通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鳥打ちも夜更けには がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【始めに】  お立ち寄り頂きまして、有り難う御座います。コンディションを最後までお読み下さい。他サイト、店頭販売を併用に行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。予めご了承下さい。付属品等の有無、コンディションをご理解の上、ご購入いただける方お願い致します。(検品者より) 十分な検品をし、出品しておりますが、もし、商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、返金保証致しておりますので、ご安心してお取り寄せください。   カバーはエタノールにてクリーニング済。素敵なご縁があります事心からお待ち致しております。この度は、数ある出店の中からお立ち寄り、ご購入頂き、誠に有り難う御座いました。素敵な御縁に成りますこと、お待ち致しております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

鳥打ちも夜更けには 単行本 – 2016/2/23

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,293

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鳥打ちも夜更けには
  • +
  • コンビニ人間
  • +
  • マチネの終わりに
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

古典『見聞録』で楽園と謳われた島の架空の港町。新町長の下「鳥打ち」の職に就く三人の青年に最大の転機が…自我と自由を巡る傑作!

内容(「BOOK」データベースより)

不朽の古典『見聞記』に楽園と謳われた島の架空の港町。新町長の下、観光資源の美麗な蝶と花畑を護るため、海鳥を毒矢で殺す鳥打ちの職に、三人の青年が就いていた。しかし島の経済が陰りを見せるにつれ、鳥打ちの一人、天野は自らの為す仕事に疑念を抱く。問うてはいけない問いは、やがて町をあげての大騒動に発展して―三人の青年の自由を巡る圧倒的小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 151ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2016/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309024459
  • ISBN-13: 978-4309024455
  • 発売日: 2016/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 249,084位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
もしまとまった量の書評が好みであれば数段も優れた円城塔氏の書評があるので、そちらを読んでいただいた方が間違いない。

「架空の港町」と名付けられている町、元は漁業で成り立っていた自称実在するこの町は次第に観光産業に舵をきり、美しい蝶を目玉にすることとした。手を入れた花畑により蝶の数は増加したものの、その影響で海鳥の志向も変わり、この蝶が喰われることになる。それを食い止めるべく鳥を打つ三人が選ばれてから十年が過ぎているものの、観光業は思わしくない。そんな中、そのうちの一人が蝶を打つことに抵抗を覚えるようになり――というのが話の起点となり、筋となる。

総じて登場人物に共通するは各々、それぞれが印象的な被創造物に魅了されている点だ。

沖山は自らの綴る日記に、安田は仕事への狂信的なこだわりに、そして天野と新町長は十三世紀に生きていたアレパティロ大王の手による『見聞記』に魅了されている。それぞれが受けているであろう着想こそ異なるが、登場人物は魅入られた従者が如く盲目的に、それらの理念に従って行動していく。交わらぬ内は問題がなかったそれぞれの人物の行動は、しかし交差し決裂した端から、潜在的に持っていたカタストロフへとごく自然に向かっていく。

語りからチラチラと覗く「作者」の存在、突然戯曲風になり何事もなかった
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック