生を育んだ吉田茂の流儀とは。巻末に“秋葉原の名演説”ほか講演を収録。


登録情報

  • 文庫: 247ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2007/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 419892581X
  • ISBN-13: 978-4198925819
  • 発売日: 2007/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,563位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
タイトルのとおり、麻生氏による吉田茂のエピソード集である。身内でないと知らないような吉田茂の豪快なエピソードがおもしろかった。
庶民離れしていると批判される麻生氏だが、吉田茂の財力をバックとした豪快さを麻生政治の原点としていると考えると、妙に納得してしまった。
後半の3分の1は、麻生氏の講演内容だが、全文を見ると割とまともな話になっており、麻生総理の目指す日本が見えるような気がした。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
やはり、高名な政治家が書いたものなので、最初は少し構えて読んでしまうのですが、
しばらく読み進めていくとすぐにやばいぐらい面白いことに気付いて愕然とします。
これほど、無抵抗に頭にはいってくる文章も珍しい。
付録の部分は、「とてつもない日本」にほぼ含まれる内容でがっかりですが、本篇である
内閣総理大臣でもあった作者の祖父吉田茂にまつわるエピソードの数々は、血の通った温
もりのあるユーモアにあふれた文章になっています。
例えば、インドの首相が自分の娘の名前をつけた象を日本に贈答してくれたお返しに、日
本からクマを贈ろうという話になり、「祖父は『クマの名前はカズコにしよう』と母をか
らかっていた」というエピソードなど。どの家庭でもありそうな言い草であるがゆえに、
そう思えるのかもしれません。
吉田茂その人自身がユーモラスであっただけでなく、麻生太郎氏自身も相当に諧謔を解し
弄する人なのだろうとうかがわれます。「『避雷針』になってくれた外務次官」という文
章で「しかし、正直なところ、子ども心にも『避雷針にはなりたくないなあ』と思ったも
のである」と締めくくるのですが2ページに満たない文章ながらどうにも心憎い。
何らかのきっかけで少しでも興味をもったのなら、是非一読の価値があると思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 「ローゼン閣下」など、さまざまな異名を持つ麻生氏。その一つに「半径2メートルの男」がある。要するに麻生氏に会ったらその虜になってしまうほど魅力的だということだが、そんな麻生氏を育んだのは昭和の大宰相・吉田茂であった。

 本書には人間味溢れた吉田茂のエピーソードが満載されているが、「バカヤロウ解散」のイメージしか持っていなかった私にとってはとても新鮮だった。

 付録として掲載されている麻生氏の演説・評論集なども読み応えがあり、総裁選を単なる人気投票にしてしまった自民党のセンセー方にもぜひ読んで欲しい一冊である。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
祖父、吉田茂と麻生太郎の関係を事細かく書かれています。また、終戦後のマッカーサー元帥と吉田茂の関係やサンフランシスコ平和条約が締結された当時の話等等。"吉田茂一族"は海外在住を経験された人がとても多くてそれが麻生太郎の価値観を形成して行ったのかなと考えさせられます。
吉田茂は生みの親と育ての親が違うのですね。この辺りの話はすごく興味深かったです。また、彼は麻生太郎を相当可愛がっていたようでその教育過程で麻生総理の価値観が形成されていったとも推察できる内容となっています。アニメ関連の話は少ないですが、歴史に興味がある方にはとてもいい内容だと思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告