この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

鬼才ピエル・パオロ・パゾリーニ 3枚セットDVD ~生誕90年特別限定セット~

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 21,800より 中古品の出品:8¥ 13,900より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フランコ・チッティ, ピエール・クレマンティ, パオロ・ボナチェッリ
  • 監督: ピエル・パオロ・パゾリーニ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: イタリア語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: エスピーオー
  • 発売日 2012/06/02
  • 時間: 311 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0088ABM60
  • EAN: 4988131703471
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,796位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

あの鬼才! ピエル・パオロ・パゾリーニの生誕90年を記念して、特別限定のDVD-BOXが急遽発売決定! !

【収録作品】

『アポロンの地獄 ニューマスター版』
母を崇拝してやまなかったパゾリーニが、ギリシャ悲劇を斬新に解釈し、
自分の人生を投影して描いた普遍的で神秘的な世界観の構築に成功した傑作。

≪CAST≫
シルヴァーナ・マンガノ(イオカステ)/フランコ・チッティ(オイディプス)/
アリダ・ヴァッリ(メロぺ)/ピエロ・パオロ・パゾリーニ(大祭司)
≪STAFF≫
原案・脚本・監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ/製作:アルフレード・ビーニ/
撮影:ジュゼッペ・ルッツォリーニ/音楽:W.A.モーツァルトほか


『豚小屋 ニューマスター版』
それぞれの時代で人の道にそむいた人間たちの末路を描きつつ、
しかしそれより恐ろしいのは、金のために人間を顧みない資本家たちであると告発する問題作。

≪CAST≫
ピエール・クレマンティ(食人種1)/フランコ・チッティ(食人種2)/
ジャン=ピエール・レオ(ユリアン)/アンヌ・ヴィアゼムスキー(イーダ)/二ネット・ダヴォリ(両エピソードの証言者)
≪STAFF≫
監督・原案・脚本:ピエロ・パオロ・パゾリーニ/製作:ジャンニ・バルチェッローニ・コルテ、ジャン・ヴィットーリオ・バルディ/
撮影:アルマンド・ナンヌッツィ、トニーノ・デッリコッリ、ジュゼッペ・ルッツォリーニ/音楽:ベネデット・ギッリア


『ソドムの市 HDニューマスター版 (※英国BFI制作)』
マルキ・ド・サド原作の映画史に残る問題作。パゾリーニ監督の遺作となった作品。

≪CAST≫
パオロ・ボナチェッリ(公爵)/ジョルジョ・カタルディ(司教)/ウンベルト・P・クィンタヴァレ(最高判事)/
アルド・ヴァレッティ(大統領)/カテリーナ・ボラット(カステッリ夫人)/エルサ・デ・ジョルジ(マッジ夫人)
≪STAFF≫
監督・脚本:ピエル・パオロ・パゾリーニ/製作:アルベルト・グリマルディ/
撮影:トニーノ・デッリコッリ/オリジナル音楽:エンニオ・モリコーネ
※ボカシの入るシーンがあります。あらかじめご了承ください。

音声:イタリア語/字幕:日本語字幕
映像特典:オリジナル劇場版予告編(※ソドムの市除く)
封入特典:各作品解説リーフレット封入(執筆 四方田犬彦)

※ご注意
本商品に収録されている「アポロンの地獄」「豚小屋」はエスピーオーより現在販売中の下記単品商品と同じ内容になります。
「アポロンの地獄 ニューマスター版」(OPSD-S877)/「豚小屋 ニューマスター版」(OPSD-S878)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

“映像詩人”ピエル・パオロ・パゾリーニ監督作のセット。ギリシャ悲劇「オイディプス王」を斬新に解釈した『アポロンの地獄』、現代と中世を舞台に背徳の物語を描いた問題作『豚小屋』、マルキ・ド・サド原作の遺作『ソドムの市』の3作品を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
人間のあらゆるタブーが収められていると言っていい、このBOX。
親殺し・近親相姦を描く「アポロンの地獄」・・・
人食い・獣姦を題材にした「豚小屋」・・・
ファシズムとサディズムをテーマにした悪夢「ソドムの市」・・・

