通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー) 単行本(ソフトカバー) – 2013/3/16

5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,030
¥ 2,030 ¥ 1,487

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鳥類学者 無謀にも恐竜を語る (生物ミステリー)
  • +
  • 鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
総額: ¥3,542
ポイントの合計: 107pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

鳥は恐竜から進化した。かっこいいTレックスやでっかいアパトサウルスを生み出した恐竜は、紆余曲折を経て、今を生きるかわいい鳥なったというわけだ。だとすると……鳥類学者は恐竜学者とも言えるのではないか? そのへんをパタパタ飛んでる鳥を観察すれば、太古の恐竜のアレコレがわかってしまうのではないか! ? これは実際に、鳥類学者に恐竜を語って頂くしかない。そんな難問に挑む、一人の鳥類学者。ユニークな視点と大胆な発想をもとに、恐竜の息吹を蘇らせる。無謀とも言える挑戦で見えてきた恐竜の姿とは、一体どんなものなのだろうか?

内容(「BOOK」データベースより)

本書の主題は、鳥類と恐竜の緊密な類縁関係を拠り所とし、鳥類の進化を再解釈することと、恐竜の生態を復元することである。この本は恐竜学に対する挑戦状ではない。身の程知らずのラブレターである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2013/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774155659
  • ISBN-13: 978-4774155654
  • 発売日: 2013/3/16
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,648位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
化石では特定しにくい恐竜の生活(求愛など)を鳥類学の視点から考察していて、読んでいてワクワクする本です。

恐竜が好きでこの本を買い、今では鳥を見かけるたびに恐竜について考えるようになりました。

個人的な感想ですが、読み終わった後、視野が広がったような感覚になりました。
あと3回は読み直します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Akemi 投稿日 2014/7/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
恐竜についてなぜか鳥類学者が熱く語った本。
著者の個人的意見がユーモアがあって楽しめる一冊。
イラストも単に恐竜だけではなく、著者のユーモア意見の想像図が
載っている。これはこれで面白い。
恐竜図鑑とはひと味違う本が読みたい人はいいかも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 或る者 投稿日 2015/10/7
形式: Kindle版 Amazonで購入
ネタや言い回し、独自の仮説など、随所で楽しませてくれます。
これまでの固定化した恐竜のイメージが、いい意味で壊れ、
恐竜には未だ知られていない、もっと色々な可能性があることを教えてくれました。
肌の色一つとっても。。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最近の恐竜と鳥類の類似性から、鳥類学者が悪のりして書いた本です。という前書きですが、楽しめます。
どうせ生きている古生物を見た人はいないのですから、何が正しいかはわかりません。
だから、鳥類学者の恐竜解説も楽しめます。古生物学はロマンだなぁ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 鳥類学者の著書ですが、なかなかのものです。イラストはコミカルですが、解説は分かり易く面白くもあります。恐竜の入門書的で思いの外面白く、読めました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
都内の学校で教科書として使用されているようですが、堅苦しい本ではないです。とても楽しい専門書。イラストや写真も豊富です。難しい単語がたまに出てきますが、直ぐに調べられるので電子書籍がお勧めです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 内容的には、鳥類学者である著者があくまで鳥類学者として、恐竜の生態について想像して語っている本です。とはいえ、著者自身は恐竜の専門家ではないことを明言したうえで、鳥類が恐竜の直系の子孫であるという事実から、鳥類学者として提言できることがあるのではないかという考えに基づいてのことです。それほど深く論証されていない話が多いのですが、著者自身も断定はしておらずユーモアたっぷりの語り口と相まって、非常に気楽に楽しめる内容となっております。
 しかし、思ったこととして、鳥類から随分と指摘できる部分があるのだなあと思いました。このように異なる視点からの指摘ということは、玉石混交ではあるかもしれませんが、意外と新しい展開を生む契機となるかもしれません。私個人としましては、恐竜について思いをはせるとともに、鳥について今までより随分と詳しくもなりました。なかなか、読み物としても優秀ですので、お勧めいたします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他のレビュアーさんのコメント通り、全編にわたって軽快な語りとユーモアで笑いをこらえるのが大変でした。
内容も、恐竜の求愛行動について考察したり、毒をもつ恐竜が居たとしたらどの恐竜だろう、と検討してみたり
羽毛をもつ恐竜が居るとは言え、急に羽毛まみれの恐竜が増えたのはいかがなものか、と嘆いてみたり...

恐竜から鳥類への進化の過程をまとめてくださるのでは、という期待は肩透かしをくらった感じでしたが
それを補って余りある「鳥類学者だからこそ出来る恐竜へのアプローチ」を見事に展開された素晴らしい本だったと思います。

鳥類学者さんだから、鳥への愛があふれているのは当然かも知れませんが、鳥への愛に負けないほどの恐竜への愛も思いっきり感じました。

蛇足ですが、種名の紛らわしさ(クロサギの白色個体、同名のサカナ、等)に関して、関係者はまとめて正座してください、というくだりには心から同感してしまいました。
ほんとに関係者さんはまとめて正座していただきたいです!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
現世の鳥類は実は獣脚類という恐竜を共通の祖先としている。インコを捕まえたときの嚙み方には恐竜を感じることもある。この本では、鳥類を専門とした筆者が恐竜の生態の可能性を次々と描いている。羽があるとすれば色はどうなっていたのか、羽には種子がくっついて植物の広がりに影響したのではないか、様々な仮説が恐竜を通して描かれる。所々にギャグが入ってるのもよろしい。恐竜のことをある程度学習してから、この本を読むと、その奥深さを堪能できると思われる。恐竜ファンには、ぜひ、おすすめしたい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー