魔人探偵 脳噛ネウロ 1 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

魔人探偵 脳噛ネウロ 1 [DVD]

5つ星のうち 3.0 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 815 (20%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 3,175より 中古品の出品:9¥ 117より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 魔人探偵 脳噛ネウロ 1 [DVD]
  • +
  • 魔人探偵 脳噛ネウロ 2 [DVD]
  • +
  • 魔人探偵 脳噛ネウロ 3 [DVD]
総額: ¥8,815
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 子安武人
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2007/12/21
  • 時間: 70 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 14件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XA8144
  • JAN: 4988021128667
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 170,595位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

魔人・ネウロが、アニメーションでペロリと『謎』をたいらげる!

『魔人探偵脳噛ネウロ』は、2005年2月より『週刊少年ジャンプ』にて連載中。松井優征のデビュー作にして、コミックスは現在12巻で250万部を突破し、その人気の勢いは止まらない。主人公は魔界の『謎』を全て喰いつくし、さらなる究極の『謎』を求めて人間界にやってきた魔人・脳噛ネウロ。自身の身代わりに女子高生・弥子を探偵に仕立て上げながら、魔界の道具を使って次々と難事件を解決することで『謎』を喰い尽くしていく。そんな『魔人探偵脳噛ネウロ』が、豪華なキャスト・スタッフ陣によりTVアニメとなって登場!アニメーション制作は『NANA』『DEATH NOTE』『クレイモア』などでクオリティに定評があるマッドハウス。

原作:松井優征(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
監督:神志那弘志/シリーズ構成:鈴木智
メインキャラデザイン:高橋美香
サブキャラデザイン:スタジオ・ライブ
総作画監督:高橋美香、菊池愛/音楽:長谷川智樹
美術監督:金子英俊/音響監督:中嶋聡彦
アニメーション制作:マッドハウス
製作著作:日本テレビ、D.N.ドリームパートナーズ、バップ、集英社、マッドハウス
オープニングテーマ:「DIRTY」/ナイトメア
エンディングテーマ:「孤独のヒカリ」/加賀美セイラ

(c)松井優征/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「週刊少年ジャンプ」に連載中、松井優征原作のミステリーアニメ第1巻。“謎”を喰って生きる魔人・脳噛ネウロと探偵事務所の所長兼探偵を演じる女子高生・桂木弥子が、さまざまな事件を解決していく。第1話と第2話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
私は原作が大好きで、この作品をリアルタイムで見たのですが…
正直うーん?と唸ってしまいました。

OPはDVDにノンクレジットver.が収録されているので何回も見ました。V系は今まであまり聴かなかったのですが、作品とマッチしていて良いです。
ただ、本編になるとひたすらストーリーが気になります。
「『ネウロ』らしくない」オリジナルストーリーが多い、そして何より私が大好きな原作がポンポン飛ばされている…作画はすごく素敵だし、OP・EDともに曲も大好きです。
ただ、これから先ストーリーをしっかり見ていこうと考えたときに、DVDが全巻集められるかが心配です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作のファンからしたら非常に残念であり、ある種の怒りすら覚えるものになっています。
現にアニメ改善の署名活動まで起こっています;;

原作の毒(パロディ等)や狂気(犯人等)の描写が不十分なのは諦めます、アニメですし。
ただ原作のキャラクター、ストーリーの意味これらを壊す出来というのはいかがなものでしょうか?
また、原作があるものを駆け足(端折って)してまでいれるオリジナルストーリーは果たして意味があるのか疑問です。

でもこの1巻ではそんなに酷い改編は無かったので☆2つです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
クレジットはマッドですが実際に作っているのはスタジオライブです。
この監督は原作があってもあくまで自分の作品にしてしまう方なので、
おおよそ予想通りといったところの出来栄えになっています。
監督が作画班出身の方のため作画のクオリティは一貫して高く安心して見れますし、
声優陣の演技も素晴らしいです。
音楽、芦田氏が手がける演出と見所もあり、お手ごろな価格ですから
原作を知らない方は馬鹿ミス系ネタアニメとして手にとってみるのもよいのではないでしょうか。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/12/26
ネウロがアニメ化すると聞いて喜んでいたのですが……
いきなり第一話からDCSだしオリジナルだらけだし吾代はいるし…何って感じ。

時系列も全く違ってがっかりです。オリジナルも面白くない…

原作とのあまりの相違点に疑問を感じます。ヤコの父親の事件も、最後まで引き伸ばす意味があるのでしょうか。

とにかく、原作とは完全に別物として吹っ切って観るべきではないかと思います。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
絵があまり似てないとかゲストは下手な奴(キャイ〜ンは結構上手かった)要らんとか色々言いたいことはありますけど、とりあえずあの終わりはないと思います。あんな打ち切り版最終回をやるならH∧Lで綺麗に終わってほしかった。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
大好きな漫画だったので、アニメになると知った時は凄く嬉しかったんですが…。

ここまで原作を変える意味が分からないです。

ネウロはいきなりいるし、ネウロは何者なのか?とか、何故「謎」を食べるのか?等いろんな疑問があるまま勝手に話が進んじゃいます。

原作未読者は完全に突き放されてしまったのではないでしょうか…?

しかも一話目が至郎田の話なんて…ドーピングコンソメスープを早くやりたかったからとしか思えません。
弥子の父親の事件を後回しにするのは最終回のためなんでしょうか。

2話目と3話目はオリジナルですが、2話は正直面白くないです。
謎でも何でもない事件に、あまり狂気が感じられない犯人…それ以前に顔も知らない相手をどうやって殺すのか分からないんですが。

3話目は割と楽しめました。
流石に原作のブっ飛び方には及びませんが、それでも原作ファンも納得できる範囲だと思います。
ゲストで声優に参加したキャイ〜ンの天野さんが上手すぎて驚きました!

原作の面白さをあまり生かせてませんが、作画は割とキレイだし、声優さんも豪華なので興味がある人は買っても損はないと思います。
ただ、原作未読者にはあまりお勧めできません…。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分が住んでる地域でもようやく放送が始まった。嬉しかった、けど、ここのレビューも低いように、どうもねぇ。

キャラなどの絵の感じは悪くないが、全体的にはもっと原作独特の味が出ていてほしかったところ。かといって派手ではないが、色彩が強い感じがして変に鮮やかだと思ったのは僕だけだろうか。ずいぶん前にコナンの画が変わって違和感を覚えたことを思い出したが、色がやけに綺麗に出ている画は背景から人物が浮いてるみたいで個人的に嫌いだ。

ストーリーはというと、まあ、これも原作通りとはいかず。つまんなくないけど、絶対原作のほうがおもしろい。ギャグも少し切れ味が悪い。あと個人的に弥子の声が思ったより子供っぽいのも気になった。
叶絵はバッチリだった。

そもそもを否定するようだが、漫画の人気が出る→アニメ化という安易な図式が気に入らない。別に漫画がパワーアップしたのがアニメではないのだから、もっとアニメ化に慎重に対応してほしい。特に最近はアニメ枠(しかも大体が1クール)が定着し、ひとつ作品が終われば、とりあえずでも次もアニメを流さなくてはならないような状況になっている。このままアニメ化を乱発するとファンを裏切るような雑なアニメが増えてしまうような気がして、漫画好きとしてはなんだかなぁである。

この作品は漫画表現において斬新でおもしろく、漫画でしか楽しめない芸の細かさがあると思う。
アニメから見た人も是非原作を。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す