通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込みなし。ページの折れ目なし。カバーに小傷、擦れ傷あり。通常程度の中古本です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐ 単行本 – 2014/9/24

5つ星のうち 4.0 96件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 757

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鹿の王 (下) ‐‐還って行く者‐‐
  • +
  • 鹿の王 (上) ‐‐生き残った者‐‐
  • +
  • 狐笛のかなた (新潮文庫)
総額: ¥4,136
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2015年本屋大賞受賞!

何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守るため、選んだ道は――!?

内容(「BOOK」データベースより)

不思議な犬たちと出会ってから、その身に異変が起きていたヴァン。何者かに攫われたユナを追うヴァンは、謎の病の背後にいた思いがけない存在と向き合うことになる。同じ頃、移住民だけが罹ると噂される病が広がる王幡領では、医術師ホッサルが懸命に、その治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが、愛する人々を守るため、この地に生きる人々を救うために選んだ道は―!?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 560ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041018897
  • ISBN-13: 978-4041018897
  • 発売日: 2014/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 96件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,654位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
「鹿の王」でも、他の作品と同様に上橋菜穂子ワールドの奥深さを感じました。読者の心に迫る魅力ある世界です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
やはりまた大きな流れの中で生き抜く主人公達。まだ一度しか読んでいませんが、何度も手に取る本になりそうです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
獣の奏者や守り人シリーズが傑作と言われるのはエンターテインメントに徹していたからだと思う
一貫して読者の方を向いて書かれているのだ。だからこそ登場人物に共感し、読んでいて何度も心を揺さぶられたのだ

本作は序盤から民族・風俗・動物・医学・政治などの世界観の説明が為され
中盤からは多くの人物が登場し、それぞれの思惑が入り乱れて物語は際限なく肥大化していく

とてもではないが一読で把握しきれる物量ではない

何というか本作は全十巻くらいの作品のプロットを延々と読まされている気分になる
それはそれで面白いのだが素材をそのまま出された感じを受けてしまう

上橋菜穂子程の作家ですら持て余す規模の物語の大きさは驚異的である
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
少し早く取得した夏休み旅行のおともに購入。
しかし、夏休み中には読めずに、通勤時に上下巻とも読みました。

ネタバレはなるべく書きたくないので、
この作者の著書を「子供のための読みものでしょ…」と思っている方へひとこと。

上橋さんの著書は、大人でも、いや、大人だからこそ理解できる心情がたくさんあります。
平坦な文章で、ここまで深い表現をできるものなのかと毎回、驚嘆させられっぱなしです。
通勤・通学時間のおともに、おすすめです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
命という大きなテーマのファンタジーですが、登場人物と地名がおぼえられません(おぼえる人もいるだろうし、おぼえなくてもいいという人もいるのでしょうが)。長い物語でダブル主演というカタチをとっているので、読むのに疲れて、とてもしんどい思いをしました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
上巻までは黒狼病を巡る謎や民族間の対立といった壮大なストーリー展開で惹きつけられる魅力がありました。
大人が読んでも良質な文学作品だとは思います。
kindle版で読みましたが、人物を含め用語解説がすぐ出るのはいいところです。
ただ、がっかりしたのがラストの終わり方です。ここまで展開してきた全てが解決せず投げ出された感じでえっ・・という感じでした。
それまでのストーリー展開や内容を評価して星3つとしましたが、ラストがもう少し納得行けば星4つです。

せめて、黒狼病の治療法がある程度確立しましたとかホッサルの立場に決着がつくとかヴァンのその後がないというのは安直なエンドじゃないでしょうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
またしても、上橋菜穂子得意の、別世界を舞台にしたハイファンタジーです。
今回の舞台は、大きく四つの民族の重なって存在する、辺境地帯です。
これだけですでに、陰謀術策のにおいが漂ってきますね。

強い勢力を持ち、勢力拡大に邁進する大帝国、東乎瑠(ツオル)。
東乎瑠に恭順の意を示すことで戦を避け、実効支配権を譲渡されているアカファ王国。
かつて繁栄を誇った母国を疫病で失い、なお圧倒的な学術の力で王国内に勢力を保ち神聖視されている「オタワルの貴人」一族。
そして、辺境にあって火馬、飛鹿などの動物と共生し、厳しい自然のなかを流浪する辺境の民たち。

主人公は二人の男。
一人は辺境民の戦士団「独角」の頭で、ただ一人の生き残り、そして物語の鍵を握る「人を超えた力」を持つことになる、欠け角のヴァン。
もう一人は、オタワルの貴人であり、近代医学の探求に情熱を傾ける若き医師、ホッサル。

物語は、旧アカファ領の岩塩鉱を、正体不明の伝染病が襲うところから始まります。
ここで奴隷として強制労働をさせられていたヴァンは、謎の猟犬の群れに襲われます。
噛まれたものは皆病に斃れる中、ヴァンは死者の中から見つけ出した幼子とともに、ただ二人、生き残り、辺境民の中に身
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今作以外の全てを読んできましたがこの作品ほど入り込み辛かった作品は他になかったですね。
上橋さんの作品は、特に人物を深く描写することはもちろん、舞台となる土地の気候からくる気質や食べ物。それぞれの地域の抱える民族政治問題まで多角的に描写し、架空の設定の物語舞台が色や匂いまで立ち上らせてくれるすばらしい作品が多くあります。
上橋さんにかかれば物語が3Dどころか4D、5Dって感じです。
でも今回は織り込みたいテーマが多すぎて上下巻ではほうぼうに散らばって薄くなってしまった感があります。人物の関係にしてもホッサルとミラルの関係は?マコウカンの姉との関係は?ヴァンの駆けて行く様はまるで狐笛のかなたのようでしたが、あれはその後が描かれて落ち着きがあったような気が・・・
何よりたくさんの民族が出てきすぎてどこがどの部族だったか、この王(貴)族はどういう地位だったか、どんな関係だったか、もしくは漢字が別読みだったりするのは毎回ルビのあるところへ戻ったりとか何度行きつ戻りつしたかわかりません。そのうち物語の中にのめりこむ気力を失ってしまいました。
これは守り人シリーズや獣の奏者のシリーズのように1冊ずつじっくりテーマを分けて書いていただけたらもっと深みのある物語になったかもしれません。今後は上橋さんの丁寧さにあった巻数でじっくり取り組んでいただけると私はうれしいんですが。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー