新品の出品:2¥ 1,500より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

鳥(AR Oリング仕様)(初回生産限定) [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: ロッド・テイラー, ティッピ・ヘドレン, ジェシカ・ダンディ
  • 監督: アルフレッド・ヒッチコック
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2012/12/05
  • 時間: 119 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009AP6N9S
  • JAN: 4988102117696
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 289,408位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

100周年記念特別パッケージ~初回限定“AR飛び出すジャケット"O-リング仕様!
ユニバーサル100周年を記念し、既発売のシネマ・コレクションに別デザインのOリングを付けた特別仕様商品を初回限定生産にて発売!
このジャケットは、AR(拡張現実)機能のアプリを利用することで、スマートフォン等で飛び出す動画(簡易3Dアニメーション)が楽しめます!

●初回限定生産/Oリング仕様

空を黒く染めて襲来する鳥の群れ。鬼才ヒッチコックの傑作パニック。

【キャスト】
ロッド・テイラー/ティッピ・ヘドレン/ジェシカ・ダンディ

【スタッフ】
製作・監督:アルフレッド・ヒッチコック

■製作:1963
■Disc枚数:1
■画面サイズ:16:9
■収録時間:119分

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『レベッカ』のダフネ・デュ・モーリアの原作を元に、アルフレッド・ヒッチコック監督が撮り上げたパニックサスペンス。襲来する鳥の群れと一軒家に立てこもった人々の凄まじい攻防戦が描かれる。“AR飛び出すジャケット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 むらさめ 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2013/10/21
形式: DVD
子供の頃に見た感想と、大人になってから見た感想とが、全く異なる不思議な映画。

<子供の頃の感想>
小学校の校庭のジャングル・ジムに、とまるカラスが1羽、また1羽と増えて行き、最後にはジャングル・ジムが「動く真っ黒な塊」と化す。
しかも、その「塊」は、人間に対する「敵意」で満ち満ちている…。
実際に、カラスの大群が襲ってくる場面よりも、この場面が強く印象に残った。
なぜ?どうして?等の疑問に対する「回答」が、何らないまま、映画が終わってしまうのも、ショックと不安を覚えた。

<大人になってからの感想>
本作品の主要登場人物のひとりに、弁護士をしているミッチ・ブレナーという男性がいるのだが、ミッチには年の離れた幼い妹と、実の母親がいる。
実の父親は、すでに他界している。
ミッチは、妹の通う学校の教師をしている、アニー・ヘイワースと、結婚を前提とした交際をしていたのだが、何らかの理由で、結婚には至らなかった。
ミッチは、弁護士という、社会的に地位の高い職業に就いておきながら、良縁に恵まれない、
その表層的な理由は、「ミッチの母親が、子離れできないから」だと、ミッチの母親自身が自己分析している。
しかし、ブレナー家が多数の鳥に包囲されたとき、ミッチの
...続きを読む ›
8 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
We may never know the answer to this question. But this movie is unquestionably a classic.

Like it or not (it is impossible to not like it), this is a standard by which other movies are judged. The script, actors (some of whom are Rod Taylor and Suzanne Pleshette), and execution are always being compared to earlier and later movies.

The story adapted from Daphne du Maurier, does seem to be a little mysterious as to why the birds suddenly appear and as to the ending if that is what it is; however the build up and execution of the conflict with birds, and between women is d
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告