中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鴨川ホルモー (角川文庫) 文庫 – 2009/2/25

5つ星のうち 4.0 203件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 122 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 605 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ--謎の部活動「ホルモー」に誘われるイカキョー学生たちの恋と成長を描く超級エンタテインメント!!

内容(「BOOK」データベースより)

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 299ページ
  • 出版社: 角川グループパブリッシング (2009/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043939019
  • ISBN-13: 978-4043939015
  • 発売日: 2009/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 203件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
目に見えないものを認めるか?

あり得ないョ〜と否定する
しかし…という思いがムクっと頭をもたげる

不思議な気分で読み終えた

面白いの一言で括りたくない世界があった

万城目学さんってどんな人なんだろうなぁ〜
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
鹿男とプリンセストヨトミと三作読みましたが、どれも適度に深く・軽い良質な娯楽作品。その中で、この作品は特に現実離れした設定ですが、不思議と無理なく爽やかな物語に収まっています。なお、映像化作品と原作は別物と捉えた方がよいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 C'mon 投稿日 2017/4/1
形式: Kindle版 Amazonで購入
ホンマに楽しかったです! 結局、なんでそんなことになってんねん、っていう謎はよくわからないままでしたが、それが関係なくなるくらいにひたすら次ページをめくることにむちゅうになってしまいましたw
著者の作品は初めて読ませて頂きましたが、これからハマりそうな予感…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
鹿男が面白かったので、こちらも読んでみました。
そのうち面白くなると思いながら読み続け、最後のページまできてしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
京都のお祭りや大学や地名がたくさん出てきて、楽しく読めました。
ただホルモーには、あまり興味がひかれなかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
映画を観る前に原作を読んでおこうと思ってワンクリックしてみた。
京都を舞台にした学生たちの一風変わったサークルにおける恋と青春の物語とでも言えば良いのだろうか?
ホルモォ〜の意味は物語の初頭ですぐに明かされるが、ホルモーの歴史などが物語の進行と同時に徐々に明かされていく。
どのように映画も観てみようと思いました。
ついでに舞台化もされているのでそちらも観てみようかと。

■読んで欲しい人
・何かのフェチがあって困っている人
・片思いの相手が居るが行動に移せない人
・昔、若者だった人
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
京都の大学に通う男子学生が一目惚れしたヒロインのためにサークルに通い、友人や恋敵、もう一人のヒロインと関わっていく青春ストーリーです。
上記だけをみれば多少セオリーから外した(ひねった)、無難な小説で終わりました。しかし私は2つの不満をもちました。
一つはヒロインの1人を「凡ちゃん」と呼び続けた為、私の中のイメージが凡ちゃんそのままで定着してしまいました。過剰な「凡ちゃん」連呼により、最後の「感動させたい」だろうクライマックスでは「主人公よ、それでいいのか?」と思わずにはいられません(主人公の流されやすさもあったと思いますが)。
二つ目はタイトルにもある「ホルモー」です。稚拙かつ意味不明な競技?はこの物語において必要性が皆無でした。フィクションはフィクションなりにその非現実性に意味を見いだすものですが、「ホルモー」は完全に作者の悪ふざけです。その歴史的背景や元になったもの、果ては「ホルモー」をする動機、意味さえも見ることはできません。
この物語は青春小説に謎の設定を加えたものですので、お時間に余裕のある方はどうぞ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 平間彰浩 投稿日 2013/1/27
形式: 単行本 Amazonで購入
他の人のレビューでは高評価のような気がしますが、読んでみて面白いと感じるところが

少なかったと思われます。

高評価だから逆に期待しすぎたのかもしれません。

まず、スピード感が無いです。そしてキャラクターも共感できるタイプではありませんでした。
(主観ですが・・)

また、主人公チームが芦屋(強敵みたいな奴)と戦うときの作戦がつまらないです。

もっと、心理戦を加えて主人公チームの個々の個性的な役割を出したほうが面白いのでは

ないかと感じました。

自分がこの作者と相性が悪かったかもしれません。

ただ、これを読むならジャンルは違いますが東野圭吾の小説を読んだほうが絶対面白いです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
京大の青春物語。サークル活動の鬼もホルモーも気になるが、なんていっても、学生・青春のエネルギー、ばかばかしさ、恋愛、が重なりあって話が進む。いいね!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2013/1/12
形式: 文庫
設定が面白くて買って でも前半はだいたい説明な感じで、何度も脱落しかけたのですが 後半から物語が動き始めて面白くなりました。 青春な感じで、甘酸っぱい読後感が残りました。 文章的にはすごくいいなあと思いました。 読みやすいし丁寧だし、なんか誠実なかんじで嫌みがないっていうか。そんなんで、よかったです。 で、これがデビュー作と知ってびっくりしました。 中堅の作品だと思っていました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー