通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫) 文庫 – 2011/7/8

5つ星のうち 2.7 149件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)
  • +
  • 魔法科高校の劣等生〈3〉九校戦編(上) (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ウィード)、『雑草』(ブルーム)と呼ばれていた。そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウイード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ウイード)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐島/勤
和洋のスペースオペラを糧に少年時代を過ごす。青年時代、ファンタジーと伝奇小説に転向。卒業後、企業戦士として現実世界に魂を売り渡すも、2011年ジュブナイル作家として空想世界に帰還を果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 286ページ
  • 出版社: アスキーメディアワークス (2011/7/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048705970
  • ISBN-13: 978-4048705974
  • 発売日: 2011/7/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 149件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,622位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ゆう 投稿日 2012/5/2
形式: 文庫
主人公は頭脳明晰という設定らしいという噂だったような気がしないでもないですが、当たり前のことを回りくどく表現してしいるだけで、その主人公に感心している周囲の人間が馬鹿に見えました。必要以上にキャラを出しすぎたせいか、一人一人の印象が薄く全く感情移入できませんでした。敵は非常に弱く、ただ喚いているだけで魅力がありません。100年後の日本には、中二病患者のマンセーと噛ませ犬しか住んでいないようです。話の展開に無理があり、「大人の事情」で片付けてしまったときには失笑を禁じ得ませんでした。また文章にも問題があり、「ちょっと」を「チョッと」と表現しているのがいちいち目につき、セリフの途中での改行も見苦しかったです。文章に区切りを入れずに視点をころころ変えるという心理描写のタブーを何度も犯しており、とてもプロの書いた作品には見えませんでした。
コメント 349人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
金を払ってまで読む価値があるのだろうか・・・
携帯小説に近いものを感じる。

<追記>
wikiと原作立読みで大体理解
下記の主人公の行動や世界に共感できる人向け
・学歴コンプレックスもちで有能な人間をとにかく非難したい(でも自分は怠けたい)
・何もしなくても女の子にちやほやされたい(どんな些細なことでもべた褒めされたい)
・自分だけ特別な存在で権力を行使濫用したい(でも責任は負いたくない)
・とりあえず逆らう奴は皆殺し(国際法とか刑法無視)
・自分が一番優れていて他人はとにかくアホだと思ってる
・挑発には顔真っ赤にして反論(感情がない設定はどこいった?)
・自分を中心に世界が回っていると思っている
・胴元が損する賭博が存在すると本気で思っている
・学校行事に毎回毎回国際的テロリストが闖入してくる
・治安維持組織が毎回機能せず、高校生である主人公が大活躍して解決する

こういった気持ち悪い行動価値観や緻密()な設定に没入できるモノ向け。
”劣等生”(実際は劣等生どころか天才であり、神にも等しい瞬時の再生、破壊能力もちの不死者)の主人公を活躍させるために、世界や人間を歪めているのでおかしな点ばかり目に
...続きを読む ›
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書は、ネット上で無料公開されていた小説を必要な処理もせずにそのまま本にして売りに出してしまった作品です。

特徴は、何を置いても「一生懸命に考えられた設定」。作者は細部まで色々と考えているようです。
きっと、その設定を弄くり回す作業が楽しくて仕方なかったのでしょう。
しかし、残念ながらその設定に客観的な魅力が全く伴われていません。目新しさもゼロ。
そんな設定「命」なタイプだから、考えたことを全部説明したくてたまらないんですね。
結果、まったく抑制が利かず、とにかく語りまくることになってしまう。
少なくとも自分は楽しいものだから、だらだらと同じ説明の繰り返しでも作者は全然飽きない。しかし一部を除いて読者は置いてけぼりです。
物語のテンポ自体は非常に良いのですが、テンポ良く同じ事ばかり語っているという意味不明な状態に陥っていて、結果的に物語はほとんど進みません。
スポーツカーを軽快に走らせてはいるものの、景色がいつまでも代わり映えせず退屈なドライブになってしまった…といったところ。

得々とした無駄設定の垂れ流し、ぶれまくる視点と語り口。
「ファーストネームで呼んで」と言うためだけに出てくる大量の女性キャラと、彼女たちの容姿を事あるごとに褒め回すに終始する人物描写。
...続きを読む ›
1 コメント 178人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
EVAやナデシコを筆頭とした90年代二次創作に多かった、悪い意味でのベタベタな中二病作品です。
最近では良くネタとして扱われる国家機関のエージェント・クラスにテロリストが押し寄せてきて・実は秘められた力が、等の方向性の設定を地で突き進んでいます。
昔の二次小説に慣れ親しんできた方々からすると、直球すぎて読んでる方が恥ずかしくなってしまうかもしれません。

また、それに伴い設定にも幾らなんでも穴がありすぎます。
教師の指導の受けられる一科生、独学の必要な二科生。教師が足りないから指導がないのは仕方ない
いやいや意味がわかりません。
才能ある者にコーチが付くのは当たり前としても
二科生二年が二科生一年に定期インストラクターとして指導をする時間をつければ良いだけの話です。
スポーツ等でもコーチをつけずとも経験者が未経験者に指導するのは当たり前の事で完全に放置するのはありえません。

そういった主人公を持ち上げる為の穴だらけの設定がそこらかしこに溢れています。
主人公最強と周囲無能の対比は、昔の中二病作品から使われる事も多かったですがいくらなんでもやりすぎです。

中二病作品には設定が悪くても爽快感があるならば、主人公最強でも設定が逸品ならば楽しめる要
...続きを読む ›
1 コメント 310人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック