通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【初回限定版】 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし。付属物あり。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【初回限定版】 単行本 – 2013/1/25

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 141

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【初回限定版】
  • +
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防【初回限定版】
  • +
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【通常版】
総額: ¥9,828
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ドラマCD(2枚組)を含む、豪華三大特典付き!


<特典内容>

1)森久保祥太郎(オーフェン)、飯塚雅弓(クリーオウ)出演! 「原大陸開戦」ドラマCD(2枚組)
2)特製小冊子「Production Note IV」付
3)草河遊也先生描き下ろし別バージョンカバー


【あらすじ】

《魔王》オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。
しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、《死の教主》が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い《結界》が貫く。

《結界》の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。

《戦術騎士団》、《リベレーター》、《キエサルヒマ魔術士同盟》、《アーバンラマの三魔女》そして、《魔王スウェーデンボリ―》。複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?

分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。


【ドラマCD(2枚組)キャスト】

オーフェン・フィンランディ 森久保祥太郎
マヨール・マクレディ 梶裕貴
クリーオウ・フィンランディ 飯塚雅弓
ベイジット・パッキンガム:松井恵理子
イシリーン:内田彩
イザベラ・スイートハート:佐藤利奈
ラッツベイン・フィンランディ:竹達彩奈
エッジ・フィンランディ:伊藤静
ラチェット・フィンランディ:日高里菜
サイアン・マギー・フェイズ:室元気
マジク・リン:鈴木千尋
シマス・ヴァンパイア:矢部雅史
エド・サンクタム:松山鷹志
シスタ:斎藤楓子
クレイリー・ベルム:最上嗣生
スウェーデンボリー:金光宣明

内容(「BOOK」データベースより)

“魔王”オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、“死の教主”が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い“結界”が貫く。“結界”の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。“戦術騎士団”、“リベレーター”、“キエサルヒマ魔術士同盟”、“アーバンラマの三魔女”、そして、“魔王スウェーデンボリー”。複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本
  • 出版社: ティー・オーエンタテインメント; 初回限定版 (2013/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4864720975
  • ISBN-13: 978-4864720977
  • 発売日: 2013/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 311,079位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
とにかく、新シリーズもすでに終盤戦。ここにきて作風は更なる進化を遂げる・・・というか、旧シリーズ本編1、2部が持つ緊迫感とせつなさ、無謀編のハチャメチャギャグのテンション、それが新4部の持つ複雑精緻な哲学的、政治的背景に加味され、新シリーズ中、いや全オーフェンシリースでも、最高峰の充実度の一作に仕上がった。あ、それはメインの小説部分で、初回限定のオマケはノーコメントね。
しかし、本作を読んで、これまでの新シリーズ計6冊を全て読み直して、その細かい設定と伏線には唸った。さらに本当は、旧シリーズ本編及び無謀編も読み返したいのだが、それらは昔にほとんど売り払ったからなあ。要は、新旧全ての要素を複合的に出して、用語とか魔術の概念とか、この物語の基本設定を理解しないと、展開にピンとこない人も多かろう。例えば、この前々作、前作で突然天人種族の武器が使用可能になったのは、アイルマンカーが設定されたからだというのは、確かに前作を読んでも書いてあるのだが、本作にそのアイルマンカーが出てきて、初めて納得いったり。他にも、世界図塔の召喚装置の起動条件とか、カスミンダ台本とか、旧シリーズの伏線だし。さらに、意外と無謀編でこそ、ギャグの中に、案外重要情報が語られていたんだなあと。ヒュプノカイエンやオーロラサークルなどのアイテムが初出したのって、無謀編じゃなかったっけ。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 旧オーフェンシリーズでは貸金業ネタをライトなコメディで処理していたが、今作では闇商人について複雑な要素をもつ重いテーマとして仕上げている等、描写素材の共通性と相違点が目立つ。
 カスミンダ台本はカスミンダ劇場へのオマージュではあるが、RPGへの揶揄とも受け取れる。多層的な解釈を許す文章は10年近く前に書かれた旧オーフェンシリーズと比較して作家の力量が上がっていると感じさせる。

 そして、全体を通してメッセージ性が強い。
 物語における具体的な状況から考えるならば、現在の「一触即発で戦争が起きかねない軍事情勢」「雇用情勢」「国家の機能不全」「大企業病」などのさまざまな点を想起させるファンタジーだ。
 これらの課題について深く掘り下げるわけではないが、これらの課題の中で生きる人々の姿を感じさせる空想物語だ。

 無遠慮な言葉を叩きこんだ上で後味がよい結末まで持ってゆく流れは老練の技だと感じる。とてもメッセージ性が強い作品ではあるが、娯楽小説だ。このシリーズをここまで読み続けた人に与えられる総括のような作品かもしれない。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
続編物の4冊目なのでとりたてて本編の内容は語りませんが、これまでのシリーズ4作品の中で物語のカタルシスとしては今作が一番だと思います。
はっきり言って富士見でオーフェンを書いていた頃より秋田さんの作家としての力量が上がってるのがわかりやす過ぎるほどにわかるのが今回のシリーズですが、とりあえず今回も物語のダレは感じません。
唐突に現われたクリーチャーや、いきなり使えるようになった世界樹の紋章の剣、復活した天人種族など前々巻、前巻の段階で登場した、過去からの因縁に絡んだダイナミックかつエンターテイメントな物語展開は今回も健在で、正直なところメチャクチャ面白いです。
また今回は同時収録の短編がありませんが、本編だけで350ページを超えてますので特にボリュームが減ったようには感じません。

限定版の特典についてですが、恒例のProduction Noteは採用されたイラストのラフや原大陸開戦の中綴じカラーイラストの微妙に違う没案(それほど大した違いでもない)以外はインタビューすらなく完全にドラマCDの台本掲載のみで、今回さらに微妙な存在になりました。

それで結局ドラマCDについて。
今回も順当にわかりやすく改変されてますし、○○はこんな事いわないみたいなのが結構有りますが、新世代キャラが多い話なのでそこまで気
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容は勿論☆5。以下、内容に関するレビューで無くて誠に申し訳ありません。

最近の刊行姿勢に思う所があります。 前作からドラマCD付属の¥3990版が、通常版より1ヶ月早く発売という、販売方法に変わりました。ドラマCD目当てで、尚且つ出費を惜しまないファンの方なら、お金を出した分通常版組より早く読める優越感も特典の1つでしょう。

ですが、中には【高いなぁ…。でもやっぱり1月待てないし(焦)】と言う方や、通常版が後から出る事を知らずに【えっ!?オーフェン新刊出てるの!?¥3990!?…高いけど、読みたいから買う!!】と言った【釣られた、騙された、渋々散財した】読者もゼロでは無いはずです。

こう言った【潜在購買層】の需要を見越し儲け様とするのは商売上仕方ないかもしれませんが、お金を出さない通常版組の読者に1ヶ月【罰】として【お預け】を食らわせる出版社の意図が私は納得出来ません。

【ドラマCDに興味の無い、または買わない奴らは限定版組とは同じ愛読者では無い】と言わんばかりの消費者格付けに思えてしまいます。
CDと本は流通形態が違うから発売日が異なる、と言う専門的な事を聞きかじった覚えもありますので、出版社に悪意は無く、もし自分の勘違いでしたら、お詫びしたいですが…。
仮にそうだとして
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック