通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11) (カッパ・ノ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11) (カッパ・ノベルス) 新書 – 2005/9/22

5つ星のうち 3.6 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 843
¥ 843 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11) (カッパ・ノベルス)
  • +
  • 暗黒神殿 アルスラーン戦記12 (カッパ・ノベルス)
  • +
  • 蛇王再臨 アルスラーン戦記13 (カッパ・ノベルス)
総額: ¥2,612
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

蛇王の眷属、有翼猿鬼、鳥面人妖がパルスに現れる!国王アルスラーン統治下の王国には、闇が忍び込もうとしていた。ミスル国で客将軍クシャーフルと名乗り雌伏するヒルメスは、ミスル国王に献上される美しき孔雀姫・フィトナと運命的な出会いを!ヒルメスを野望に誘う彼女の腕には謎の銀の腕輪が…。魔の山デマヴァントに閉じこめられたクバードらの危機ははたして!?アルスラーン、ダリューン、ナルサスらのもとにも、魔軍の足音が忍び寄る!!超絶ヒロイックファンタジー小説、戦慄の書下ろし最新作、ついに刊行!新たなパルスの歴史が、動きだす。

内容(「MARC」データベースより)

中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語。蛇王の眷属がパルスに現れる! 国王アルスラーン統治下の王国には闇が忍び込もうとしていた…。大河巨編「アルスラーン戦記」書下ろし最新作。


登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 光文社 (2005/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433407619X
  • ISBN-13: 978-4334076191
  • 発売日: 2005/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,636位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
第1巻が1986年に発刊され、1992年まで順当に第9巻に到達。そして宣言の上で一時休刊し、1999年に10巻が刊行再開され,とうとう第2部が始まったと期待が膨らんだのに、その後、うんともすんともいわなくなった・・・。

僕の周辺に、アルスラーンファンが数人いるのだが、10巻で終わったとみんな思ってた。
ぼくはというと、巻末のあとがきに、「十六翼将を物語の中に全員登場させるかどうかは作者の勝手だろ。」という内容のファンに対する悪態ともとれる発言があり、これは相当なスランプなのかなと、のんびり待つことにしました。

そして2005年、ほんとに、やっと・・やっと出ました、11巻。こりゃ、第2部は10巻の一冊のみで、これ以降は第3部だろ、と突っ込みたくなる遅さ。
まあいいですよ、こうなったら最後まで付き合いますよ。完結まで生きてればねw
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
アルスラーン戦記の最新巻!!
誰もが認める遅筆作家ならでわ??久しぶりの続編です
内容的にが、鳴動編とでもいうべき感じで、侵略した側の王弟陛下や
敵対していた従兄弟王子の近況・・そして新しい陰謀というか、敵襲と
いうか、多分魔物系に入っていくんだと思いますが・・・の伏線等な
内容になってます。ちょっと間が空いていうので余程強烈なキャラとかじゃないと・・登場人物が思い出せなかったりして・・大変(汗)。
んで思ったのが、文章。時間が経って、読者である自分が成長したのか?作者自体の文章構成力が落ちたのかは「・・・」ですが。
状況説明や戦闘シーン、イベント関係への流れなどの文章が非常に軽く感じました・・・!
昔読んでいた頃のようにドキドキ感や高揚感はあんまり起きないくて
『あぁ・・なんか違うなぁ』ってのが本音です。
まぁ昔から読んでるし、続編は買い続けますが。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
買うには買ったが未だ出だししか読んでいません。

続巻も買うか分かりません。

如何せん出るのが遅すぎる!一体何年待たせれば気が済むのか。。。

某創竜伝も内容が薄くなり、ただのドタバタで終わり。

小早川奈津子で誤魔化しているだけ。。。

アルスランも出だしだけですが、内容の空疎化を感じました。

やる気ないなら続き書かないほうがいいんじゃないですかね?

第一部で終わってれば名作でしたが。。。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 ファンが指折り数えて待ちに待ったアルスラーン戦記新作、ようやく登場です!!
 ストーリーに大きな進展があるというよりは、長いブランクを経たため、独特の世界観に読者をよび戻し、“時差ぼけ”を解消させるための再導入部という感じでしょうか。ファランギース一行、クバード一行など前巻以前で「次巻を待て!」状態になっていたキャラ達の様子が書かれていたり、エステルやジムサなどの準レギュラー陣がクローズアップされています。そして巻末では、次巻以降の激戦や波乱を予想させる展開です。
 個人的には、ダリューン・ナルサスのパルス軍双璧二人の見せ場がなかったのが寂しいですね。その代わりヒルメス殿下が「…!!」なことになってますので、インパクトはありましたが。
 私見ですけど、何だか色んな女性キャラが活躍してます。例の女性も新登場ですし。颯爽とした女性ばかりで私は皆さん好きですが、こんなに有能で豪快な美(少)女ばっかりって流石に無理があるんじゃ、と思わなくもないです…。いや、それを言ったら男性キャラもそうか…。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
カバーの折り返し部分、表紙を開いて一番最初に読むところに「できたぞ。読め!」とあります。「王都炎上」発刊以来の読者でした。角川以外で続巻が出ていることを知りすぐに購入して、最初に読んだのがこの文言では悲しくなります。読後が前提である後書きの文章であればシャレで済むかもしれませんが・・・

とても、このカバー部分以外を読む気になれず、星一つです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
初めて王都炎上を手にしてから、もう十数年が経っています。しかし新刊が出るまで長かった。実は諦めて角川版は手放してしまったので、改めて買いなおす羽目となりそうです。久しぶりに読んですぐに記憶が蘇りました。どっぷりパルスに嵌まりそうです。もう二度と本を手放さずにすむよう、続編はサクサク出して欲しいものです。著者の遅筆さからは無理な願いだとは思いますが、神に祈らずにはいられません。

内容としては各キャラクターの状態確認とこれからの前振り的内容です。後書きがないのが残念。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー