通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
数量:1
魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端 単行本 – 2011/9/24

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端
  • +
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で
  • +
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【通常版】
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 75pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

累計1000万部を突破した伝説の大ヒットライトノベル、奇跡の復活!

三ヶ月連続刊行の第一弾は、2009年12月に発売された「秋田禎信BOX」のみに収録された「魔術士オーフェンはぐれ旅・後日談」『キエサルヒマの終端』を初単行本化!
草河遊也描き下ろしカバーイラストによる新装丁で、再びシリーズスタート!


【あらすじ】

キエサルヒマ結界の消滅から1年、大陸の混乱は悪化の一途を辿っていた。
貴族連盟と大陸魔術士同盟の二大勢力の対立が激しさを増し、トトカンタやアーバンラマでも軍備を拡充、人間同士の争いは泥沼の様相を呈し始めていた。

そんな中、指名手配され「魔王」と呼ばれるようになったオーフェンは、キエサルヒマ大陸を「脱出」する計画を推し進めていた。

一方、レティシャの下で1年間の修行を終えたクリーオウも、オーフェンを追うため一人荒野へと足を踏み出したのだった。

内容(「BOOK」データベースより)

断絶を越え永久の海へ。キエサルヒマ結界の消滅から1年。騒乱の全責任を負わされ指名手配された「魔王」オーフェンは、キエサルヒマ脱出のため準備を進め…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 246ページ
  • 出版社: ティー・オーエンタテインメント (2011/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4904376692
  • ISBN-13: 978-4904376690
  • 発売日: 2011/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 287,866位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
オーフェンは何度となく読み返していましたが、なんとなく終わった気がしないというのが正直な感想でした。

何故かというと、オーフェンは新しい旅に出、マジクは、
「大げさに考えないほうがいいんだ。きっと、どんなことでもさ」
の名言とともに、自らの立ち位置やこれからの自分に納得していたのに対し、クリーオウだけがなにも結論を得ていなかったからです。

メインの3人中の一人の結論が出ないままシリーズに幕が下りたのは、まだ旅が続いているんだという予感を感じさせるものでした。

そして今回の続編!

なんとクリーオウ視点でのシリーズ再開です!

オーフェンを追いかけることを決意するも、レキはずっと眠ったままだし、どうして自分がオーフェンを追いかけているのかも分からないままのクリーオウ。
状況は続々と変化しつつも、未だ出発地点にも立てていないクリーオウの姿こそが、オーフェンの新しいスタートにはピッタリのものでした。

前作からの旅で出会った仲間が続々登場する中、そこから次のステップへと続く新たな旅に出発する姿は「はぐれ旅」というタイトルにふさわしいものでした。
今後の新大陸、オーフェンの子供世代?の新展開にも期待が高まるばかりです!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これはもはやラノベと呼ぶべきなのか?かつてのオ-フェンシリーズの後半から、エンジェルハウリングにかけて、すでに漂っていた、なんともいえない閉塞感、厭世観。それは、すでにせつなさという域を超えていた。その閉塞感と、激しい戦闘シーンの描写、コメディパートの軽妙な語り口の共存こそが、秋田 禎信の持ち味であったのだが、この復活シリーズは、その作風に、さらに人類、人生に対する哲学的なものが加わって、もはやラノベというものではない。魔術士がでてきて異世界を舞台にしているだけで、中身は一種の純文学のようだ。確かに面白い。読み応えもある。僕としては満足だが、これを、今の中高生あたりが読んで面白いのかどうか?オーフェンは、この時点でもまだ20代そこそこだろうが、すでに壮年の男の哀愁と落ち着きと色気をたたえている。物語の中では、大火力で町や人をバンバン意味なくぶっ飛ばしてた無謀編から、数年もたっていないが、その間に経験した、修羅場、挫折、別れ、死、絶望の数々が、一人の男をここまで成長(変化?)させるとは。そして、それは作者の成長でもあるんだろう。思えば、この秋田 禎信という作家は、15年くらい前のラノベ界においては、その圧倒的な筆力が際立っており、スカスカに軽く読める安っぽい印象のライトノベルというジャンルに、ハードボイルド、ミステリ、SF、文学等のジャンルでも通用す...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当方、09年発売のBOXも持っていますが、今回のも迷わず購入。

何故なら、著者のHPを見たら、BOX版では無くてがっかりした、「新規イラストあり」の文字が!
イラストの草河氏は、今時レアな手作業作家ということで、BOXの時は時間的制約があった為らしい。
しかし今回は、カバーだけでなく、中にも当然描き下ろしイラストが5枚ほど。
さすがに少し当時からは変わってますが、自分はその間の某「BBB」も大好きなので、OKです!
BOX版に付いていたカラーも、ご親切に収録されてますよ〜。

まぁ、イラストも大きなポイントですが、
何よりも、今回の発売を聞いてまたちょっと本作を読み返してみたら、「やっぱりどうしても面白い」と思っちゃったのが、敗因(笑)ですよね。

あとがきの形式も懐かしく、新章(というか真正の描き下ろし第3巻)にも期待がふくらみます。
次巻は次世代編ですけど、新章でマジクやクリーオウは活躍するんでしょうかねぇ?
さすがに題名は、当時を踏襲とはいきませんようで……ちょっと残念。

発刊当時ハマッていた人達が、皆それぞれ大きくなって、文庫よりは多少高価でも自由に買えるっていうのは嬉しいヨネ。
あ、文庫まだ持ってますんで、新装版までは手が回りませんけど(笑)。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全編クリーオウ。とまでは言いませんがそれに近いです。昔から危なっかしい(というか危ない)ほどに大胆で思い切りのいい戦闘スタイル(?)で無鉄砲な勇気を体現していた彼女ですが、今回は迷いながらも終始「覚悟」を貫いた命懸けの立ち振る舞いを見せます。
かつてのはぐれ旅メンバーに無謀編メンバーを加えたシリアス展開。

生徒としてクリーオウを採る気のないレティシャに食い下がり、1年間彼女の元で学び、準備をするクリーオウ。オーフェンに辿り着く為にクリーオウが立てた作戦は───出会った瞬間殺されても全く不思議でない人物を案内人にすること。

頭数の差、実力の差、どうしようもないものに耐え、凌ぎ、相対する。時代も環境も立場も何一つ彼女に優しくない。
身を護るものはサルアに貰った(だったっけ?)剣一本と、旅立ちの日に渡された餞別のような銃一丁と、彼女なりに1年間磨いた心と体。

ほぼコメディなしのシリアス一辺倒ですが、懐かしいメンバーも多数出てきます。個人的にはマジクの出番が少なかったのが残念。活躍もなし、成長(少なくともその描写)もなし。

テンポ良く一気に読み切りましたが華やかさはまるでありません。劇中の時代がそれを許さないということですが。
クリーオウ好きなので不満はありませんが、そうで
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック