魔女の宅急便 ヴォーカルアルバム がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

魔女の宅急便 ヴォーカルアルバム Soundtrack

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,995 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 576 (22%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

メールマガジン購読:アニメ関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、アニメ関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔女の宅急便 ヴォーカルアルバム
  • +
  • 魔女の宅急便 サントラ音楽集
  • +
  • 紅の豚
総額: ¥6,147
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/9/29)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Soundtrack
  • レーベル: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B0002RN9AO
  • EAN: 4988008790832
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 75,460位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. めぐる季節
  2. 何かをさがして
  3. 想い出がかけぬけてゆく
  4. わたしのこころ
  5. 黄昏の迷い子たち
  6. 鳥になった私
  7. 好きなのに!
  8. あこがれのまち
  9. 魔法のぬくもり

商品の説明

メディア掲載レビュー

『魔女の宅急便』の映画音楽に詩と歌をつけて収録したヴォーカル・アルバムを低価格再発売。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

魔女の宅急便のサウンドトラック盤とイメージ盤の中から厳選した曲を、ヴォーカル曲にアレンジしたアルバムです。
こういった、もともとインストゥルメントに歌詞を付ける手法は、単に失敗するばかりでなく、ともすればオリジナルまで壊してしまうこともあります。けれども、このアルバムに関しては、そのような懸念はなく、逆にオリジナルの魅力を高めた稀有で貴重な作品であるといえます。
何よりも、オリジナルの作曲者である久石譲さんご自身が担当していることで、原曲の持ち味をいかしながら、まるではじめから歌の付いた曲であったかのような巧みな編曲がされていること、そして、ややもすると、映画本編を変に意識してしまうところを敢えて押し込め、不安や期待の入り交じった敏感で壊れやすい世代の心を巧みに歌った作詞がされていることが成功の要因です。
もちろん、井上あずみさんと宝野ありかさんという実力ある歌い手を起用したこともよい選択で、深くになり過ぎず、そうかといって軽くなり過ぎない、明るく綺麗な声が曲と詩に見事にマッチしています。「歌モノか」とこれまで避けてきたスタジオジブリや久石譲さんのファンの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度聴いてみてください。魔女の宅急便の世界観をさらに深めた名盤です。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
どの曲も大変心温まるやさしい歌が揃っている。
だがそれでもその中でも最後のトリを務める「魔法のぬくもり」
がとんでもなく私の心まで突き動かす素晴らしいぬくもりがつまった歌でした。
井上あずみさん歌声から男性のコーラスに引き継がれるあの導入部分がたまんなく好きです。
この曲と出会えただけでも感無量です。

井上さんの他にALI PROJECTで有名な宝野アリカさんの歌も3曲程入っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
うーむ、全部が全部「魔女の宅急便(平成元年7月)」で流れたメロディーに歌詞を入れた曲でしょう?DVDを買ってみてみないと、そのメロディーがどこに流れていたか分かりませんよね?なので一応この評価なのですけど。

えーと、「パステルユーミ・音楽集Vol.1」のコメントと同様のことをここで書いて見ます。

このCDも持っている人は、この中の「6・7・9」の3曲と、「魔法のアイドル・パステルユーミ」(昭和61年3〜8月)の方の主題歌2曲、「金のリボンでRockして(OP曲)」「フリージアの少年(ED曲)」(ともに歌:志賀真理子)とが、全部「作詞:麻生圭子」なので、「パステルユーミ・音楽集Vol.1」もお持ちの方がこれを入手したのでしたら、ぜひこの5つを1組にして聴いてみて下さい。

あとの6つの作詞者は、「4・8」が、本来の原作者・角野栄子女史で、「1・5」が吉元由美さん、「2・3」が風堂美起さんですね。

「こんな商品も買っています」の中にあるうち、おそらく「5・6・7」の「宝野アリカさんメドレー」に着目して選んだのがありますね。でもどちらかと言うと「1〜4」の「井上あずみさんメドレー」の方にもご注目下さいな。「9」も井上あずみさんです。「1〜4・9」の5曲は、後になってあずみさん本人がCD「君をのせて…はるか」でセルフカバーしています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック