魔笛 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

魔笛 [DVD]

5つ星のうち 3.8 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 5,031 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 45 (1%)
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 4,568より 中古品の出品:7¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 魔笛 [DVD]
  • +
  • Die Zauberflote [DVD] [Import]
総額: ¥8,459
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョセフ・カイザー, エイミー・カーソン, ベン・デイヴィス, シルヴィア・モイ, リューホフ・ペトロヴァ
  • 監督: ケネス・ブラナー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ショウゲート
  • 発売日 2008/01/25
  • 時間: 139 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000YD2NKS
  • EAN: 4988013426740
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,334位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

モーツァルトの傑作オペラを『フランケンシュタイン』のケネス・ブラナー監督が映画化。囚われた夜の女王の娘・パミーナを救い出すため、魔法の笛を手にした兵士・タミーノが立ち上がる。華麗な名曲の数々と大胆な映像で至高のラブロマンスが展開。

内容(「Oricon」データベースより)

英国の天才“ケネス・ブラナー”監督が世界史に残るモーツァルトの最高傑作オペラを、斬新なストーリー・テリングと驚異のビジュアルマジックによって完全映画化!舞台を第一次大戦前夜のヨーロッパに移し、魔法の笛に導かれて出会った恋人たちの奇跡の愛の物語を描く。息継ぎすら忘れてしまう長まわしで始まる冒頭のカットは必見!

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
何人かの方が書かれているように、演出にメッセージ性が強すぎるように感じられるのは私も同感でした。パミーナを挟んだ母と父の愛情の相克、
善と悪の相克が、すべて戦争と平和に還元されてしまったようで、悪く言えば平板です。原作(特に台本)を読む限りはもう少し深遠なの
ではないでしょうか。これを良しとするか不可とするかはご覧になる方次第でしょう。
私が好きな場面は三人の侍女が絡む冒頭と、タミーノと弁者の会話のところなのですが、冒頭はそれなりに楽しめました。
従軍看護婦の衣装がなかなか良かったし、舞台では表現できない3人の表情の動きなども画面を楽しくしています。
ただ、弁者=ザラストロ、しかもトンテンカンと仕事しながらというのはねえ・・・ 弁者のレシタティーボとタミーノの焦ったような調子が
からむ素晴らしい音楽で、おそらくモーツアルトが書いたレシタティーボの中でも最高だと思うのですが、映画ではその音楽的な良さが失われていました。
でも、全体としては「こういう楽しみ方もあるな」という感じで星3つということにしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
これまで何度か見て頭の中が混乱してしまった私です。 去年年末、ウィーンの州立歌劇場のオケボックスから2列目のど真ん中で「魔笛」をみました。 そして一年ほど前に見たこの映画をもう一度見たくなりました。 「魔笛」は後の世の人がどんなふうにでも解釈でき、リメイク出来るように、うまくつくってあるのですね。 この現代的な解釈の映画を見て、「混乱」は相変わらずですが、オペラ「魔笛」に一層魅力を感じました。 オペラと思って見るもよし、オペラじゃない作品として見るもよし。 何度見てもその都度感激する作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
モーツァルトのオペラの中でも最も人気が高いという「魔笛」の世界を、第一次世界大戦に舞台を置き換えたケネス・ブラナー監督の2006年の作品。
ストーリーは楽譜通り進行し、話の内容も時代設定を変えてあるだけで、オペラの「魔笛」そのものを映画化した作品と言ってよいと思う。
CG技術を駆使した壮大なスケール感溢れる映像は観れるが、映画として鑑賞した場合、モーツァルトやオペラが好きでない人にとってはやっぱり退屈な作品として映るような気がするなあ。
役者の演技や台詞は皆無で、ずっと舞台を観ているような感覚なので、オペラ音楽が好きでないと辛いものがあるように思う。
個人的には「魔笛」の音楽は大好きなので楽しめたが。
しかし、有名な夜の女王が歌う、小鳥の囀りよりも美しい、めちゃ高音まで使ったコロラトゥーラやパパゲーノとパパゲーナが二人で歌う「パ・パ・パの二重唱」なんかはやっぱりなんど聴いても感動させられる。
特にここでのコロラトゥーラを聴いているだけで、誰もが言うがモーツァルトには音楽の神が宿っているとしか僕にも思えない。
200年以上前のオペラを何故今の時代に映画化したのかの理由は分からないが、「魔笛」を聴いた事の無い人でもこの映画を通して、モーツァルトやオペラが好きになれば良いなってことは思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原語上演主義が広がった現在、世界でも「魔笛」を恒常的に英語上演しているのはENOなどニ、三の劇場にとどまるだろう。訳詞上演主義の劇場はむしろ多くがドイツだし。先日珍しくMETが英語上演した映像を見たが、ドイツ語上演版と同じ指揮者&オケとは思えないほど音が軽く、いかにも簡易上演版でございというスタンスに失望させられた。その点、こちらのコンロンの指揮はやはり軽いがメリハリがある。歌手もルネ・パーペぐらいしかスターがいないし、カットもあるのでオペラ映像として正面から評価するのは難しいものの、映像の面白さはなかなか。英語で魔笛を楽しんでみたいという方にはおすすめしておきたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
大好きなモーツアルトのオペラ、それも魔笛となると、何をさしおいてでも観なくてはならない。
映画館で観たあと、DVDを購入して繰り返し鑑賞した。
最初の序曲の演奏から第一次世界大戦頃の派手な戦闘シーンが繰り広げられる。
第一次世界大戦で塹壕戦というと、私の場合「西部戦線異状なし」という昔の怖い怖い映画をどうしても思い浮かべてしまう。冒頭からこれはえらいことになったなと思ったが、戦闘そのものを生々しく描写したシーンはここ以外にはあまり無くて正直ほっとした。背景は荒涼としたものだとはいえ、やはりいつも知っているいつものメルヘンチックな「魔笛」だった。(但し脚本変更あり。また歌詞はドイツ語ではなく英語)
それにしてもこのオペラの演出として、この演出背景とは凄い内容を選んだものだと思う。今の時代のような無差別テロや世界各地で紛争の絶えない、この暗部を抱えた時代に製作されたことはとても相応しいし意味のあることだと思う。愛と平和の普遍的なテーマを抽象的ながらここまで表せたことは、K.ブラナー監督と脚色のS.フライ氏の力が大きいと思う。もちろん出演者の歌唱やオーケストラ演奏も素晴らしい。特にザラストロのパートはつい繰り返し観たり聴いてしまうほどの秀逸なものだ。劇中のシーンで丘の上の途方もなく多くの墓碑の前でザラストロが歌う合唱付きのアリアには、とても印象深い
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック