Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 648

¥ 93の割引 (13%)

ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[万城目 学]の鹿男あをによし (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

鹿男あをによし (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.3 142件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 648
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741 ¥ 1

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

テレビドラマ化もされた大ベストセラー、ついに電子化。
「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。
ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令とは? 「並みの天才じゃない」
と金原瑞人氏激賞!

内容(「BOOK」データベースより)

大学の研究室を追われた二十八歳の「おれ」。失意の彼は教授の勧めに従って奈良の女子高に赴任する。ほんの気休めのはずだった。英気を養って研究室に戻るはずだった。渋みをきかせた中年男の声が鹿が話しかけてくるまでは。「さあ、神無月だ―出番だよ、先生」。彼に下された謎の指令とは?古都を舞台に展開する前代未聞の救国ストーリー。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 549 KB
  • 紙の本の長さ: 454 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2010/3/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009CTVF04
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 142件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,435位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
『鹿男あをによし』。前作『鴨川ホルモー』と同様、「なんじゃそりゃ?」と、思わず書店で手を伸ばさずにはいられない、奇妙なタイトルと、可愛らしい表紙絵の組み合わせが素晴らしい。

自意識過剰な主人公が、古都を舞台に、神様(に近い存在)の気まぐれに翻弄されながら奮闘する。そして、第一印象はパッとしないけど、一皮剥けば輝くツンデレなヒロインが、思わぬ形で主人公の行動に絡んできて大活躍―――。

前作の基本的な構造を踏襲しつつも、脇役たちの作りこみ、物語のテンポなど、いたるところに進歩が見受けられる良質な青春ファンタジー小説です。巧みな風景描写で実在する土地の魅力や雰囲気を引き出しつつ、マニアックになり過ぎない程度に歴史ネタや神話ネタを物語に落とし込むのが、この作者は本当に巧い。

ただ、これは『鴨川ホルモー』の時もそうだったのですが、少し穿った読み方をしてしまうと、周囲とのコミュニケーションの軋轢に苦しみ、そのくせ原因を自分に追求することが出来ず、ひとり悶々と燻っているような男のための(レビューを書いている私自身、少なからずそういう部分がある人間です)、ドリーム小説に思えてしまう一面も。

すかした口調で物語を進め、自己中心的なきらいさえある主人公が、新天地ではいわゆる「選ばれし者」となり、(その性格のわりに)
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「鴨川ホルモー」が面白かったことと、舞台が奈良であったこと。

この2つの要素により発売前からいつ出るんだーと首を長くして待った次第。

早速買って1日で読み終えてしまいました。楽しい時間は長くは続きませんね…。

この作品も前作同様、その土地に由来する悠久の歴史をエッセンスとして抽出し、

筆者ご自慢の構成力を駆使して、そつなくまとめた内容となっています。

なんとなく、バックグランドが似ている森見さんと比べてしまうと、文章に

パンチ力が欠けるなぁと思う反面、読む人を選ばない点ではこちらのほうが、

万人受けするのかもしれません。

肝心の内容のほうは、私自身が奈良出身なためローカルなネタが出るたびに、

ニヤニヤしてしまうのですが、それを抜きにしても十二分に楽しめます。

とにかく、鹿最高。ポッキーを食べる渋い親父声の雌鹿って…。

おまけに、奈良の鹿がお辞儀をする理由までストーリーと絡めて説明してくれます。

全体としては、奈良の独特なのほほんとした雰囲気(情景描写+鹿)と、

個性的なキャラ、そして、奈良の歴史をうま
...続きを読む ›
コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ドラマがとっても面白かったので原作を読みたかったのですが、単行本は1575円と
高かったので文庫に落ちるのを待ってました。

文庫が出たと同時に購入、予想はしていましたがやはり原作も大変面白く、文章の
読みやすさも手伝って、たった1日で読破してしまいました。内容については単行本
の方でレビューがたくさん付いており、そちらも参考にされるとよいでしょう。
ここでは主にドラマとの相違について述べます。

ドラマ版は原作をほぼ忠実にドラマ化していますが、大きな変更点が2つあります。
1つは「藤原君」が男性から女性に変更されたこと、もう1つは「鼠の使い番」
(ドラマでは「鼠の運び番」だが同一人物)を突き止める方法が違うことです。

藤原君を男性から女性に変更したことは大成功でした。というか綾瀬はるかさんを
抜擢したことに拍手を贈りたい。綾瀬さんが出演することによってドラマがより面
白くなったことは間違いありません(原作版の藤原君も味があって好きですが)。

一方、「鼠の使い番(運び番)」の突き止め方は原作の方がスッキリしています。これ
を詳しく説明してしまうとネタバレになってしまうので述べませんが、ドラマでの突
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
07年04月の単行本の文庫化.08年にはフジテレビ系列で連続ドラマにもなった作品です.

葉月から霜月までの四ヶ月,四章構成の物語は神無月にあたる三章が全体の約8割を占め,
二章の終わりに,プロローグ的だったそれまでからいよいよ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover