¥ 734
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔法使いの娘ニ非ズ (7) (ウィングス・コミック... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法使いの娘ニ非ズ (7) (ウィングス・コミックス) コミックス – 2017/4/25

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 429
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法使いの娘ニ非ズ (7) (ウィングス・コミックス)
  • +
  • 魔法使いの娘ニ非ズ (6) (ウィングス・コミックス)
総額: ¥1,371
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 新書館 (2017/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4403622399
  • ISBN-13: 978-4403622397
  • 発売日: 2017/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 キュ子 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/5/12
形式: コミック Amazonで購入
遂に最終巻です。
長く続いたシリーズだけに感慨深いです。
昨年(2016年)末に発売された「ウィングス 2017年2月号」付録のシリーズファイナル記念小冊子の描き下ろし漫画も掲載されています。(漫画のみです。)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
とうとう終わってしまいました。
納得の行く終わりかただと思います。
兵吾が「初音」と呼び捨てにするようになったのが嬉しかったです。
今は魔法使いの娘から読み直してます。
那州先生の作品はデビューからずっと愛読してますが、どの作品も大好きです。一番はGWですが魔法使いの娘シリーズも一番になりそうです。
初音ちゃんと兵吾は、これから幸せになって欲しいな~。二人の子供も見たいですね。番外編が出るといいな~。
次回作も楽しみにしています!!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
7巻で完結すると知った時、あと1巻で完結出来るんだろうかと不安でしたが
発売された7巻を手に取ったらかなり厚めで最近のコミックスにしては珍しく250頁以上ありました。

そんな訳できちんとパパとの決着がついた上で完結していますのでご安心下さい。

最終巻らしく今までに登場したキャラクターも色々再登場しています。
数話以上に出たのに登場出来なかったり、初音の本当の両親みたいに扱いがぞんざいな人達もいますが(最初気が付きませんでした)
そういえばこの2人はおまけの方にももう少しだけ登場しています。
朋絵ちゃんもおまけの方にだけど最後に登場出来て良かったです。
--2017.4.29追記--
テンテンはしっかりおまけの1エピソードの主役を務めていますが、兵吾の蛙もちょびっとで良いので見たかった…
--追記ここまで--

お話はこれでお終いみたいですが、「魔法使いの娘再ビ」がいつか読めたら良いなぁ…
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告