「アポロン・・・」は、世界中の民族音楽を用い、衣装や小道具も凝りに凝っているし
パゾリーニ得意の荒涼とした大地を背景に描かれる悲劇。「王女メディア」にも通ずる映像で、
この世界を一度味わうと一発でこの監督のファンになってしまう位の
強烈な印象を残してくれた作品であった。

「豚小屋」は、非常にエキセントリックで難解。
人食いや獣姦をテーマにするとは、パゾリーニもこの作品で頂点をみた感じか。
映像作家としての執念やエネルギーみたいなものが滲み出てくる異様な映画であり
「超」がつくほど個性的な監督だなあ、と思わせる。

「ソドム・・・」は言わずと知れた拉致監禁拷問映画の頂点であり、この映画を超えるのはまず無理。
格調高き「生き地獄」映画であり、並いる恐怖映画など足元にも及ばない。
20代で初めてこの映画を観た時に、頭痛と吐き気に襲われたことは一生忘れられない。

こういうトンデモナイ作
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「アポロンの地獄」はイマジカ(パイオニアLDC)から初DVD化されたときのものを所有し、「豚小屋」はイマジカ盤をSPO盤に買い替え、「ソドムの市」はSPO盤(オリジナル全長版)を買って視聴したものの、そのあまりに呪われた内容ゆえに手放してしまいました。しかし、パゾリーニ映画祭で実行委員長を務めた大島渚監督の「難解な作品はまた見たくなる」のとおり、また見たいと思っていた矢先、いかにも妖しげなパッケージで、しかも単品販売せずにボックスの中の1本としてひっそりとカタログ化されていたのに飛びつき購入しました。画質については、SPO盤も良かったのですが、今回のもかなり良いほうだと思います。ただし、旧盤では無修正でバッチリ映っていた部分が、ほとんどボカシが入っています。無修正版でも局部などは作り物然としていてちょっと拍子抜けしましたが、ボカシでもまあしょうがないと思います。
「アポロンの地獄」と「豚小屋」は画質が大変素晴らしいです。特に「豚小屋」はシンメトリーの構図も美しいですが、画質がとてもキレイです。欲を言えば、音声がイタリア語だけなので、英語音声も入れてほしかったです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 のじり トップ1000レビュアー 投稿日 2012/7/15
『ソドムの市』…! 
イタリア映画界の鬼才(←まさに、そう呼ぶにふさわしい!!) パゾリーニ最大の問題作にして期せずして遺作となった本作。
このボックスの場合、『ソドムの市』が2003年以来の再発売を果たしたことが最大のトピックだろう。(私自身は待ちきれず、2003年に出た物の中古を¥7000-程で手に入れていた…高っ!)
もともと、2009年にSPOから出た‘ピエル・パオロ・パゾリーニ傑作選’のシリーズとして発売を予告されていたのだが何故か幻となり、結局こういった形でのリリースとなった。   まずは素直に喜びたい。 興味のある方には朗報だと思う。

その、『ソドムの市』の内容といえば…
観客の神経を逆なでする過剰な映像と物語が2時間にわたって続く、まさに地獄風景ともいえるもの。 観客を傷つけるのが目的だったのではと思えるほどだ。 『テオレマ』 や 『豚小屋』で展開されたテーマを発展させより絶望的に展開した…耽美な ‘寓話’ でもある。 パゾリーニは 『私は私の社会参加を、さらに大きな可読性にあわせて再適応させる』 とし、本作を制作したという。 実際パゾリーニは更に次の作品を準備しており『ソドムの市』は第二のデビュー作といった決意で制作されていたようなのだ。(だから遺言などというものではない。極めて前向きで闘争的な映画だっ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック