通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔王 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔王 (講談社文庫) 文庫 – 2008/9/12

5つ星のうち 3.6 172件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,337 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔王 (講談社文庫)
  • +
  • モダンタイムス(上) (講談社文庫)
  • +
  • モダンタイムス(下) (講談社文庫)
総額: ¥2,073
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

拡大する
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

魔王とは何者なのか?魔王はどこにいるのか?
世の中の流れに立ち向かおうとした兄弟の物語。

会社員の安藤は弟の潤也と2人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、1人の男に近づいていった。5年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/9/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062761424
  • ISBN-13: 978-4062761420
  • 発売日: 2008/9/12
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 172件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
Amazonのレビューを見ると伊坂作品にしてはあまり評価が高くなかった。
だめもとで読んだせいか、非常にいい感触を得た作品だった。

続編のモダンタイムス (Morning NOVELS)を読むと
全体としての作品の深さに感銘すると思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人間が人間を動かす時、それは見えないパワーなのか
           それは人の考えを変えてしまう宗教的なリーダーシップなのか
           それとも金なのか

私はどれも怖いと思った。
兄と弟、日本を動かす政治家。
兄は自分が持っている念力で政治家に立ち向かい、政治家は自分の掲げる公約で世間の支持を熱烈に集め「国」を動かそうとする、
弟は最後に自分にも兄と一緒のパワーがある事を知り、庶民が「国」を動かすには、
「お金」が必要だと考える。
どれもががかなり危険因子的だ。ひとつ間違うとどれも危ない。
政治に興味のない人でも本当にありそうな現実に、いち個人として立ち向かえるのか?などと
思わせる一冊でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
SF小説ですが、人に自分の思いをしゃべらす内容ですが、あまり面白くなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
他人の観察とその接し方、潜在能力の使い方を勉強いたしました。愉しく読ませていただきました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
つまらない作品。作者が何を言いたいのかよくわからない。時間の無駄、読んでいて苦痛になるのは初めてです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この人の作品、しり切れとんぼが多いな
期待させてそれで終わり??
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 超能力という要素が含まれているが、それはこの作品をノンフィクションからフィクションにするための手法に過ぎない。そんな気がした。
 頭が良いの定義は難しい。人が知らないことを多く知っている人も頭が良いように見えるが、それは知識が豊富なだけだ。本当に頭が良い人は、何もないところから価値あるものを生み出せる人のことを指すのだろう。しかし、この知識がすさまじい量だったらどうだろう。生み出すまでもなく、ただ持って来れば十分に価値あるものに見えるかもしれない。つまり、通常は、情報を入手し、考察し、判断するというプロセスを経なければ行動できないのに、考察するというプロセスをアウトソーシングすることで、考察結果を入手し、判断するということでよしとする世界になりつつあるのではないだろうか。この結果として、人々は誰かの言葉を自分の考えであるかのように錯覚して行動することになる。
 安藤は、考えろ、考えろ、マクガイバー、と言う。彼は、考え、行動することによって、世の中の流れを押しとどめようとするが、結局は濁流に飲み込まれてしまう。潤也は、濁流の外にあって、流れを変えようとする。そして犬養は、流れを作り出していた側だったはずなのに、おそらくは、いつの間にか自分も流されてしまっていることに気づいたのだろう。
 彼らは自分の考えで行動し、発言しているはずだった。しかし、本当にそ
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TY 投稿日 2005/12/30
形式: 単行本
いやあ、凄い盛り上がりでした・・・

思わず引き込まれ・・・でも最後はうっちゃりかなあ・・・

半村良なら最後まで書いたかな?

時代の閉塞感の中で圧勝した小泉自民ももう次はないでしょうから

ありえる未来像ではありますが

こんな政治家は出てくれないだろうなあ・・・

政界の構図を見ると絶望して犬養ファンになっちゃいます

だれかちゃんと世の中を見て、

池田大D作支配の政府を告発してくれよ?

現実のほうが小説を追い抜いてはるかに悪いぞお!!!

と、あまぞんで書いても、s学会に消されるんだろうなあ・・・

現実の世の中が宗教支配になっている事実を誰かちゃんと書いてくれ

伊坂、がんばれ!・・・・でも、s学会には勝てないよなあ・・・
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
全体主義へ社会全体が流れていく雰囲気を見事に表現している。
評論家が異を唱えるが、それを押し切る主導者と国民の期待感。
そして一度目は熱くなるが二度目は燃えない国民性。

トリックもなく、明らかにならない部分もあり消化不良といえばそうだが、解釈が読者に任されるという意味では純粋なる文学作品に寄った作品だと思った。ただ他の筆者の作品がわりとすっきりしていることを考えると少し明らかになる部分を期待してしまった。

ドゥーチェのマスターがどうにも怪しい。他の能力者の存在を示唆したり、犬養を助けているのは彼であろう。
しかし最後に犬養を助けなくなったのはなぜか。TVでの発言を受けてだろうか。それほど影響ある発言とも思えなかったが。

「消灯ですよ」は何の伏線であったのか。

次回作で明らかになる部分があるのでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー