通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫) 文庫 – 2012/9/7

5つ星のうち 3.3 33件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616
¥ 616 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生〈6〉横浜騒乱編(上) (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

横浜で催される『全国高校生魔法学論文コンペティション』。この魔法科高校生徒達の晴れ舞台に、突如謎の武装集団が侵入した。彼らの正体は、『大陸』からやってきた大亜連合軍の魔法師とその機動兵器群。目的のためには市民殺害も厭わない武装軍によって大混乱に陥る中、司馬達也は生徒会メンバーと共に窮地からの脱出を模索する。同時刻。コンペ会場に、最新鋭魔法技術武装集団、国防陸軍第一〇一旅団独立魔装大隊が現れる。驚く七草真由美や十文字克人を尻目に、劣等生・達也は戦場の最前線へと向かうよう『命令』を受ける。訝しむ魔法科生徒達の中、「お兄様。ご存分に」「征ってくる」深雪との『儀式』を終えた達也は、ついに、恐るべき“禁断の力”を解放する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐島/勤
2011年、ジュブナイル作家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: アスキー・メディアワークス (2012/9/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048867016
  • ISBN-13: 978-4048867016
  • 発売日: 2012/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 33件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,980位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
敵の規模が集団から国に変わり達也が軍にいたことが学友に発覚してしまいます
そのあたり、もう少し学友の反応などを楽しみたかったのですが、秘匿命令が出され
会話がなかったのが残念です。

これでようやく達也が本気になれる敵が現れたのかと思ったのですが、残念ながら敵が「無双」の雑魚集団でした
唯一手ごたえのありそうな敵は学友チームで戦うことになります。達也出番なし
しかし、学友が瀕死になることにより、達也の隠していた力が開示され、それによって達也の悲劇の主人公っぷりが
さらに上がります。

これまでで一番おもしろかったのですが、文章がどうにもイヤミったらしく、いやいやながら事にあたる達也を
周りが褒めちぎる、もしくは嫉妬、逆恨みするなどをして、客観的に見れば達也いいとこどりのシーンの連続です
強い主人公は好きですが、おいしい霜降り肉も食べ過ぎれば気持ち悪くなるように表現が行き過ぎている気がします
魔法説明も難しくて理解が追い付かないので、斜め読みして説明シーンはカット
でも内容は理解できました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
達也の再成魔法ですけど……深雪は精神干渉魔法を使えるのですから痛みを消すとか和らげるとか出来そうなものですけどね。しかも達也は強い情動が起こらないのだから、普通なら激しい痛みを伴う魔法であっても大して苦しむことにはならないんじゃ、と思うのですが。

魔法科高校生たちが有事に際して、順応性が高すぎるのが薄気味悪く感じました。達也や一条は軍務経験者だからいいのですが、他の生徒たちも大して葛藤もなく戦争に参加するという異常さ。これじゃただの戦闘用のコマです。魔法科高校ではなく、魔法科軍事教練校という設定にしていればこの気持ち悪さも感じなかったのでしょうが……。

ストーリーの構成も酷いです。上巻でキーになると思われた論文コンペもレリックも世界屈指の戦闘魔法師(笑)も、結局ストーリー上どーでもいい存在に成り下がったのには呆れました。

横浜事変単独で見てみると、いつものような括弧書きによる注釈も少なく、作者がノッて筆を進めたのだなと思わせる読みやすさだったのでそこは評価します。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 横浜騒乱編(上・下巻)のレビューです。

 横浜騒乱編は、魔法科高校対抗論文コンペで起きる事件を描いた作品です。ちなみに、今回はウェブ版では出てこなかったキャラが出てきます。三国志で武の達人的な名前に、呉の美周朗さんみたいな名前の方々が。もちろん、ウェブ版と矛盾することもなく、破綻もしていません。ただし、もともとできた話に挿入された話のように思え、やや無理やり感はあるにはありますが…。

 上巻は論文コンペに向けての準備や下巻に向けて暗躍してくる方々のお話です。嵐の前の静けさというか(作者みたいな括弧書きの使い方だと、「別に静かだというわけではなかったが」)、下巻への準備段階の話なのでゆったり進行です。

 そして、下巻は上巻が嘘のようなスピード感です。事件発生からとにかく、めまぐるしく場面が変わり、それこそあちらこちらで騒乱状態という状況になっているのですが、このスピード感が心地よく面白く読めました。主人公やその周りの人物の活躍をどうぞお楽しみください。

 ちなみに、文庫版では時間経過ごとの横浜騒乱(横浜事変)の概略図が載っています。主人公たちや敵はどういうルートをたどっていったのかを可視化できるので読んでいるときに結構便利でした。

 さて、文章についても3巻から書いているの
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ネタバレ注意

上巻から流して読むと話の構成がむちゃくちゃでコンペの扱いが酷過ぎ。上巻で殆どコンペについて意見を言い合ったりしないなぁとは思っていたがまさかコンペが10ページもないとは思いもしなかったぜ!!
わかりやすく纏めるとこうなる

論文コンペが始まったと思ったら侵略戦争が始まったぜwww

な・なにを言ってっているか・・・・・・・・ポレナレフ状態

そもそも「毎年」何らかの事件が起きているらしい論文コンペが毎年未だに行われていることにもビックリ。

ちなみにコンペの発表内容は作者流の理論が展開されているだけでまったく何がすごいのかが伝わってこない。(上巻で発表内容がどれだけ難しくてすごいことなのか説明不足過ぎた)これまでの巻で散々いらない説明があったのに大事な見せ場の説明が意味が分からな過ぎて理解に困った。もやもやしながら読んでいると主人公無双が始まる。正直ここは中二病や無双が好きな俺は結構楽しめた。しかし深雪や十師族が参加して活躍するのは実力や立場的にわかる。その他のサブ伽羅たちの活躍も防衛などありえそうな活躍でよい(まぁこの描写はそもそもなくてもいいと思う)しかしエリカやレオの活躍は異常すぎて読んでいてつまらない。どう考えても今回のラスボスっぽ
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック