中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s8583a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉4 (MF文庫J) 文庫 – 2012/4/23

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 1
文庫, 2012/4/23
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ムオジネル軍、襲来す! エレンとリムの不在、疲れきった兵、自軍の十倍の敵兵。様々な困難を抱えながら、ティグルは“銀の流星軍”を率いムオジネル軍に挑む。圧倒的な戦力差に窮地に陥るティグルだったが、そこに意外な人物が現れ……? 一方ジスタートに帰還したエレンは、病床の親友サーシャとの再会もつかの間、“雷渦の閃姫”エリザヴェータとの戦いに臨む。「一度だけ機会をやる。いますぐ這いつくばり、レグニーツァの民に許しを請え」「お断りしますわ」「ならば――くたばれ」 交錯する想い。巻き起こる戦火。そして、明かされる驚愕の事実とは――。大ヒット美少女戦記ファンタジー、第4弾。いま、“英雄”は産声を上げる。

内容(「BOOK」データベースより)

ムオジネル軍、襲来す。エレンとリムの不在、疲れきった兵、自軍の十倍の敵兵。様々な困難を抱えながら、ティグルは“銀の流星軍”を率いムオジネル軍に挑む。圧倒的な戦力差に窮地に陥るティグルだったが、そこに意外な人物が現れ…?一方ジスタートに帰還したエレンは、病床の親友サーシャとの再会もつかの間、“雷渦の閃姫”エリザヴェータとの戦いに臨む。「一度だけ機会をやる。いますぐ這いつくばり、レグニーツァの民に許しを請え」「お断りしますわ」「ならば―くたばれ」交錯する想い。巻き起こる戦火。そして、明かされる驚愕の事実とは―大ヒット美少女戦記ファンタジー、第4弾。いま、“英雄”は産声を上げる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 291ページ
  • 出版社: メディアファクトリー (2012/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840145539
  • ISBN-13: 978-4840145534
  • 発売日: 2012/4/23
  • 梱包サイズ: 14.7 x 10.4 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 481,932位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
これまでで最も内容の濃い巻だったと感じます。

それまでのものも、一冊の展開の中に幾つもの山場を設けて読者を飽きさせない工夫が見られていました。
……が、今回では本編の主軸に携わるティグルとエレンに別行動を強いており、同時進行する戦いによって一層の“密度”を演出しています。

また、これまで一緒だった二人が離れることに対してお互いが感じる心もとなさも描かれ、微かに覗かせるラブコメ要素も良い感じ。こういうのが良いんだよ……。
相変わらず“戦争”部分にかなりの力を込められている点も高評価。

新登場の二人の戦姫、サーシャとリーザも各自がしっかりと個性を持っている。特にリーザは良い意味で予想を裏切るキャラでした。
さらにここぞとばかりに見せ場を掻っ攫い、2巻当時とはまた違う魅力を放っていたあの戦姫。
こうして各人の事情がが錯綜する戦況の中、残る二人の戦姫はどのように展開に絡んでくるのか。その辺りも期待大です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズ第4弾
エレンはティグルの元を離れ、サーシャの元へと急ぐ。
ティグレは2000の兵で、2万のムオジネル軍を迎え撃つが…

3巻で立ち止まってしまった勢いが、また出てきた。
テンポ良くストーリーが展開するので、結構楽しめた。
しかし、戦闘シーンの貧弱さは否めない。
もう少し迫力ある戦闘シーンが描けないものだろうか。

今回も戦姫の力が良く分からなかった。
前回、エレンは通常の敵には、戦姫の能力は使わないという描写があったのだが、
リュドミラは戦姫の能力をムオジネル軍へ使用していた。
戦姫の能力も、使用条件も分からないので、読んでいてイライラ感があった。
この辺りの描写をもう少し丁寧に描いてほしいと思った。

とは言え、萌え有り、ラッキースケベ有りで、今回は面白く読む事ができた。

勝利の見えない、無謀な戦いかと思われたが、
一条の希望の光が見えてきた。
次巻が楽しみだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
エレン、リム不在の『銀の流星軍』二千と、ムオジネル軍二万の戦い。そして、エレンの誓いをかけた戦い。

どっちも激戦になります。特に銀の流星軍二千を率いたティグルの戦いは本巻の大部分を担っています。

エレンは誓いを立てた友を救う為に、新たな戦姫と戦います。

さらに、今後の展開を左右する人物が現れたり、事態が発生したり…。

次巻を期待させる絞め方でした。

しかし…表紙に出ていた戦姫が、意外と出番が少ない…。

キャラの印象が私の好みど真ん中だったので、もう少し出番が欲しかったのですが…。今後に期待ですかね。

あと、ティグルの女の子を惹き付ける特性も、今回は特に目立っていたと思います。

これ以上ヒロインが増えると、そのうちティグル争奪戦が…!?

そんなところにも期待して、評価は★5です。

以上、長文失礼しました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告