通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
魂も死ぬ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】表紙にスレがございます。しかし、ページ部分は全体的に使用感の少ない良好な状態です。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

魂も死ぬ 単行本 – 2015/11/20

5つ星のうち 3.0 20件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 870

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 魂も死ぬ
  • +
  • 医者だけが知っている本当の話 薬を使わない子育て&不必要な治療
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

いかにして魂は移りゆくか?
量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.
あらゆる情報を眺め、考察する。
注目の医師が提起する、逆説の霊魂論

「最初に結論を書いておけば、私は霊魂懐疑派であり、以前は霊魂全否定派であった。
その後、量子医学や医学不要論や世界の陰謀論的構図を知るに従い、たんに全否定していても始まらないとは考えるようになった。
さらに通常の科学や常識では起こり得ないような体験を多数見聞きし、既存の理論がいかにおかしく幼稚かということを知ることもあった。
その私が霊魂についての考察を書くということは、これ以上ない矛盾であると同時に懐疑派だからこそ書けるさまざまな視点があると考えている」
(「はじめに」より)


はじめに
第1章 霊魂をどう定義するか?
第2章 精神とは何か?
第3章 唯物論vs.観念論
第4章 賢人たちの考えた霊魂
第5章 霊体と肉体の二重構造論――スウェーデンボルグの理論
第6章 科学者による臨死体験の研究
第7章「生まれ変わり」の真相
第8章「性格変化」「多重人格」は何を示すか
第9章 分け御霊についての考察
第10章「偽の記憶(フォルスメモリー)」理論
第11章 謎解きのヒント「アカシックレコード」
第12章 ソマチッドの正体
第13章 バイオフォトンとは何か?
第14章 量子力学とは何か?
第15章 多次元構造とリサ・ランドールの理論
第16章 素数、素粒子、電子、そして霊魂
第17章「形成の書」と生命の樹
第18章 この世界はフラクタル
第19章 死とは何か?
第20章 結局「霊魂」とはなんなのか?
おわりに

内容(「BOOK」データベースより)

いかにして魂は移りゆくか?量子力学、素粒子、臨死体験、生まれ変わり、アカシックレコード、ソマチッド、バイオフォトン、フラクタル理論etc.あらゆる情報を眺め、考察する。注目の医師が提起する、逆説の霊魂論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 三五館 (2015/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 488320653X
  • ISBN-13: 978-4883206537
  • 発売日: 2015/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 199,221位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
フラクタル理論とは、自然界の営みにおいて、地球上は勿論のこと、大宇宙から原子に至るまで、万事、相似形のように形成されているという考え方を言う。

私にとって、「霊魂」の有る無しは、究極のところ、「生命」の有る無しという意味に通じてくると言える。
だが、内海氏が投げ掛けていることは、結構、なるほどな、と思わされた。
霊魂否定派でありながら、あえて霊魂を肯定する立場に立ってきちんと調べた上で考察を加えてある点は評価に値すると思う。
そもそも、考え方が異なる分野の諸々は、ハナから受け付けないという方がほとんどではないだろうか。だから、批判するにしても、的はずれのケースが多いし、全否定のみで、歩み寄ることなど土台無理だろうし、また、新たな発見などあり得ない。

例えば、内海氏の言われる「生命の樹」に対して、私たちが(霊魂も引っ括めて)一枚一枚の葉っぱであるという例えなど、実に面白い視点であるなと感じた。
それは、肉体は勿論、「霊魂」も、とにかく一切合切含めて、平等に「死」を迎える、ということを意味する。
つまり、内海氏は、宇宙全体を貫く「自然の法則」の下で、「霊魂」のみを特別視したり、人間のみを「霊的レベルが高い」などと特別扱いする必要がないということを指摘しているわけである。
そして、彼は
...続きを読む ›
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この世界の本質を人より多く知っている人の霊魂観に関心があって購入しましたが、残り30ページくらいはパラ読みで流しました。

構成は、物理学的な理論を紹介しつつ、精神学、哲学、宗教学を添えて補足したのちに、全体的な見方で彼の信じる霊魂観を披露する。

フラクタル理論を使いセフィロスの樹を例にとり、物質的な生の営みを非物質的なそれに重ねて霊魂を説明しているが、その発想そのものに無理があると感じざるを得ない。

見えているものを根拠としてフラクタル理論を展開しても、その背景にある見えていない活動を説明することは理論上不可能であり、この時点ですでに矛盾している。

その点を大目に見て読み進めたが、結論として、魂は統一性(同一性?)を維持できずバラバラに分解されるという説をもって、本書のタイトル(魂も死ぬ)としているが、彼自身が本書の中で述べているように、如何にバラバラになろうが、ほかと混じろうが、粒子でも波でも、ある何かの最小単位は、宇宙すべての情報を保持しており、顕現される個性はその部分に過ぎないだけである。

この事実をもって、バラバラになれば死ぬと結ぶのはあまりにも物理的かつ幼稚な発想である。

この世界をそれなりに知る人間として関心をもってみてきただけに、本書にお
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
医学の世界を観てきた内科医が、精神医学の真実を知ることにより、活動家、ジャーナリスト、作家と、色々な顔を持つこととになる。
注目の医師がついに霊魂について本をお書きになった。

今、様々なスピリチュアルの方々がいらっしゃるが、本物と呼べる人はどれほどいらっしゃるのでしょうか。

正解のない世界なので、何を考えようと自由であることがまた楽しいのかもしれない。

先ずは霊魂の定義から始まり、精神の定義に移っていく。
私も数年前に、モンロー研究所の臨死体験にとても興味を持ち、少し調べたことがある。シルバーパーチに影響を受けたという霊媒師山村幸夫氏の「神からのギフト」も直前に読んでいた。そして山村氏に共感することも多かった。
しかし、大まかなところでは共感するのだが、根本的なところで、私の考え方とは違っていた。

そして、どういうわけなのか、私の周りには過去生を見る人が数名いらっしゃる。私は知りたいとも思えないので聞いたことはないのだが、輪廻転生を信じている人は何度も生まれ変わるものだという人が多い。それもまた事実であるのかもしれない。
だとしたら、複数の人生を生きていたに違いない。
そして、その人生で学び足りなかったところを次の人生で学ぶのだという説もある。<
...続きを読む ›
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この人の著作は、99%の人~、その油~、精神科医は~等何冊か読んでいるのですが、はっきり言ってちょとエッジきいた色々な本を孫引きして、エッセンスをまとめて、俺以外バカだと言っているだけですよね?
なんで、こう、陰謀論を主張する人の本はこうも内容が同じようなものばかりなんですかね?

この人、闇の権力者みたいな存在を証明することが困難なものを持ち出すくせに、その憑拠となるものは全部Amazonで買える本からばかりですね?

まだベンジャミンフィルフォードとかの方が、独自の調査と発想の飛躍があるだけ、真偽の程はわからないけれど、それなりな説得力は感じるし、感心するところもある
しかし、この人の著作はもう、丸々他者の意見、考えのパクリですよね?
この本に関してもこの著者オリジナルと言える部分は一体どれほどあるのでしょうか?
魂も死ぬってフレーズが頭に浮かんで、あれこれ読んだ本から引っ張ってきました感が酷い

千島学説、ソマチット、ガイア理論、フラクタルetc…少し読書を趣味とされる方なら誰しも読んだことがある、タイトルを見たことがあるってものばかりだと思いますよ。
そんなザマなのに、結論は出さないだの、孫引きした著作の内容はよくわからないなど言い出す。理解して無いもの引用するなと
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー