Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 743

¥ 59の割引 (7%)

ポイント : 300pt (40%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[山田 風太郎]の魔界転生 上 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
Kindle App Ad

魔界転生 上 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 743
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

島原の乱に敗れ、幕府へ復讐を誓う森宗意軒は忍法「魔界転生」を編み出し、名だたる剣豪らを魔人として現世に蘇らせていく。最強の魔人たちに挑むは柳生十兵衛! 手に汗握る死闘の連続。忍法帖の最大傑作。

内容(「BOOK」データベースより)

島原の乱に敗れ、幕府への復讐を誓う天草側の軍師、森宗意軒は死者再生の秘術「魔界転生」を編み出した。それは、人生に強い不満を抱く比類なき生命力の持ち主を、魂だけ魔物として現世に再誕させる超忍法だった。次々と魔界から蘇る最強の武芸者軍団。魔人たちを配下に得た森宗意軒は紀伊大納言頼宣をも引き込み、ついに柳生十兵衛へと魔の手を伸ばす…。群を抜く着想と圧倒的スケールで繰り広げられる忍法帖の最高傑作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 869 KB
  • 紙の本の長さ: 319 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2014/7/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LKVJ8CE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 100,561位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 忍術によって転生した天草四郎時貞や宮本武蔵ら最強の剣客軍団と柳生十兵衛が戦う山田風太郎の一大剣劇。
 
 最近、せがわまさきにより漫画化がされて話題の「魔界転生」
 十兵衛と伝説の剣客達の鬼気迫る戦いだけでも楽しい。しかしそこに大小様々な策略が入り乱れる。強さでは劣る柳生十人衆も命懸けの活躍を見せる。
 歴史上の大剣客達の圧倒的な緊迫感。ほぼ一瞬でかたがつく。その時はぐっと本の中に引き込まれている。少年ジャンプの格闘なんかは何週に渡って引っ張ったりするが、本来、戦いとはこう描くべきだと思う。せがわまさきは漫画でそれを忠実に再現してるからすごい。

 楽しくないわけがない。絶対引き込まれる名作。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Nody トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/9
形式: 文庫
この作品の破天荒な着想と物語の展開が後世のポップカルチャー〜ことにゲームソフトの類に与えた影響はあまりに大きい。
(角川映画版の影響も甚大だろうが)
時空を超えた剣豪、豪傑たちの壮絶バトル。忍法帖シリーズの中でも別格の作。(現在氾濫している伝奇小説の類など比較するのも虚しい児戯にすぎない)
作者のイマジネーションの壮大さに畏れさえ抱く一大魔界絵巻。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
取り敢えず隻眼という致命的弱点を持つにも拘らず最強という十兵衛の性格が鼻につきます。女に優しいという点が特に。そして肉親を殺されたからその敵を討つなどとほざいている女三人、お縫、おひろ、お雛とこいつらよりも弱い、柳生十人衆の存在も鬱陶しいです。結局、そんな連中にいいように嬲られる『魔物』に転生した筈の武芸者達があんまりにも弱く、読んでいてムカつきます。まだ、上巻だけなのですが、その後のパターンが予想出来てしまい、げんなりしてしまいました。一体、何、この糞みたいな小説は…。良いのはプロローグだけで、十兵衛が登場してからの展開、緊迫感まるで無し。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover