中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法先生ネギま!(1) (講談社コミックス) コミックス – 2003/7/17

5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

父親のような立派な魔法使いになりたい! そんな志を胸に、魔法学校を卒業した少年・ネギ。彼の修業先は、なんと、日本の学校で先生になること!? 女子校で自分より年上のお姉様たちに圧倒されながら、居候させてもらっているアスナ達に助けられ、なんとか先生修業をこなすネギ。死んだと言われながらも、本当はどこかで生きているはずの父親に会う日を夢見て、ネギは魔法使いとして、そして先生として成長していきます!!

立派な魔法使いになるため、日本の女子校の先生になるという修業を始めた、10歳の男の子・ネギ。早速、担当クラスの生徒・明日菜ともめてしまい、ネギの先生生活は前途多難の予感いっぱい!? プリティなギャルわんさかでお届けする赤松先生の最新作!

著者について

赤松 健
出身:東京都、血液型:B型、デビュー:『ひと夏のKIDSゲーム』1993年9月「マガジンFRESH」読みきり掲載、受賞歴:第50回新人漫画賞 入選(審査員特別賞)、『ラブひな』(平成13年度 第25回講談社漫画賞・少年部門受賞)コミックス:『AIが止まらない』全9巻・『ラブひな』全14巻・『陸上防衛隊まおちゃん』全4巻(原作)・『魔法先生 ネギま!』1~21巻(以下続刊)・『ラブひな0』(KCDX)・『ラブひな∞』(KCDX)・『ラブひな特装版 IRO-HINA Version』 全14巻 (KCDX)・『完全版 A・I が止まらない!』全7巻 (KCDX)・『新装版 A・I が止まらない!』 全8巻 (KCDX)など。


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/7/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063632687
  • ISBN-13: 978-4063632682
  • 発売日: 2003/7/17
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
実は魔法使いである10歳のネギが、修行として女子高の先生に!! 31人のお姉さまたちとのドキドキスクールライフにネギはたじたじ!?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
少なくとも、コミック版「ネギま!」を読む限り、大して面白くないなぁ。
いかにもハリー・ポッター風の主人公、いかにもテンプレートな女性陣、いかにもサービスです的なお色気シーン・・・

読んでイラつく程のことは無いンだけど、「良くあるハーレムものだよなぁ」程度に淡々と読み進めてしまってオワリでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
週刊少年マガジン連載のネギま。「ラブひな」の赤松健が描きます。
主人公のネギは「立派な魔法使い」になるため修行として日本の学校で教師をやることに・・・。
そしてわずか10歳で先生になってしまった少し天然の入った主人公!(笑
ネギを取り巻く30人ものヒロイン!!そこで巻き起こる様々な事件。
30人もいたら、キャラが立ってないんじゃないの?と思うかもしれませんが
みんなかなりの個性的キャラ揃いで見てて飽きさせません!
赤松健の独特な世界観に、読んでるだけで漫画の中に引き込まれます。
オススメの作品なのでぜひ読んでみてください。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とりあえずネギま!を知らない人に注意です。

はじめは学園コメディーですが6巻(修学旅行編)あたりからだんだんとバトル色が濃くなっていきます。まぁ最初から魔法対決は避けられない感が漂ってはいますが、10巻あたりを超えるとほぼバトル漫画に様変わりしているように感じます。1・2巻はほぼ学園コメディですので、1巻と20巻くらいを比べてみると「えっ?」って感じになると思います。このレビューをよんだネギま!を知らない方は古本屋でもいって見比べてみるといいと思います。1巻から順に買って行っていつの間にかバトル漫画っぽくなって脱落した(購入しなくなった)方を結構みました。

個人的には学園ハチャメチャ魔法ラブコメディーでいってほしかったのですが話が進むにつれ学園があまり関係なくなってきますし、魔法対決も激しさを増してネギ(主人公9歳)が拳法を習得したり、血などの描写も出てきますので注意です。

しかしこのネギま!で良いところはそのバトルでもあったりします。
赤松さんのすごいところは漫画とは思えない背景とエフェクトです。素晴らしく美しい風景や建築物と、魔法を絵にするという難しい作業をしっかりこなしている点です。

あともうひとつ。このての巻数が多い漫画というものは1巻と後半の巻でおもにキャラクターの作風が変化
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いわゆるハーレム漫画で、それに魔法やバトルの要素が加わっている。サービスシーンも盛り沢山の、楽しい作品である。
この漫画のすごさは、なんと言ってもヒロインの数の多さだろう。主人公ネギの担当する生徒31名が、ヒロインに当たるわけだが、なんと、第一回から、全員のプロフィールや個性が決まっていて、それぞれの個性に合わせて登場人物たちが動いていくのである。とはいえ、登場人物を一人づつ焦点をあてて、ストーリーを作っていくので、登場人物の多さに混乱をきたすこともない。面白いのは、しばらく読み進めてから、また前の方の巻を読むと、後の回になって焦点の当てられた登場人物が第一話から、ちゃんと表現されていることに、気づくことである。
おそらく、相当な分量の準備を、連載開始前にしたのだろうが、このような冒険的な企画を通し、見事に成功を収めたマガジン編集部には、最大級の賞賛を送りたい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
赤松先生の作品は基本的にエンターテイメントである、と言うことが第一信条なのでしょう。

先生自身が面白いと思う設定は詰め込めるだけ詰め込んであると思います。

しかもキャラクターひとり一人に細かい設定が練りこまれており、誰の話を描いてもそれぞれに面白い展開を見せます。

この作品は基本的にはSFファンタジー+ラブコメになっていますので、時には激しいバトルがあったり、時には生徒の日常的事件が描かれていたりと、話も様々ですが、最終回は大まかには決めておられる様で、少しずつキャラクターとその世界観の謎解きをしながら進む物語は展開に無駄が無く、読者を引き付けます。

この作品はお勧めです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー