¥ 2,484
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魔法の世紀 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔法の世紀 単行本 – 2015/11/27

5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 2,299

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔法の世紀
  • +
  • これからの世界をつくる仲間たちへ
  • +
  • 超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 56pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

《各界著名人が絶賛! 》

富野由悠季氏
「現代の魔法使いの杖が古典に内在するアートを掘り起こし、新しい世界への道筋と在り様を語る。若さ故の語り落としもあるのだが、その心意気は憎くも愛したい。落合陽一はニュータイプだろう」

堀江貴文氏
「コンピューターは僕にとって魔法の箱だった。そして魔法はまだとけないことをこの本で知った。落合陽一の魔法があれば、僕はあと50年は戦える」

チームラボ 猪子寿之氏
「未来を生きる全ての人々へ」

===

宇野常寛責任編集のメールマガジンの人気連載の書籍化
PLANETSの送る宇野常寛の企画編集書籍第1弾

〈映像の世紀〉から〈魔法の世紀〉へ――。第二次世界大戦が促したコンピュータの発明から70年あまり。人々が画面の中の現実を共有することで繋がる「映像の世紀」は終わりを告げ、環境に溶け込んだメディアが偏在する「魔法の世紀」が訪れる。
28才にして国際的な注目を集める研究者でありメディアアーティストでもある落合陽一が、今現在、この世界で起こりつつある決定的な変化の本質を、テクノロジーとアートの両面から浮かび上がらせる。画面の外側の事物に干渉をはじめたコンピュータがもたらす「来るべき未来」の姿とは……?

第1章 魔法をひもとくコンピュータヒストリー
第2章 心を動かす計算機
第3章 イシュードリブンの時代
第4章 新しい表層/深層
第5章 コンピューテショナル・フィールド
第6章 デジタルネイチャー

著者について

1987年生、筑波大でメディア芸術を学んだ後、東京大学を短縮修了(飛び級)して博士号を取得。2015年5月より筑波大学助教、デジタルネイチャー研究室主宰。経産省よりIPA認定スーパークリエータ、総務省より異能vationに選ばれた。研究論文はSIGGRAPHなどのCS分野の最難関会議・論文誌に採録された。作品はArs Electronica、SIGGRAPH Art Galleryを始めとして様々な場所で展示され、Leonardo誌の表紙を飾った。応用物理、計算機科学、アートコンテクストを融合させた作品制作・研究に従事している。BBC、CNN、Discovery、TEDxTokyoなどメディア出演多数。国内外の論文賞やアートコンペ、デザイン賞など受賞歴多数。人呼んで〈現代の魔法使い〉。


登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: PLANETS (2015/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4905325056
  • ISBN-13: 978-4905325055
  • 発売日: 2015/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,424位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
現代の魔法使いとしてマスコミへの露出が急増している落合陽一氏による初の著書
氏の提唱する「魔法の世紀」の解説・・・かと思うと、前半はこれまでの映像やコンピューターの進歩の歴史を氏の視点でまとめたものとなっている
これが実によくまとまって理にかなっておりなるほど、若くして国立大学で研究室を持つだけあるなと納得(少々授業っぽくも感じる部分もある)
この前半で20世紀を「映像の世紀」と位置づけ、コンピューターによって再構築されつつある21世紀を氏の提唱する「魔法の世紀」の解説が後半となっている
極めて明快な内容であるが、氏がアーティストとして制作している斬新な作品が内容に対してさらなる説得力をもたらしている

暗い事件が続く世の中ではあるが、この本の読後は未来に対してちょっと明るい気持ちになれて、長生きしてこの先を少しでも見通したいと感じさせてくれる
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
落合氏の掲げるデジタルネイチャーというビジョンについて述べられた本だ。筆者はデジタルネイチャーというテクノロジービジョンについて、
コンピュータ史、メディア史、メディアアート史と様々な観点からその意義を論じていて、その内容はとても重厚だ。インタラクション研究者やメディアアーティストならとても面白く読める本だと思われる。ただしとても読み難いのが欠点だろうか。一般的に評論文には、前書きや1章で端的な要約と論理構成の説明があるものだが、この本にはそれがない。そのため読者は一読では要旨を理解できず、何度か読み返すことになると思われる。また、論述に関してあまり一般的でない、思想書や建築評論で使われえるような語彙が多く、それも読者の理解を妨げ得ているように感じる。以上2点について、もう少し読みやすすく編集されていれば星5の内容になったと思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フォート・リー トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/9
形式: 単行本
宇宙の無「重力」世界でしか実現できない現象を、
どうすれば、地上の「重力」下で再現できるでしょう?
そんな不思議な、魔法の手品のようなことを具体的に実現させて
我々の目にみせてくれる落合陽一は、魔法使いなんです。

魔法なのに、科学的に本に書いて解説してくれています。
「重力」という、我々人間の思考の大前提となっているタガ。
そのタガを「魔法のように」外してみせてくれるのです。

なんだ、そうだったのか、と本を読んだ後ではガテンが行く科学的魔法。
夢のような不思議な画像が目の前に未だ残像として残っているのに、
昔、エジソンの映画の中で、驀進して向かってくる機関車を初めて見た観衆が
驚きの叫び声をあげたときのように、
驚いて目が覚め、胸がドキドキしている夢からさめたばかりのひとのように、
本書を読み終えました。

夢か? うつつか? 拡張現実か? ポケモン世界か?

科学技術を基盤として新しく生み出された魔法たち。
その魔法にかけられて驚いているわたしたちに
落合陽一は「魔法をかける立場に立て」と檄を飛ばす
魔法の世紀の魔法使いなんですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
テクノロジーの進化で魔法が現実になっていく。
第一線の研究者であり、芸術家である著者が現状、過去、未来を書いている。
ちょっと難しい表現もあるけど、読んでいるとなんだかわくわくしてくる本。

ちょっと嫌味なくらいに俺ってスゲーだろ?って言ってる本でもあるんだけど、
不思議と不快感はない。多分、本当にすごいと感じるからなのだろう。
別の本の帯にSEKAI NO OWARIのFUKASEがコメントをいれていたけれど、
なるほどそういう世界観。写真で見ても著者と雰囲気がどことなく似ている気もします。

自分に酔っている感があり、一種の中二病といってもいいのかもしれませんが、
こんな人には突っ走ってもらったほうが、きっといいものを見せてくれる。
今後の活躍に期待です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
こういう何となく凄い感を醸し出す啓蒙的な本を書くのに便利そうな雑学的知識を沢山調べたのだな、というのは良く分かるが、どれも自分のモノにできていないというのが文章の端々から良く伝わって来る。
分からせる気が無い天才の文章というものも読んだ事があるが、この本の場合は分からせるだけの理解が伴っていない文章だ。
何となく凄い感を迸らせながら軽妙な文章が続くが、科学的観点から解釈を試みた場合、その解説内容や主張が意味的に破綻している箇所は枚挙に暇がない。
私は好奇心で手に取ったが、恐らくこの本をすすんで手に取り高評価を下すのは自己啓発系の本を何となく読むのが好きな層だろう。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー