中古品の出品:5¥ 4,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

鬼婆 [DVD]

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:5¥ 4,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 乙羽信子, 吉村実子, 杉村春子, 佐藤慶, 殿山泰司
  • 監督: 新藤兼人
  • 形式: Black & White, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川書店
  • 発売日 2001/08/10
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LJV3
  • JAN: 4988126200411
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 139,736位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

乙羽信子、吉村実子競演で贈る、戦国時代を舞台に描いたホラー。監督は新藤兼人。

レビュー

製作: 絲屋寿雄/能登節雄/湊保 監督・脚本: 新藤兼人 撮影: 黒田清己 音楽: 林光 出演: 乙羽信子/吉村実子/佐藤慶/殿山泰司/宇野重吉
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

監督は原爆の子などの新藤兼人監督。この映画は戦後約20年の1964年に公開されている。
何度も見てしまう衝撃的な作品だった。
上映当時、鬼婆と同じ境遇だった人間はどのくらいいたんだろうか。すでに戦争を知らない若者が増えていた時代。この映画を見る人はどう思ったか。とくにラストでは、中年の女が痛みにもだえ、死んでしまうぞよという場面。原爆や空襲で実際に苦しんで死んでいった人を連想させはしないだろうか。最後のセリフが耳から離れることはない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 武蔵野 投稿日 2011/1/15
Amazonで購入
『鬼婆』である。
何の予備知識もなしに観賞したので、見る前はてっきり行き倒れのお侍さんの衣服や鎧を盗んで売って生計を立てている追い剥ぎの話かなと思ったのだが、実際そうだった。
実にシンプルな内容である。
応仁の乱でごった返している時代、主人公ら底辺の人間たちにはそんな時代の大行事などはどうでもよく、生きてゆく為には恥などとうに棄てている人間たちが描かれている。
現代に生きる我々が見習うべき力強い姿がそこに映し出されている。
そして性に燃える人間。性にもだえ妬いて枯れ木に飛びつく乙羽信子の演技のなんと情熱的なことか!
男に抱かれる為に草原を疾走する若い女。これもまた情熱的であり、性的で下品な話でありながらいやらしさよりも躍動感とエネルギッシュな感動に満ちている。
それは極限まで無駄を削ぎ落としたシンプルな構成だからこその表現であろう。
この作品を観た事がきっかけで新藤兼人監督を好きになったが他のどの作品も面白かった。本当に面白い。
これは監督が伝えたいものを持って撮っているからに他ならない。どっかの小説か何かから拝借してくるのではなく、監督自身が「こういう事を伝えなきゃいけないんだ」という強い意志を持ってシナリオを書き、そしてそれを伝える為に最善を尽くす。その最前を尽くすのに貢献しているのが他な
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
 応仁の乱の頃であろうか、京の都の近辺の野に住む二人の女は、落ち武者狩りで生計を立てている。乙羽信子の息子は戦に行って帰らず、吉村実子は息子の妻。そこへ、息子と一緒に戦に出た佐藤慶が帰ってきて、息子は戦死したと告げる。するうち、若い吉村実子は佐藤慶とできあい、セックスを重ねていくが、乙羽信子は、嫁をとられたら生活できないと苦情を言い邪魔をしようとする。そんな時、鬼の面をかぶった武士が現れ、乙羽信子に京の都へ案内してくれという。だが武士は穴へ落ちて死んでしまう。鬼の面を手に入れた乙羽は…。
 乙羽の胸もあらわになるが、少年風で美人とはいえない吉村実子の、全裸でかけ回る場面などがエロティックである。これがなんでキネマ旬報で11位で、小林正樹の「怪談」が二位なのか、理解しかねる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
人間の最も原始的で根源的な欲望である、食欲、性欲にだけ焦点を当てた作品で、見終わってぐったりとするが、素晴らしい映画である。南北朝時代を背景にしているが、いわゆる著名な武士は出てこないのが、本物の戦の感じをだしている。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
時は戦国。‘落ち武者狩り’を生業とする者たちがおりました。これは、落ち武者から甲冑や刀を奪い、それを質に入れることで生計を立てているおババと娘の鬼気迫るお話‥。
ちなみに映画の題字は岡本太郎が手掛けており、これがまた作風とマッチしています。

皆々様も普段の何気ない思い・言葉・行動の中で、オニババ・オニジジにならないように気をつけましょう。
マイナスの感情に囚われ、
怒りや怨み、嫉妬や不満の念をもち続けていると、
ベッタリと鬼の仮面が剥がれなくなったおババのように、顔が鬼のまま固まってしまいますよ〜。

霊的に見ても、これは事実みたいです。
反省をすることなく、同じような悪しき思いを反復させていると、それが魂の傾向性となり、死後に赴く世界を決めます。
霊界では、何も隠し立てが出来ませんので、地上では隠せたものが、十倍にも百倍にも膨れ上がって現れるといいます。
まさに鬼のような顔をして、地獄のような世界で阿鼻叫喚するわけです。

そういった観点からも、本作には、訓話的な価値があると思いました。

どんなにツライことがあっても、なるべく建設的な思考と、正しい言葉、明るい表情を保ちましょう!
暗い顔をしていると、見ている方は不愉快
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。gaming monitor

関連商品を探す