この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高遠旅石工たちの幕末 単行本 – 2016/9/2

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/2
¥ 13,458 ¥ 3,249
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

舞台は「夜明け」を前にもの騒がしい幕末の信州・伊那谷。 高遠藩の石工の技は全国的にも声名高く、各地にその作品が残る。
そんな伝統の中に新たに生まれた若き奇才・嘉助は師・又衛門と同行して「旅稼ぎ」に出る。恒例の遠州宮口での観音造立、また黒船に揺れる江戸での台場造営へ。
一方で、嘉助に想いを寄せる又衛門の娘・八重の出奔は嘉助の石工人生の方向に大きく関わり、遠く箱館五稜郭での大仕事にも向かうことになる。
物語の発端となるのは現代の信州。互いに無関係とみられた人頭蛇身像と道祖神、それぞれに刻まれた「四月十三日」の五文字の謎から始まる――

出版社からのコメント

幕末の動乱のなか、貧しくも清廉、かつ情熱を秘めた石工たちが織りなす波瀾万丈の人生行路。時に埋もれた石仏が語り出すような、柔らかな声に耳を傾けたい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 株式会社講談社エディトリアル (2016/9/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907514603
  • ISBN-13: 978-4907514600
  • 発売日: 2016/9/2
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,637,312位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2017年3月9日
0コメント|このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。0歳 ベビー オモチャ絵本 赤ちゃん1歳 絵本