通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫) 文庫 – 2014/1/15

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 鬼溜まりの闇 素浪人半四郎百鬼夜行(一) (講談社文庫)
  • +
  • 鬼心の刺客 素浪人半四郎百鬼夜行(二) (講談社文庫)
  • +
  • 蛇変化の淫 素浪人半四郎百鬼夜行(三) (講談社文庫)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

家老の跡取りを剣術稽古の際に怪我を負わせ廃嫡させた榊半四郎は江戸に出て素浪人となった。兄の仇を取るため江戸に上った弟は仇討ち決行を臆す弱腰で、半四郎はいくばくかの金子を与えられ藩を召し放ち(追放)になる。仇討ちを受けることができず江戸の暮らしにも望みが見えず、生きる気力を失う半四郎。「やはり死のう」と刀を引き抜いたとき、半四郎はそばに火の玉が浮かぶ。火の玉を斬らんとする半四郎を止めに現れた謎の老人・聊異斎と小僧・捨吉。聊異斎は半四郎に本人も知らぬ怪異に対峙する力があると気づき、半四郎を子守と子供が神隠しに遭ったという屋敷に連れて行く。

内容(「BOOK」データベースより)

不祥事で藩を追放された半四郎は、生きる希望を失い江戸の町を彷徨う。切腹するしかない、と決意して刀を鞘から抜いた時、目の前を火の玉が揺らめいた。その場に現れた謎の老人・聊異斎に怪異退治を請われ、素浪人の第二の人生が始まる。縄田一男も賞賛する実力派新人、待望の新シリーズ。文庫書下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/1/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062777223
  • ISBN-13: 978-4062777223
  • 発売日: 2014/1/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,748位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 KATO 投稿日 2014/2/16
形式: 文庫
この作家さんの本は初めてでしたが、表紙の絵がかわいらしくて買ってみました。そしたら一気読み。
鬱々とした主人公が、なんだかうまくいかないなと感じる自分の人生に波長が合って、でも「希望」みたいなのを与えてくれます。
良い本というのとは違うかもしれませんが、好きな本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 puticat 投稿日 2014/2/27
形式: 文庫
女性が安心して読める時代物は意外と少ない。
先日は蜂谷涼の「へび女房」を読んで、最初はいい話だったのに、
途中から、女性の描写に気持ち悪くなった。
結局、高田郁とか、北原亞以子とか、宇江佐真理とかしかないのかと
思っていたら、わずかにいた。
山本一力、乙川優三郎、富樫倫太郎、志水辰夫、そして芝村凉也。
清々しい読後感の余韻の残る小説をこれからも期待している。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1~5巻と零巻すべて読みましたがどれも面白いです。
予想のつかない展開に息を呑むこともあれば、切ない展開に涙することもあります。
完結したらもう1度最初から読み直したいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
藩で不祥事を起こして、藩から捨てられ絶望する武士。その武士は自決直前で思いとどまることになる。
江戸時代の武士は本当はこれほど厳しい世界だったのだろう、と考えさせられた。半四郎の起こした不祥事は、この巻では詳細には語られないが、おそらく相当理不尽な出来事であったのではないか。
それでも藩のため、お家のため、が最優先として生きる下級武士のつらさが伝わってくる。
各章に配置された怪異は、ホラーというより、どこか幽玄で美しい。最終章の「人における怪異」でつらい運命を負わされた女性たちの悲しさと、女性を守る半四郎の優しさの描き方には感銘した。
著者にとって2シリーズ目となる本作の今後の展開を期待したいと思う。藤沢周平とはひと味違う、その時代の人間の真実を描いた、本格的時代作家の登場である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す