通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編 1 (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 歪みあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫) 文庫 – 2012/4/10

5つ星のうち 3.3 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法科高校の劣等生〈5〉夏休み編+1 (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生〈6〉横浜騒乱編(上) (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生(7) 横浜騒乱編<下> (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

今度の『魔法科』は特別編。ウェブ未公開の最新書きおろし短編を収録。魔法科高校生徒たちの意外なエピソードが紐解かれる。『夏の休日』―雫の別荘に遊びに来た、達也とその友人たち。豪華なリゾート地でバカンスを堪能する中、達也に恋心を抱くほのかが気合いの一大決心を!?『友情と信頼とロリコン疑惑』―十師族・一条家の次期当主、一条将輝。彼の友人である吉祥寺と共に過ごすプライベートとは…?『メモリーズ・オブ・ザ・サマー』―達也と深雪が町にショッピングへと繰り出した。深雪は、デートのようなシチュエーションに心躍らせていたが…。『会長選挙と女王さま』―三年生である真由美が、もうすぐ生徒会会長を引退するという。その後継者に、とある人物を名指しするが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐島/勤
卒業後、企業勤務。2011年、ジュブナイル作家に展進(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 366ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2012/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048865226
  • ISBN-13: 978-4048865227
  • 発売日: 2012/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 48,242位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
短編集です。

前から気になっていたのですが、作者の個性と言えばそうなのでしょうが、作者は、女性の姿を、身体のラインや肌の露出に関して舐めまわすように描写するのがオヤジ臭いです。

「夏の休日」
 達也と学友たちとで、雫の別荘で遊びに行くという息抜き的なエピソードです。達也のキャラクターゆえにあまり楽しそうではありませんが、ほのかに対して出来る限りの誠意を以って応対する彼はみどころと言ってよいでしょう。深雪の兄への気持ちが本人の口から語られますが、これまでの言動から考えると、あまり信ぴょう性があるものではありません。
 その他、ストーリーと関係のないところで評論家批判をしているのが謎です。

「優等生の課外授業」「アメリア・イン・ワンダーランド」
 本編におけるわき役をメインにした小エピソードです。達也と親しくはないキャラクターなので、このシリーズのファンの方にはやや物足りないのではないでしょうか。盛り上がりには欠けますが、校外での魔法科高校生の姿を見られるということでは、興味深い話でした。しかし、魔法に使用制限などあったのですね。これまで一高の実力者の面々は校外でもやりたい放題だったので、そんなものがあるとは思いませんでした。

「友情と信頼とロリコン疑惑」
 
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
作者の深雪への情熱が異常すぎて話が入ってこないです(苦笑)

あいかわらず「チョッと」が出てくると「イラッと」します。

それから、登場人物の心情表現がどうもしっくりこない(これは好みの問題だと思うのですが)ので感情移入できません。

言葉足らずでも相手が「正確に意図を読み取る」ことがとても多い。ほとんどの登場人物がそれをやってのけるので、「全員エスパーか!」と思っちゃう。
そういう部分で会話にリアリティがないというのか、なんでしょうねぇ。好みじゃないのかな。

あとはこれまでも感じていた事ですが「くだらない事をト書きで褒めすぎ」とか「会話の相手が大げさに驚く」気がします。
いちいち心のなかで「嘘つけ!」とツッコミを入れながら読んでますよ。

(以下、ちょっとネタバレかも)

なんちゅーか、「生徒会長が特定の誰かを生徒会に入れたいから制度改革をしようとしている」ていうのを他の人が言ったからって個人を中傷するような内容とはとても思えないし。
言った本人も「中傷であることは理解している」とかアホかと。
そんな程度の事しか言えない反対派ってナニソレとか。
もうちょっと論理的に反対できるような反対派を用意してもらいたかった
...続きを読む ›
1 コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
短編集です。サブキャラのお話が3本。ちょっと退屈。ご兄妹の話1本、ゆるゆる。デレデレ、甘々、食傷気味。
最後の1編、『会長選挙と女王さま』―は読めます。真由美さんの後の生徒会長選出のお話です。
アニメでは、横浜騒乱編で、あーちゃんこと、中条さんが後任で生徒会長でしたが、その選出過程をつぶさ?に描いています。まずます楽しく、それなりのエピーソード、次回以降に続く伏線らしきものもまかれていて好印象。
ただ全体としては、トータルの評価は厳しめ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
さて、季節はようやく春になってきたなか、魔法科高校の劣等性はというと「夏休み+2学期はじめ」という暑い季節のお話です。

内容は、WEB小説と書き下ろしというものだそうです。しかし、私自身も本編として海の話と生徒会長選挙の話はWEBで読みましたが、それ以外は書下ろしを除くと番外編で読んでいないので、比較してどうかということはわかりません。その点を踏まえてのレビューになります。

さて、個人的にこの巻で一番読みやすいなと思ったのは実は、はじめの「夏の休日」です。

これは、次巻以降に続く話なのですが、小難しい用語や戦闘描写がないので非常に読みやすいです。本シリーズでは、今のところ読んでいて一番想像力が働いて楽しい部分だったんじゃないかと思います。

それ以降は、あいも変わらずなにやってるかわからん戦闘描写やわけのわからん用語が出てきて、おいてけぼりを食らうのはいつものことですが…。もちろん、作者自身の文章力も変わっていません。むしろ、縦書きになって、ウェブ版よりもひどくなったんじゃないかと思うほど、(多分)書き下ろしの司波兄妹の九校戦〜夏休み最後までを描いた「メモリーズ・オブ・ザ・サマー」は本当にわかりづらいです。何より、この章は、あまり作者お得意の用語があまりでてきていないのに、読んでいて情景が思い浮か
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー