残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
高齢者のためのデザイン:人にやさしいモノづくりと環... がカートに入りました
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品。表紙良好。中身に書き込みなどはありません。 ビニールで梱包後、クリックポストかネコポスで配送予定。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

高齢者のためのデザイン:人にやさしいモノづくりと環境設計へのガイドライン (日本語) 単行本 – 2013/7/21


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2013/7/21
¥4,400
¥4,400 ¥2,700
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 高齢者のためのデザイン:人にやさしいモノづくりと環境設計へのガイドライン
  • +
  • コミュニティデザインの時代 - 自分たちで「まち」をつくる (中公新書)
総額: ¥5,346
ポイントの合計: 62pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

住環境はもちろん、仕事場、医療、交通、ICTといった、幅広い領域において、高齢者に配慮したデザインをおこなうための指針を、基礎編・デザインガイドライン・応用事例・チュートリアル・総括の5つのカテゴリーによって、わかりやすく解説。多くの高齢者が使いづらいと感じているモノ(製品)について、その問題を指摘するだけでなく、どうすることで問題を解決できるのか、「ユーザ中心設計」の概念やその方法、そして人間工学のツールや手法を紹介しながら、その具体的かつ実践的なガイドラインを示す。ヘルスケアテクノロジーのインタフェースや情報通信に関する課題など、最新の事例も満載。

著者について

【著者】
アーサー・D・フィスク(Arthur D. Fisk)
ジョージア工科大学心理学科の人間工学プログラムコーディネータおよび教授。
250以上の学術文献を出版しており、アメリカ心理学会 (American Psychological Association: APA) および人間工学会 (Human Factors and Ergonomics Society: HFES) のフェローをはじめ多くの学会のメンバーである。HFES、およびAPAの応用実験心理学・人間工学分科会 (APA Division 21: Applied Experimental and Engineering Psychology) では会長も務めた。

ウェンディ・A・ロジャース(Wendy A. Rogers)
ジョージア工科大学心理学科教授。加齢人間工学研究室 (Human Factors and Aging Laboratory) の共同ディレクター。
研究領域は技能習得、人間工学、トレーニング、認知的加齢など。

ニール・チャーネス(Neil Charness)
フロリダ州立大学のWilliam G. Chase心理学教授であり、同大学のペッパー加齢公共政策研究所 (Pepper Institute on Aging and Public Policy) の研究員。
研究分野は高齢者を対象とした人間工学および高齢者の熟達化行動。

サラ・J・サージャ(Sara J. Czaja)
マイアミ大学精神医学・行動科学および経営工学教授。Center for Research and Education on Aging and Technology Enhancement (CREATE) のディレクター、およびマイアミ大学の加齢センター (Center on Aging) の共同ディレクター。
研究分野は加齢と認知、eヘルス、介護、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、機能評価など。

ジョセフ・シャリット(Joseph Sharit)
マイアミ大学経営工学科の研究教授。マイアミ大学医学部の精神医学・行動科学科と麻酔学科にも籍を置いている。CREATEの研究責任者の1人。
研究分野はヒューマン・マシン・インタラクション、技術的システムを利用する際の高齢者のパフォーマンスの評価、人間信頼性解析とシステムの安全性、リスク分析など。

【監訳者】
福田 亮子(ふくだ りょうこ) [第2版への序文、初版への序文、第3章~第7章]
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任准教授。
専門は人間工学、ジェロンテクノロジー(加齢工学)。最近では熟練者の特徴抽出にも取り組んでいる。

【訳者】
伊藤 納奈(いとう なな) [第2章、第8章~第11章]
産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門主任研究員。
専門は高齢者・ロービジョンの視覚、アクセシブルデザイン。国内外標準化活動に従事。

梅室 博行(うめむろ ひろゆき) [第1章、第12章~第18章]
東京工業大学社会理工学研究科准教授。
専門は感情と技術・経営、人間工学。

登録情報

  • 発売日 : 2013/7/21
  • 単行本 : 368ページ
  • ISBN-10 : 4766420594
  • ISBN-13 : 978-4766420593
  • 出版社 : 慶應義塾大学出版会 (2013/7/21)
  • 言語: : 日本語

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません