中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学) 新書 – 2009/12/18

5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「理系宰相」として注目を集める鳩山首相。その政治的戦略の源泉は「OR(オペレーションズリサーチ)」にあった!
東大・数学科を卒業した官僚も恐れる論客・高橋洋一と、東大・物理学科を卒業した毒舌サイエンスライター・竹内薫が、
これまた東大・計数工学科を卒業した鳩山首相の「理系政権」を解剖。
民主党の目的関数と制約条件、さらに小沢陰関数とはいったい!? 閣僚人事と政策の裏に隠された、鳩山OR戦略の全貌を暴く!
「政治は国民のためにある」なんて思ってる皆さん、そんなの嘘です!

内容(「BOOK」データベースより)

理系宰相として注目を集める鳩山首相。その政治的戦略の源泉はOR(オペレーションズリサーチ)にあった!東大・数学科を卒業した官僚も恐れる論客と、東大・物理学科を穀業した毒舌サイエンスライターが、これまた東大・計数工学科を卒業した鳩山首相の理系政権を解剖。民主党の目的関数と制約条件、さらに小沢陰関数とはいったい!?閣僚人事と政策の裏に隠された、鳩山OR戦略の全貌を暴く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: インフォレスト (2009/12/18)
  • ISBN-10: 4861908299
  • ISBN-13: 978-4861908293
  • 発売日: 2009/12/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 465,703位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
2009年の衆院選に勝って政権交代を成し遂げた鳩山由紀夫さんの内閣の布陣と、民主党のマニフェストをやさしく読み解く1冊です。「バカヤロー経済学」では匿名だった高橋洋一さんが今回は顔を出して先生役を、竹内薫さんが生徒役を務め、二人の軽妙な応答で解説が展開します。

元財務官僚の高橋さんは数学と経済学、科学作家の竹内さんは物理学が専門。それゆえ理系出身の総理、副総理、官房長官を揃えた鳩山内閣には期待している様子。科学的に戦略を練る学問の研究で博士号をとった鳩山さんのやることにはいちいち理由があるんだよ、という前提で話が進むのですが、これから本書を読まれる方には違和感があるかもしれません。

高橋さんは、鳩山政権の目標を2010年の参院選に勝利すること、としています。そのために、自民党とは違う政策で民主党支
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 社会科学的に或いは自然科学的に民主党を分析した書物です。
きっちりデータに基づいて議論されているために信頼できます。
 他のレビュアーの方もおっしゃられる通り、確かに民主党には、
元エリート官僚の政治家たちがごまんいるというのは確かです。
その点、外には脱官僚、中では自民党以上に、官僚依存になってい
っても頷ける点があります。
埋蔵金自体は民主党が予測していたのと違い全くなかったわけで、
その点マニフェストなり支持母体なりに約束したことを現有の財源
以外からもってこざるを得ず結果的に増税になるということでしょう。
小沢一郎という政治家を考慮にいれている点も勿論注目で仮にいくつか
議員・官僚が良い案を出しても議員立法は封じられてしまいましたし、
小沢一郎の地元の利益に反する政策は難しい(小沢一郎の地元・派閥に
無関係な地方では可)というような状況になってしまいました。冷静
に現在の政治を読み解くには非常に勉強になりますしデータも多く
おすすめです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
竹内氏がおバカ過ぎだろう。と突っ込みたい。

タイトル通り鳩山政治を教師と生徒の対話形式で紐といてくんだが、
合いの手を入れる生徒役の竹内氏が無理やりおバカ過ぎる。

氏の他の著書やラジオ番組などで竹内氏を知っているぼくとしてはすごく違和感。
こういうのも出来ますというキャラを見せたいのかもしれないがちょっと…。飲み屋の会話じゃないんだから。

言っていることはよくわかるし、閣僚の出身背景を元に分析しているのは面白いんだけどね。(初めて知ったよ)

他の方も書いているがゲーム理論などが浮いている感じ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
今更なのではあるが、意外にもおもしろかった。基本は見識ある毒舌で知られた高橋氏の論調である。ハト首相退陣の原因となった基地問題に関しては全く予想できていないが、個々の政策の裏の意味のとらえ方、予算の付け替え、贔屓する省庁と糾弾する省庁に対する扱い、経由省庁を変更してのばらまき、日教組と文科省、パチンコ業界と外国人参政権などなど。確かに脱官僚・主導だったなと。ハト政権のみならず、今後の政策の裏を読むのにも大いに参考になりそうだ。読み応えもそこそこあり。現在の価格ならCPは抜群。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 高橋洋一氏、竹内薫氏の対談によって、鳩山政権を読み解くっていうのが、この本の基本コンセプト。ただ、対談っていうより、竹内が高橋に教えを請う構造になっている。高橋氏が先生役、竹内氏が生徒役になっているわけだし・・・。
 「鳩山由紀夫の政治を科学する」というタイトルにはなっているけど、別に科学しているわけじゃないです(笑)。高橋氏の軽妙な語り口で面白く読み進めるんだけど、両氏ともに理系出身で、科学作家の竹内氏のカラーを打ち出すためか、「科学する」とはしているけど、ちょっと無理があるんじゃないかなぁ。
 だから、コラムとして所々で紹介されている、竹内氏のゲーム理論などの解説が、本筋の対談と乖離していて蛇足な感じは否めない。鳩山さんが博士号を取得したORの研究に関する解説だけは“あり”だと思うけど・・・。
 鳩山政治をわかりやすく的確に解説してくれているので(蛇足的なコラム以外は高評価ですよ!)、普通に「鳩山由紀夫の政治を読み解く」でも良かったと思うが、それだとアピールできないのかなぁ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー