中古品:
¥2,999
+ ¥400 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ王国
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯や付属品(生写真・トレカ・ステッカー・応募券・ポスター・プロダクトコード,書き込み、マーカー、シミ、汚れ、等)の欠品、色あせ等ある場合がございます。ゆうメールにて発送いたします。個々の商品コンディション等、詳細に対するお問い合わせにつきましてはご対応いたしかねます。併売商品のため在庫切れの場合はキャンセル・返金処理での対応となります。決済方法によってAmazonギフト券での返金となる場合がございます。予めご了承くださいませ。土・日・祝日は休業となります。※営業時間(平日11:00-16:00)
この商品をお持ちですか?

魔女の宅急便 [DVD]

5つ星のうち4.5 2,489個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 1枚組 ¥1,581 ¥1,819
DVD 1枚組 ¥5,419 ¥1,515
DVD [DVD] ¥5,673 ¥2,000
DVD 通常版
¥2,999
¥9,280 ¥2,940
DVD 2枚組 ¥22,962 ¥384
お届け日: 10月8日 - 10日 詳細を見る

この商品には新しいモデルがあります:

魔女の宅急便 [DVD]
¥4,127
(2,489)
在庫あり。
CD・DVD スタンプカード

DVD・ブルーレイ バーゲンストア
バーゲン品、在庫処分品、廉価版など、お買い得商品が盛りだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.78:1
  • Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
  • 梱包サイズ : 14 x 1.5 x 19 cm; 120 g
  • EAN : 4959241980083
  • 監督 : 宮崎駿
  • メディア形式 : 色, ドルビー, 吹き替え, 字幕付き, ワイドスクリーン
  • 時間 : 1 時間 42 分
  • 発売日 : 2001/6/8
  • 字幕: : 英語
  • 言語 : 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo), 英語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
  • 販売元 : ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • ASIN : B00005J4ST
  • ディスク枚数 : 2
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 2,489個の評価

商品の説明

内容紹介

ジブリがいっぱいCOLLECTION
『魔女の宅急便』

<ストーリー>
魔女の子は、13歳になると一人前の魔女になるために1年間の修行に出なければならず、人間の父親と魔女の母親を持つ13歳の少女キキもまた、黒猫ジジを連れて父母のもとを旅立つ。海辺の町、コリコを修行の場に選んだキキは、親切なパン屋のおかみのおソノさんのおかげで、唯一使える魔法である、ホウキで空を飛ぶ能力を使って荷物配達の仕事を始める。初めての仕事では、途中の森に荷物を落とすなどトラブルを起こしつつも何とか仕事を無事終了。女子画学生のウルスラや、少年トンボともお友達となり、少しずつ仕事にも慣れていくキキだったが……。

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集
●ビデオクリップ「ウルスラの絵」
●『千と千尋の神隠し』プロモーション映像

Amazonレビュー

   1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。

   修業に旅立つところから物語が始まるのだが、そのやや長めの場面で早速こちらを映画に引き込ませる。そしてほうきで飛び立ちスイッチを入れたラジオから荒井由実の「ルージュの伝言」が流れ、やっとタイトルが現れる。そのタイミングの見事さ。物語も演出も細部に至るまで実に丁寧に作られており、何度も繰り返し観たい作品になっている。(田中 元)

続きを見る