Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 626
ポイント : 63pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[川口 士]の魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10<魔弾の王と戦姫> (MF文庫J)
Kindle App Ad

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉10<魔弾の王と戦姫> (MF文庫J) Kindle版

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 魔弾の王と戦姫(MF文庫J)の16の第10巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 626
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ



商品の説明

内容紹介

エリザヴェータと協力して魔物との戦いを切り抜けた矢先、絶体絶命の危機を迎えたティグルがついに――!? そして、エレンとの再会は!? 最強美少女ファンタジー戦記、第二部クライマックス!

内容(「BOOK」データベースより)

エリザヴェータの力を借りバーバ=ヤガーを退けた“ウルス”ことティグルだったが、その矢先に魔物の力で見知らぬ森の中に飛ばされ、ムオジネル人ダーマードと出会う。ティグルの消息を探るダーマードに剣を突きつけられ、ティグルは絶対絶命の危機に。一方、エレンの命令を受けたリム、マスハスとティッタの三人はついにルヴーシュの公都にたどり着いた。同じく公都に帰還したエリザヴェータは、あらためてバーバ=ヤガーと戦うことを決意する。さらにガヌロンが暗躍し、ブリューヌとジスタートに新たな動乱の火種を撒く。混沌が加速して世界が人知の及ばない狂気を帯びていく中、時代が、英雄の復活を待ち望んでいる―大人気美少女ファンタジー戦記、第10弾!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 7647 KB
  • 紙の本の長さ: 205 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / メディアファクトリー (2014/11/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040671244
  • ISBN-13: 978-4040671246
  • ASIN: B00OYT4RAW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 20,622位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
いろんな方が指摘されているように正直第2部は第1部と比べて戦記もの要素が減ってファンタジー色が強くなっているし、主人公の無敵っぷりに磨きがかかっているものの、それでも丁寧な描写とヒロインのテンプレなんだけどしっかりとしたキャラクターは間違いなく魅力。現行のこの手のジャンルでは間違いなくぶっちぎりの良作だと思います。
特にエリザヴェータがらここまで魅力的なキャラクターになるとは初登場の時は誰も思っていなかったんではないでしょうか。エレンとミラとリーザの三つ巴はぜひとも見たい。なんとしても見たい。リーザは今後どのくらい出てくるんだろうか…
第2部の終わりということですが、しっかりと第3部へ向けて物語りは少しずつ動いております。
まだまだ今後もファンタジー色が強くなりそうですが、戦記もの要素も負けないように期待しつつ、もちろんしっかりハーレム展開もがんばってもらいたいと思います。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ライトノベルで戦記物と言えば、大抵の場合「いつまで経っても終わらない」という欠点を抱える。これは作者がそもそもどこまでで話を終わらせるか着地点を頭の中に描かずに、面白いと思ったキャラクターをひたすら増やしていくからであり、原典とも言える「アーサー王と円卓の騎士」に已にその徴候がある。あれも地方の伝説や英雄譚の拾遺集であり、どう考えてもアーサー王と関係の無いと思われるような話までどうにかしてくっつけて話を広げていこうとする傾向は、現代のライトノベルでも数多く使われている手法だ。

故に、登場人物を区切らないといけない。その点に関してこの作者は徹底している。

まだザクスタンとムオジネル、この二つの国の内情についてほぼ記述が無く、恐らくこの二国も第三部に入ってから絡んでくるはずであり、これまでのキャラクターだけでも充分に多いのに、それぞれの国から確実に合計5人近い主要キャラが生まれる事になる。(そのうち2人のバルバロスとダーマードは掘り下げられるのは確実。もう一人のヴァレンティナも今までと違いハッキリとした人格がそこに現れるはずで、メインキャラとしては出せるとしても後二人を超えると大変なことになるだろう。)

正直、ここまでうまくマネジメントしたものだと感心せざるをえない。ダラダラと書こうと思えばここまでの話で20巻以上費やせ
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ありし 投稿日 2014/10/28
形式: 文庫
丁寧な描写は相変わらずです。とりあえずこれにて第二部は終幕です。
ここまでこの作品を読んでいるのでしたら読むことをオススメします。
物語は第三部へと着実に進行しています。
この先の話が楽しみですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いつも楽しく読ませていただいていますが、今回は読んでいて若干盛り上がりに欠けていたように感じました。個人的にはエリザヴェータとティグルのやりとりなどをもう少し見てみたかった感があったからかもしれません。とりあえず次巻に期待をこめて☆4つです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近、展開が進むのが遅くなっていて残念だが、何だかんだ言って一気に読んでしまう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
10冊まとめて。ライタークロイス以来です。面白いから10巻まで買ったんです。秘密ちゃんと解き明かされるんてすよね。あまり長くならないでください。お願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover