通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔術はささやく (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔術はささやく (新潮文庫) 文庫 – 1993/1/28

5つ星のうち 4.2 64件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 43
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔術はささやく (新潮文庫)
  • +
  • 龍は眠る (新潮文庫)
  • +
  • レベル7(セブン) (新潮文庫)
総額: ¥2,797
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた……。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)

それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた…。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 476ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1993/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101369119
  • ISBN-13: 978-4101369112
  • 発売日: 1993/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 64件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,641位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
宮部さん色の十分に出た世界だと思いました。

賢く控えめな少年、その周りに集まる暖かい人間関係、欲望に支配される人間、冷静沈着を身に纏った狂人、そして最後の謎解き。
本当に頭から尻尾まで餡の入ったタイヤキのような、読み応えたっぷりの作品でした。

魅力的な物語の条件として、その中に引き込まれるかどうかというのがあるかと思います。
この作品は当然のごとく引き込まれますが、その副作用として軽い疲労感を覚えました。
これは読書によって引き起こされる目の疲労などとは違い、完全に登場人物に感情移入ならぬ、身体移入してしまったからと言うことになります。お読みになれば分かりますが、登場人物たちは結構いろいろな力を使います。彼らは全てが終わった後、最低でも丸一日は寝込んでしまうのではないかと思います。
その感覚がひしひしと伝わってきました。

一方心には、じーんとした人間味の様々な臭さ、醜さ同時に暖かさが余韻となって響き渡りました。

宮部さん作品、模倣犯は長くて・・・と言う人にはまずこれ、と言う感じでお勧めです。
(尤も模倣犯はある意味全然長くはありませんが。。入りすぎて上下巻で終わるのが変な気分さえしました。)

素敵な物語をいつもありがとうございます。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
初期の作品であり、都合の良い設定や未熟な部分もありますが、
何と言っても宮部さんの長所である登場人物の描写が秀逸です。
登場人物が物語の中で生きています。

最初は、ミッシングリンク物か、なかなか魅力的だけど、
ちょっとありきたりかな、と思って読み進めました。
ところが、事件そのものは作品の中盤でほぼ解決してしまうんですね。
そして、それからがこの作品の本題となります。
単なる謎解きのミステリーでは無く、人間を書こうという作者の思いが
伝わってきます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 宮部さんならではの盛りだくさんの構成と登場人物で読者を満足させてくれます。
 法の網を潜り抜けて、犯罪などとは全く関係ないと言うような顔で過ごしている人たちにも、罪悪感という下意識に刻み込まれているものまでは、消し去ることがでずきないというのも業だと思いました。そんな罰されない犯罪者をその下意識に働きかけることによって自殺という形で罰してしまうのだから、これはまさに魔術でしょう。
 自殺の謎が明らかになるにしたがって、も一つの真相が分かってきます。お楽しみに・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最初の百ページくらいはやや退屈ですが、「指輪」が登場すると一気に物語が加速します。例によって、都合の良過ぎる設定が物語を支配しますが、従来になかったような構成は斬新です。
 マッド・サイエンティストとも言える原沢老人を、ある種の神のように位置付け、最後に主人公の日下少年に決断を迫ります。本格ミステリーとして、理詰めで書き進めながらも、最後は「オリエント急行…」を思わせるような人間くさい終結を迎えます。
 長編でありながら比較的コンパクトにまとまっていて、とりあえず宮部作品の何たるかを知るには、格好の1冊と思われます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕は宮部さんのファンで、宮部さんの作品をいろいろと読んで楽しませてもらっていますが、ある意味ではこの作品が個人的には一番好きです。でも、この作品は他の代表作に比べて、読者の評価はそれほど高くないようなので、レビューを書きたくなりました。
宮部さんの作品が良いのは、その見事なストーリー構成もさることながら、世の中の不条理、そこから生まれる怒りや苦しみなどの現実的で深刻な問題を正面から描きながらも、最後はなんらかの「答え」を出そうと努力し(その意味で少し理屈っぽいと言えば理屈っぽいけれど)、そして自分なりの答えを提示するのだけれど、その答えがとても暖かくて、前向きで、ほっとできるものになっていることも大きな原因なのかなと思っています(現実に押しつぶされて終わる作品もたまにありますが)。
そういう意味での現実との格闘が、「魔術はささやく」では大成功をおさめているように思います。この作品は「憎しみ」という感情と格闘していますが、その視点は暖かく、答えは劇的にもたらされ、読後感は爽やかです。
現実的で誠実だからこそ傷ついて、後ろ向きになってしまう。でもできることなら前を向いて、全てを受け入れて生きていきたい。正しい答えはこんなふうにぼんやりと分かっているのだけれど、割り切れない思いが胸から離れず、前に進めなかったことのある全ての人に、この本をおすすめしたいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー