通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
高砂コンビニ奮闘記 -悪衣悪食を恥じず- がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のやけあり 中はきれいです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

高砂コンビニ奮闘記 -悪衣悪食を恥じず- 単行本(ソフトカバー) – 2010/1/21

5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 77

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

乱歩賞作家がコンビニの実態教えます!

出版界からはみ出したキャリア20年の小説家が漂着したのは、閉店目前のユルくて荒れたコンビニだった!
悲喜コモゴモ、憤怒バクハツの店員さん体験記

内容(「BOOK」データベースより)

出版界からはみ出したキャリア20年の小説家が漂着したのは、閉店目前のユルくて荒れたコンビニだった!悲喜コモゴモ、憤怒バクハツの店員サン体験記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 320ページ
  • 出版社: 成甲書房; 初版 (2010/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880862584
  • ISBN-13: 978-4880862583
  • 発売日: 2010/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 365,640位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「吹けば飛ぶような出版社が、吹かれて飛んでしまった作家の本を出した!」

とこの本を形容したら、成甲書房の方に怒られるだろうか(森雅裕氏本人にお会いしたことは無論ないけれども、氏ならこれくらい何とも思わないのではと勝手に予測している)。
恥ずかしながら、それなりの数の本を読んできたもののこの出版社の名前は寡聞にして知らなかったので、この本の情報を最初に目にしたとき、とっさに上記の感想を抱いてしまったのである。甚だ無礼ではあるが、正直な感想としてご寛恕いただきたい。

職人気質の性格と編集者に恵まれなかったことが災いし、出版業界から爪弾きに遭った不遇の作家・森雅裕(私は歴は浅いけれども氏のファンであり、『推理小説常習犯』は古本屋を駆けずりまわって手に入れた程である)。その氏が「食いつめてコンビニでバイトをした体験記を書いた」と新聞広告にて知り、慌てて買いに走った次第。

早速開いてみるが、(商業出版物としては)10年ぶりの新作であるとはいえ、1ページ読めば、全く衰えることのない森節とわかり一安心。後は一気呵成に読了した。
芸術家等の一般にはとっつきづらい世界でも、鮮やかに描き出せる氏の筆力に、コンビニというこれ以上ないほど身近な舞台が加わったのであるから、これはもう鬼に金棒、その生々しさたるやただ事ではな
...続きを読む ›
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 まさかまた新刊が読めるとは...と喜びいさんで即注文。しかも、あっと驚く「コンビニ」の文字。早速読んでみました。この天邪鬼で、でも実直な語りくちにまた出会えるとは嬉しい限りです。細やかな観察眼も健在です。学生時代に「椿姫」を読んで以来、そのニヒルでシャイな感性と根底に流れる情の深さが混在する世界観に惹きつけられ、出版されている作品は手当たり次第読みました。今では図書館や古本屋で探さなくては手に入らない作品もあり、つい書店の本棚の「ま」行辺りをじっとみてしまったりします。

 芸術的な営みとそれを巡る人間模様を題材にしてきた著者が、舞台をコンビニエンスストアに移して書きさばくのは、まさに痛快。きっと手を抜かない仕事ぶりなんでしょうね。しかし、そこに至る事情を読むにつれ生きていくことの大変さを痛感せずにはいられません。
 糊口をしのぐ為、コンビニで働いた経験をネタに作品を書く。読者にとってある意味希望もたらす一冊なのかもしれません。転んだ状態で終わるわけにはいかない、という底意地を持つために。
 少しでも本の売り上げが伸びてほしいです。そしてぜひ次回作をお願いします。 
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hezuka 投稿日 2010/2/28
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
森雅裕の10年ぶりの著作ということで、早速買って読みました。
第1章から第5章まではタイトル通り、著者がコンビニの店員として奮闘する体験記で大変おもしろい。しかし最終第6章、この章では著者の現状が記されているのですが、その内容に私は驚きと悲しみを感じました。そして読み終わった後、私はこの本を図書館から借りるのでもなく、中古で入手するのでもなく、新刊を買って本当に良かったと思いました。
森雅裕ファンの方には、本作品を買って読まれることを強くお勧めします。第6章を読めば、私が何故このようにお勧めするのかがわかると思います。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 私は、滅多にレビューを書かず、他人様のレビューを参考にする程度なのですが、この本を読んで居ても立っても居られなくなりましたので、書きます。
森氏の小説は、江戸川乱歩賞受賞作「モーツァルトは子守唄を歌わない」でファンになり、その後、彼の著作は必ず購入していましたが…環境が変わったために、読書をする時間もなくなり、「文庫本が出たら買おう」と思って…、ツイツイそのままになっていました(出版社とトラブルを起こしたなどの風の噂に聞いていましたが)それが、こんなことになって(ほぼ、ホームレス状態や、本が出版されないなど)いるとは全く知りませんでした。
 江戸川乱歩賞作家という華々しい経歴を背負いながらも、出版社の社員を怒らせたらどうなるか…。本書では、さらっとしか書いてないのですが、読んでいて涙ぐみそうになりました。森氏は10年間出版社から見向きもされず、「歴代江戸川乱歩賞全集」にも森氏の「意向」←(そんなものはなかった)により収録されず…といった仕打ちも受けます。
 決して、読後感が爽やかとは言い難いですし、昔気質の森氏の創作態度は、出版社からも敬遠され…という、過去を持った(つまりは頑固な創作態度を崩さない)方の作品ですが…それでも、「今の社会がどんな社会なのか…」「その社会で生きて行くのはどんなに辛いか」が脳裏にまで刻印される作品です。
 この本
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック