通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔界転生(上) 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔界転生(上) 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫) 文庫 – 1999/4/15

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 812
¥ 812 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔界転生(上) 山田風太郎忍法帖(6) (講談社文庫)
  • +
  • 魔界転生(下) 山田風太郎忍法帖(7) (講談社文庫)
  • +
  • 甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖(1) (講談社文庫)
総額: ¥2,294
ポイントの合計: 72pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

心をこの世に残しつつ死の際に立った男が愛する女と交る――と、1ヶ月後にその女胎を裂いて男が再誕する。妖異凄絶の忍法「魔界転生(てんしょう)」。血風の中に甦る大剣鬼は天草四郎を筆頭に、宮本武蔵、荒木又右衛門、柳生但馬守(たじまのかみ)……。背後で操る森宗意軒(そういけん)と由比正雪(しょうせつ)。紀伊大納言頼宣をそそのかして天下を大乱に導くか!?


内容(「BOOK」データベースより)

心をこの世に残しつつ死の際に立った男が愛する女と交る―と、一ヵ月後にその女胎を裂いて男が再誕する。妖異凄絶の忍法「魔界転生」。血風の中に甦る大剣鬼は天草四郎を筆頭に、宮本武蔵、荒木又右衛門、柳生但馬守…。背後で操る森宗意軒と由比正雪。紀伊大納言頼宣をそそのかして天下を大乱に導くか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 526ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/4/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062645424
  • ISBN-13: 978-4062645423
  • 発売日: 1999/4/15
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,509位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/13
形式: 文庫 Amazonで購入
アマゾンで買った本のみレビューしています。物語・作り話が好きなので小説しか読みません。リアリテイー等は関係ありません。事実と違うなどと言ってる人がいますが、なぜ事実じゃないと知っているのでしょうか?学者が書いているから?不思議で仕方がありません。物語では信長は本能寺で死ななくてもいいのです。面白いか面白くないかのみが判断基準です。それではよろしくお願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーテリングの天才。
湯水のように湧きても尽きないアイデア。
誰もが言うことだが、私はこの風太郎翁の文章に感じるのは、
ねじ伏せるような文体の力である。
しかし、力ずくでありながら、嫌な感じは受けないのである。

例えば由比正雪を書いた次の文章
「この由比と言う男には、二三語、押し問答をしているうちに、フラリと
 相手をじぶんの註文にのせてしまう奇妙な呼吸がある」

と、ここまで書いて思ったが、山田風太郎は三遊亭園朝なのである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lemonerika 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/7/20
形式: 文庫
幕府転覆の企てに巻き込まれた柳生十兵衛が、その陰謀を防ぐために戦うことになります。柳生十兵衛の前に立ちはだかるのは、魔界からよみがえった剣豪達7人。1人、1人と次々に襲いかかります。この7人との戦いが、やはり読みどころでしょうか。それでなくても剣豪なのに、魔界の力でさらにパワーアップしてます。十兵衛が勝つのが、わかっていても、ドキドキします。どんな技で、戦うのでしょう・・・。
と言って、重い本でなく、予想外にユーモラスな本でした。「人を食ったような」柳生十兵衛の作戦や、「そんなばかな!」という荒唐無稽な剣技。十兵衛の弟子達の意表をついた攻撃。敵となる根来の忍者たちのドタバタ・・。エログロも、そうひどくないです。上下巻で読み応えも十分。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小西行長の遺臣、森宗意軒。彼の持つ魔界転生術により狂おしい無念の心を
抱いた剣豪たちが蘇る。宗意軒は転生衆、由比正雪、紀州大納言徳川頼宣を巻きこみ
幕府転覆を企む。偶然、転生衆の事を知った柳生十兵衛は半信半疑ながらも
これに立ち向かう。戦いが始まるうちに転生衆が本物であることに気づいた
十兵衛に敵への恐怖と強者に出会えた歓喜が沸き起こる。

魔界転生上巻の根幹はなんと言っても転生衆の魅力であろう。彼らの転生に
延々と半分以上のページが割かれる。まさに今回の主人公は十兵衛ではなく
彼らである。ここまで大きく風呂敷を広げた小説はあまり見たことがない。
以下が、その転生衆である。

・田宮坊太郎:亡き父の敵、堀口源太左衛門を国府八幡宮にて撃った剣の達人。坊太郎の
身が中天に舞ったと見るや、眉間をたち割られた源太左衛門が崩れ落ちて行ったと言う。
しかしその絶頂にて労咳に倒れる。
・宝蔵院胤舜:宝蔵院二代目・胤舜。基盤の様な幅広い体つきをした槍の達人。完全
無欠を得るため、命のやりとりを渇望する。
・荒木又右衛門:彼の妻の弟に助太刀した「伊賀の水日、三十六人斬り」は日本の
三大仇討ちの一つに数えられる。剣の達人。
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 数ある山風忍法帖の中でも最高傑作です。山風忍法帖は長ければ長い程よいというのが一般の評価ですが、まさしくその通り!本書のおもしろさ、サスペンスは並大抵のものではありません。寝食を忘れるというのはこのことでしょう。虚実ないまぜの山風ワールド炸裂で、あらゆるメディアを凌駕するそのパワーには圧倒されてしまいます。本書をまだ読んでいない人はなんて幸せなんでしょう。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
山田先生は常にそのユニークな発想と緻密な構成力で我々を楽しませてくれる。だが、最高傑作はやはり本作だろう。何度も映画化、TV化されているので、ストーリーをご存知の方も多いだろうが、何度読んでも(観ても)面白い作品である。

「魔界転生」という妖術で甦った、天草四郎を中心とする、宮本武蔵、荒木又右衛門、柳生但馬守、ガラシャ夫人等。彼等は森宗意軒、由井正雪の企みに乗って、現世で晴らせなかった怨みを晴らそうと幕府転覆を図る。これを防ぐのは柳生十兵衛。武蔵などは元々剣豪なのに、既に鬼籍の身であるから怖い物なしである。この武蔵vs十兵衛の対決。但馬守vs十兵衛の親子対決。凄まじい迫力である。ガラシャ夫人の妖艶さも作者らしく濃密に描かれる。

山田先生はこれだけ読者を楽しませてくれる作品を数多く提供してくれたのに、文壇での扱いは低かった。読んで面白い作品を提供する事の素晴らしさを理解しているのは我々読者の方であろう。その意味で、山田先生は面白さを追及する求道者と言えるだろう。その中で、本作は全体構想は勿論の事、子供心に思った「宮本武蔵と柳生十兵衛が戦ったらどっちが強いんだろう」、という素朴な疑問(多くの人が抱いたと思う)に明快な回答を与えてくれた画期的傑作。
1 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー