通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉 単行本 – 1997/5

5つ星のうち 4.4 155件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法使いハウルと火の悪魔―ハウルの動く城〈1〉
  • +
  • アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉
  • +
  • チャーメインと魔法の家 (ハウルの動く城3)
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 160pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

魔法が本当に存在する国インガリーで、三人姉妹の長女に生まれたソフィー。「長女は何をやってもうまくいかない」という昔話のパターンが実現したかのように、ある日ソフィーは、『荒地の魔女』に呪いをかけられ、九十歳の老婆に変身させられてしまう。家族を驚かせたくないと家出したソフィーは空中の城に住む、うぬぼれ屋で移り気な若い魔法使いハウルのもとに、掃除婦として住み込んだ。ハウルに魔力を提供している火の悪魔とこっそり取引したり、ハウルの弟子と、七リーグ靴をはいて流れ星を追いかけたり。謎のかかしや、犬人間も現れて…?やがて、ハウルの意外な素顔を知ったソフィーは、力を合わせて魔女と闘おうとするが…?イギリスの人気作家ジョーンズが描く、読み出したらやめられない魅力的なファンタジー。10代~。

内容(「MARC」データベースより)

荒地の魔女の呪いで90歳の老婆にされたソフィーは、家族を驚かせたくないと家出して空中の城に掃除婦として住み込む。城の主の魔法使いや弟子、火の悪魔たちと一緒に魔女と闘おうとするが…。熱気に溢れた冒険ファンタジー。


登録情報

  • 単行本: 310ページ
  • 出版社: 徳間書店 (1997/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4198607095
  • ISBN-13: 978-4198607098
  • 発売日: 1997/05
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 155件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 55,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
商品も綺麗だったし、最高です!!!

ハウルファンは買って損はないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は日本語訳がちょっと…と感じました。
きっと原文を英語のままで読めば全然違和感なく読めると思うのですが、
日本語訳が不自然な所が多く、何度も確認する場面が私にはありました…

ただ、ジブリの原作って意味では映画ではわからない部分までしっかり読めたので良かったです∩^ω^∩
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
映画をみて、空を飛ぶシーン。キムタクの声、動きに感激!

でも、原作はもっと楽しい。まず、内容が複雑かつ乙女心の機微を

すばらしく描きだしてる。

ハウルももっと、いじわるで、繊細でわけわかんないし。

恋敵もでてきて、恋模様は複雑かつハイテンション。

ところで、なぜいきなり老婆にされるのだろう?

とおもわれませんでしたか?

それも、読んでみれば納得。

かかしもかかしにされた理由があるんですよ。

まず、読んでみてハウルの世界を深めてください。
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本を読んだのは映画に興味を持ったから原作を読んで見たかったからです。
しかし、本の中にこの時代の一人の女性として、作者の胸のうちにある女性への世の中の偏見になんとか抵抗したいという気持ちが、この童話の中に現れていると思います。主人公が突然老婆になり、もう10代の女の子の恥じらいの部分がそっくり無くなり、自由に言いたいことを言ってしまうし、また行動する。そこから幸せをつかんで行く。そんな女性になって欲しいと言う作者の気持ちが伝わります。いろんなところにちりばめられている伏線や引用はさすがイギリスの作家です。
3匹の子豚。シンデレラ。3人兄弟は面白い。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/10
形式: 単行本
ジブリの映画化決定以前の97年に読んでからD・W・ジョーンズに嵌ってしまいました。映画を見て、原作と比較して相違をあれこれあげつらうのは正統な批評の方法ではないと思うので差し控えますが、私は原作派です。
ジョーンズの作品の真骨頂、辛めの語り口、ドライなユーモア、そして綿密に張り巡らされた伏線と構成の妙。
本作品に於いても、一見関連性のなさそうなさまざまな登場キャラクターが了解不能の行動をとるのに、最後になってそれが一本に収束して、パズルのピースがすっかりはまるように、無駄なく、不足なくおのおのの存在理由を明らかにする様は小気味いい限りです。この収束のエネルギーは読む者を引き込んで一気に最後まで読み通させる力があります。
残念なことに映画ではキャラクタのみ温存して、しかも物語の枠組を変えて、ストーリーを単純化し、ロマンス路線に移行してしまったので、最後に遺漏なく組上がるはずの構成が崩れてしまって謎解きの醍醐味も消えてしまいました。
映画のかわいい、人の良いだけのソフィーよりも、原作の「若い娘だったら言えもしないしやれもしない」ことをずばずばやってのける、Mrs.Noseのソフィーと、皮肉屋で飄然としたハウル、可愛いいけれど何か凄みを漂わすミステリアスなカルシファーのトリオの会話の妙が楽しめる原作を一読されることをお薦めします。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
映画を見て原作を手にしたひとりです。はじめはあまりにも
映画と違いすぎて???といったかんじでしたが、読むにつれ
ぐいぐい引き込まれ、読み終わるまで楽しかったです。
今は2度目の読書を楽しんでいます。
映画ももちろんよかったのですが、私的には原作のハウルの
方が好きです。ハウル自身が自分にはこころがないと、ハウルの
家族を通して、悩む彼の寂しさがよくわかりますし、ソフィーの
おばあさんになって、オバタリアン化して見えてくる世の中の
仕組みと彼女の女性としての物の見方の面白さ。
明らかに男性のハウルとは違う物の見方です。
なによりハウル、彼に惚れました!
見栄っ張りでうなぎのようなやつとソフィーに言われていますが、
最後の章のハウルは素敵です。
映画ではなぜハウルが黒髪に戻ったのかわかりませんでしたが、
原作にてハウルの心の成長とともにあったのだということが
わかります。
映画ではわからないハウルとソフィーの成長の物語です。
映画は映画でよかったですが、原作は原作ですばらしいです!
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー