通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
魔人探偵脳噛ネウロ 21 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魔人探偵脳噛ネウロ 21 (ジャンプコミックス) コミック – 2009/5/1

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 174

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魔人探偵脳噛ネウロ 21 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 魔人探偵脳噛ネウロ 22 (ジャンプコミックス)
  • +
  • 魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 集英社 (2009/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088746651
  • ISBN-13: 978-4088746654
  • 発売日: 2009/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
今巻にはたくさんの涙が詰まっていた。流したくない涙もあった。
笹塚の、笛吹の、石垣の、等々力の、葛西の、本城の、アヤの、ネウロの、弥子の、全員のセリフが表情が、突き刺さってくる。弥子が覚悟を決めるまでは、とにかく重い展開が続く。

「魔人探偵脳噛ネウロ」クライマックス前夜、怒濤の21巻。1話ごとに重要なピースが埋まり、確実にパズルが完成してゆく。素晴らしくおもしろい。嵐前にしてこの読み応えはさすがだ。
そしていよいよ、最終決戦が始まる。

冒頭の作者のことばに「ストーリー漫画を長く書いてきて本当に良かった」とあった。
同じように、長く読んできて本当に良かったと思った。
もう泣くだけ泣いた。あとはしっかりと決着を見届けたいと思う。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
もう他の方が書かれていますが、長く読者でよかったと、心底思える漫画です。
私にとっては21巻はとにかく文句のない完璧な展開、22巻が待ち遠しい限りです。

私自身はネウロに出会って丸2年ですが、ここまで最初から最後までテンションを
保ち続けて読み続けられた漫画は久々です。
とてもこれがデビュー作とは思えない初期の頃からの伏線の張り方、そのピースを
徐々にかつ巧みに解放しながら進められるストーリー展開、それぞれのキャラクターに
与えられた役割とその活かし方、そして幕(最終回)の引き際。
どれをとっても、昨今のジャンプ作品とは思えないほど見事な完成度です。
一言で言えば、おもしろい。

絵柄や、作者独特のユーモアに、読者の好き嫌いは分かれるかもしれませんが
(私自身最初は絵に引いてましたが、古本屋でコミックスを立ち読みし、
結局、即日全巻購入しました)、この作品に出会えてよかった、
好きになって自分はラッキーだと思えるほど楽しませてもらいました。
あと一冊で最終回のようで寂しい限りですが、今後とも松井さんを見守り続けます。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
週間少年ジャンプ連載時の山場で、ヤコを中心に物語が進んでいます。

笹塚、本城に関する謎などが、明らかになっています。

また、ネウロの感情の起伏が、あらわになっている点にも注目です。

連載時に、読み逃した方は、是非。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻を一言で言い表すなら、「悲壮」だ。
連載初期から小さく語られていた笹塚の過去、そしてHAL事件の裏にいた「刹那」という少女。

見落としがちなほど小さなその二つの粒が、大きな波として物語を包み込む。

全ては「シックス」、この男につながる壮大な伏線だったのだ。

かつて父親から教わったこと、
『守るもののためためには……狂うことをためらうな』
家族の仇を取らんと狂った笹塚。
悲しくも勇ましい戦いの末、彼が最後に見せたのは、弥子への「笑顔」だった。
そしてもう一人、この巻で「笑顔」を見せた者がいる。

大切な人を二人も失ってもなお、弥子は動く。
二人が自分に残してくれたものを手にして。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今までこのマンガを読んでいて、ここまでどん底気分になったことはありませんでした。
電人HALが出てきても、サイが出てきても、ネウロという強力な存在と、弥子という他人に興味を持つ人間、そして周りにいるとても頼りになる友人知人の存在。
もちろん今もネウロがとても頼りになる存在だし、警察の人たちもとてもすばらしい存在です。
ですが、今回の弥子が見たショッキングな出来事は、今までのどの事件よりも唐突で悲しすぎるものでした。
それが原因で弥子はある行動をとるのですが。

そして今回、キャラが見せる表情に驚きました。
今までこんな顔したことがあっただろうかの連続でした。

何かを伝えたかったのか悲しい微笑の笹塚刑事。
狂気と悲しみに苦しんだ本城のおじさん。
同僚であり友人のために涙を見せた笛吹警視。
マジメで頼りがいのある刑事ぶりを見せた石垣(笑)。

そして、
父親が死んだときより悲しんだ顔をした弥子。
怒りをあらわにした弥子。
悲劇が重なり叫び声をあげる弥子。

無関心の中の無関心顔のネウロ。
とある人への失望のネウロ。

どんなに辛い悲しい事件があっても、登場人物のこんな
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック