魔法のアイドル パステルユーミ DVD COLLE... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディション説明、商品画像を必ずご覧下さい。(※記載・画像が無い場合は、帯・特典等はありません。) 中古品のため、ケースに擦り傷と使用感がありますが、ディスク、冊子の状態は概ね良いです。 こちらの商品は、Amazon配送センターより迅速・丁寧に発送されます。 万が一、商品に問題があった場合は、返品・返金にて対応致します。 【レンタルアップ品ではありません。中古品の為、小さな擦れや、薄いキズ、指紋等ある場合があります。完璧な商品をお求めの方はご購入をお控え下さい】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

魔法のアイドル パステルユーミ DVD COLLECTION BOX

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 45,360
価格: ¥ 35,083 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 10,277 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 35,083より 中古品の出品:3¥ 31,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【バンダイビジュアルショップ】 ガンダム・ラブライブ!・ガールズ&パンツァーほか最新シリーズ、お買い得情報など 今すぐチェック

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 志賀真理子, 冨永みーな, 太田貴子
  • 監督: 鴫野彰
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 5
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • 発売日 2003/08/22
  • 時間: 598 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000A5B3V
  • EAN: 4934569614063
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 160,978位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

花とマンガを描くことが大好きな女の子、花園ユーミが、花の国の妖精からもらった魔法のステッキで大活躍するアニメーション「魔法のアイドル パステルユーミ」が5枚組のDVD COLLECTION BOXとして登場。第1~25話収録。

レビュー

監督: 鴫野彰 シリーズ構成: 今井詔二 キャラクターデザイン: 洞沢由美子/本山浩司 美術監督: 三浦智 撮影監督: 森口洋輔 音響監督: 藤山房延 音楽: 馬飼野康二 声の出演: 志賀真理子/冨永み~な/渕崎ゆり子/水島裕/坂本千夏/安原義人/三田ゆう子/丸山裕子/千葉繁/富山敬/亀山助清
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

1986年に放映された作品で、ぴえろアニメでは「マジカルエミ」の次の作品で、「マミ」、「ペルシャ」、「エミ」この3本の締めの作品になりましたが、残念ながら途中で打ち切りとなりました。原作本と見比べるとそれぞれ違いがありますが、どちらも面白いです。そして、ユーミの声を担当したのが歌手の志賀真理子さん。残念なことに19歳の誕生日を1ヶ月前にして留学先のアメリカで友人の運転する車中、飛び出してきた猫を避けようとフリーウェイで急ハンドルを切ったときに車外に投げ出されて即死だったそうです。本作品はアニメそのものもそうですが、志賀真理子さんに思い入れがあり、何度もお墓参りにフリージアの花を持って行った記憶があります。エンディングテーマ「フリージアの少年」の心地よいメロディと抜群の歌唱力とは裏腹にユーミの声はめちゃくちゃハスキーです。おニャン子クラブの影に隠れてしまってご存知の方は皆無でしょうが、私にとっては非常に意味の深い作品です。私も「赤ずきんちゃん」の話が大好きです。最後に、慎んで故志賀真理子さんのご冥福をお祈り申し上げます。
1 コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「魔法の天使クリィミーマミ」にはじまる、スタジオぴえろの魔女っ子シリーズ最後の作品です。「マミ」や「エミ」に比べると、作品としては地味かもしれません。「ペルシャ」と比べてもマイナーかな・・・途中で打ち切りだったし・・・・でも、この作品独特の世界観、味わい、絵柄、そして、決して色褪せることのない永遠のアイドル志賀真理子ちゃん・・・ユーミのCVの志賀真理子さんは、1989年11月23日(日本時間24日)、留学先の米国で交通事故死・・・そんなこんな、悲喜こもごものメモリアルDVD-BOXです。個人的には、”赤ずきんちゃん”のエピソードが好きです。薔薇酒を持ってお見舞いに行くユーミを、薔薇酒に目がない国光が後を付けて・・・
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1991年8月にマミ、1992年3月にペルシャ、同年9月にエミ…と次々にLD BOX発売された『ピエロ魔法少女シリーズ』。そして1993年3月に満を持して発売されたユーミのLD BOX。購入開封し、真っ先に解説書に目を通したら…載ってた内容にショック!!志賀真理子さんが亡くなってた?しかも4年前(当時)に?知らなかった…もし、知ってたら彼女のCD『mariko』も売ったりしなかった!!
それまでは個人的に、エミ、マミ、ペルシャときて、最後にランクしていたユーミがランクしていたが、一気にユーミが首位に踊り出た感じになった。エンディングの『フリージアの少年』もそれまでは特にどうという気もしなかったが、いきなり『凄くいい曲』に聴こえたし、全てが初めて見た時とは全く違う作品の印象に感じられた。BD化の時には是非とも、『思い出のベスト10』を収録して彼女の在りし日の姿を永遠に残してもらいたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最近機会があってみました。ぴえろの魔法少女シリーズ4作目で、5作目の企画「ファッションララ」がお蔵入りとなり、「ファンシーララ」が5作目として日の目を見るまで10年以上を要することとなりました。
放送当時小5で『エミ』まではそれなりにみていた記憶がありますが、この作品はオープニングを聞いたことあるな、くらいで半年くらいで終わったという印象しかありませんでした。

作品のできは、「うーん」という感じですね。第1話ラストで10歳の幼女のパンツ1丁の裸、第2話冒頭とラストでも裸ってちょっとマズイだろ・・・14、18、22話と25話しかないのに総集編のような話が3話もあるし・・・。

この作品の助演男優賞はユーミのクラスメイトの健太でしょう。第5話や13話で変装してユーミの後を追いかけて彼女のために頑張る姿はなんとも。ユーミは健太の兄でイケメンの恭平が好きですが、前3作の水島キャラほどキャラが立ってなかったような。

オススメは5,8、13、16、19、23話あたりでしょうか。

エンディング「フリージアの少年」はすごくいい曲で、映像も幻想的な仕上がりになっています。今は亡き志賀真理子さんとこの曲に免じて評価2のところを1プラスして、評価3で。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック