中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔女の目覚め 上 (ヴィレッジブックス) ペーパーバック – 2011/7/20

5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

その本は図書館の奥でひっそりと眠っていた。彼女を待ちわびるように…。イェール大学の若き歴史学教授ダイアナは、錬金術の研究中にオックスフォードのボドリアン図書館で一冊の写本を手にする。褪せた金箔が放つ虹色のきらめき、鼻をつく不思議なにおい。それは彼女に何かを語りかけているように見えた。由緒ある魔女の家系に生まれながら魔法を否定して生きてきたダイアナはすぐに本を返却するが、やがて周囲で奇妙な事が起きはじめる。すべてはあの写本が原因なのか?ダイアナはオックスフォードの教授で天才科学者と名高いヴァンパイアのマシューと共に壮大な謎に取り込まれてゆくが―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ハークネス,デボラ
南カリフォルニア大学で現役教授をつとめる歴史学者。16~18世紀のヨーロッパにおける魔法と科学の歴史を専門とし、ケンブリッジ大学やイェール大学から学術書も出版している。フィクション作家としてのデビュー作にあたる『魔女の目覚め』は発売前から各国で注目の的となり、世界35カ国での出版が決定。2011年2月にアメリカで発売されるや『ニューヨークタイムズ』、『パブリッシャーズ・ウィークリー』のベストセラーリストに初登場2位で躍りだし話題を呼んだ

中西/和美
横浜市生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • ペーパーバック: 518ページ
  • 出版社: ヴィレッジブックス (2011/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863323298
  • ISBN-13: 978-4863323292
  • 発売日: 2011/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,804位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
上下巻で計1000頁を超える長編ですが、ざっと読んでしまえます。深く考えず読みたい、暇つぶしにはもってこいのエンタメ小説。全部で3部作の第一部。第二部は2012年発刊の予定。トワイライトなどヴァンパイアものや、怪しい魔術モノは嫌いだが科学は好きという人にも、面白いかもしれません。

これでもかと沢山の豪華な材料をつっこんだスープのようです。秘密もいっぱい、ありえないことだらけ。何がでてくるのかワクワクします。魔女であることを否定して生きてきた女性学者に、1500年以上生き(?)完璧な容姿をもつヴァンパイアの学者、家族達、さまざまなデーモン等、強烈な個性をもつ沢山のクリーチャーが登場。加えて錬金術、ダーウィンにニュートンなどの近代科学の歴史から高度な遺伝子分析、タイムトリップまでカバーし、加えてさまざまな魔術、クリーチャー間の確執と駆け引き、禁じられたロマンスなどなど、エキサイティングな材料がてんこもりで、読み出したらアドレナリンが流れてとまらなくなってしまいます。一方、あまりに多くの材料を盛り込みすぎたためか、やや雑な感じ・不自然な感じがしたのと、キャラクターの設定やつながりも少々強引な感じがしました(何しろありえないことだらけなのでw)。緻密で知的なプロットが好き・深く考えてしまう面々にはあら探ししたくなる本かもしれません。

多くの場合先
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
魔女の血をひく歴史学者ダイアナは、オックスフォード大の図書館で、ある錬金術の写本と出会います。その写本を巡り、ダイアナを巡り、クリーチャーたち(魔女、魔術師、デーモン、ヴァンパイア)が策動します。ヒロインを助けるのは、ヴァンパイアでオックスフォード大の天才科学者、マシュー。惹かれあう二人、だけれどもそれは、クリーチャーの世界をひっくり返しかねない恋で…。

これは、ただのパラノーマルロマンス&ファンタジーにあらず!
歴史はともかくとして、生化学ときたら、うげっとなりそうなものですが、作者の緻密な筆さばきは、もはや神業。
重厚だというのに、スマートですっきり。魅了されます。
錬金術?ミトコンドリアDNA?歴史?ワイン?
こいつは学術書であったのかよと思いたくなるような描写なのに、とことんひき込んで読ませてくれます。
下地の説得力が、すごい。

それなのに、主人公たち二人の恋さばきも、繊細。
なんともこれ以上はないというくらいしっかりした魔女の血統だというのに、魔法を否定してきたダイアナ。だけども、敵から逃れるために、戦うために、マシューを守るために…魔法を受け入れて、自分が魔女だということを受容しなければいけません。ダイアナの悲しみ、憤りといったものが、マシューの台詞によってより鮮明に
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
評判を聞いて、トワイライト×ダン・ブラウン のような感じ?と想像していました。

何がすごいかと言うと、ステファニー・メイヤーがエドワードで表現したかった
ヴァンパイアの美貌、肉体の完璧さにプラスして「力と敏捷性と鋭い知性の恐るべき結合」
を、この著者は説得力ある描写にできるということ。
時の流れを流れの外から眺めてきたヴァンパイアを描写できるのは歴史学者
だからこそ?

自身の血筋、魔力から目を背け外てきた若く気鋭の歴史学者ダイアナと、
悠久の時を生きてきた歴戦の勇士であり、現在は人を寄せ付けない
謎めいた冷徹な研究者として生きるマシュー。

各時代の知性を吸収したマシューは、
「自分たちはどこからきてどこにいくのか」という問いの答えを探しつつ、
自分たちクリーチャーの行く末に危機感を持っています。

ダイアナが手にした謎の写本をきっかけに、二人は出会い、運命が動きだすのですが…。

ひときわ長身、威圧的な雰囲気、古風で完璧な美貌、他のヴァンパイアからも恐れられるほどの
マシューも恋の始まりに関しては不器用…がほほえましく、ダイアナと
二人きりになると態度が変わるのが、私が好きなツン
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
面白い。

まず、この世に魔女と魔術師と、デーモンと、ヴァンパイアという、人ならざる存在があるって言う設定が面白い。
しかも、日常に溶け込んでるって言うんだから。

あと、最初のほうの場面では、オックスフォード?の空気に触れて,その図書館にいま自分もいるかのような感覚を起こさせてくれる。
下巻では、ほろっとしてしまうところもあったり。

翻訳者様の努力もすごいけど、とにかく最後まで息つく暇もなく読んでしまった。

連休中でよかった、と思った作品です。

上下セットでの購入をお勧めします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック