Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle Price: ¥ 842
includes applicable taxes
Amazon Points: 8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[勝川俊雄]の魚が食べられなくなる日(小学館新書)

魚が食べられなくなる日(小学館新書) Kindle版

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle
¥ 842
Paperback ¥ 842 ¥ 300

紙の本の長さ: 205ページ 魚が食べられなくなる日(小学館新書)と類似の本

商品の説明

内容紹介

なぜホッケは高くて小さくなったのか?

居酒屋で出てくるホッケ、最近は小さいと思いませんか。小さいどころか、ホッケを置いていない店も増えています。ホッケの漁獲量は、なんと最盛期の9割減。大きな魚を獲り尽くして、いまは成長しきっていない小さいホッケまで獲っている状態なのです。ホッケだけではありません。サバは7割減、クロマグロやウナギはすでに絶滅危惧種です。輸入魚も、世界的和食ブームの影響で、価格が上がっています。このままでは本当に、魚はめったに食べられなくなってしまいます。
日本は世界第6位の広大な排他的経済水域をもつ漁業大国だったはずなのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。中国漁船の乱獲? クジラが食べ尽くした? 地球温暖化の影響? いいえ、そうではありません。日本の漁業が抱えている大問題を気鋭の水産学者が解き明かし、日本人がこれからも美味しい魚を食べ続けるにはどうしたらいいかをわかりやすく解説します。

内容(「BOOK」データベースより)

店頭に並ぶ国産の魚が少なくなり、サイズも小さくなっているのにお気づきだろうか。日本の漁獲量は最盛期から6割減、ホッケにいたっては9割減だ。輸入魚も世界的な魚ブームで価格が高くなっている。このままでは日本の食卓に欠かせない魚料理が高嶺の花になる。日本は世界6位の広大な排他的経済水域を持つ漁業大国なのに、なぜこうなってしまったのか。気鋭の水産学者が、乱獲による漁業資源の危機的状況を明らかにし、海外漁業国の成功例も含めて、日本の魚食文化を守るための方策を綴る。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 11319 KB
  • 紙の本の長さ: 151 ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/8/6)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01JG1R1H8
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 33,908位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2017年12月23日
形式: 単行本|Amazonで購入
2018年2月7日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2016年11月23日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
ベスト100レビュアー
2016年10月21日
形式: 単行本|Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
2016年8月4日
形式: 単行本
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
2018年4月28日
形式: 単行本
ベスト500レビュアー
2016年12月10日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント |違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク