¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
高次脳機能検査の解釈過程―知能,感覚-運動,空間,... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高次脳機能検査の解釈過程―知能,感覚-運動,空間,言語,学力,遂行,記憶,注意 単行本 – 2004/11/1

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,580
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 高次脳機能検査の解釈過程―知能,感覚-運動,空間,言語,学力,遂行,記憶,注意
  • +
  • 高次脳機能障害学第2版
  • +
  • 神経心理学入門
総額: ¥15,768
ポイントの合計: 475pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

脳損傷に対する心理検査の神経心理的解釈を目的に、検査同士を比較する際に陥りやすい落とし穴と注意事項を論じ、当該検査に関して不正確・不適切になりがちな施行手順と採点の問題を考察。各検査に関する解釈上の問題も分析。


登録情報

  • 単行本: 297ページ
  • 出版社: 協同医書出版社 (2004/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4763930397
  • ISBN-13: 978-4763930392
  • 発売日: 2004/11/1
  • 梱包サイズ: 21.5 x 15 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 269,650位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本の最大の特徴は、何と言っても今まで一括りにしがちだった症状の原因を、さらに詳しく追究しようとする事にあると思います。ただ現在、国内で広く使われている検査はここで扱っている検査の一部でしかありません。そういう意味ではまだ日本では使いきれない検査説明も多いのは事実です。しかし逆に言えば、国内で使われていない多くの検査の紹介書と考える事も出来、一つでも多く日本語化を進める研究者が出る事を望んでいます。また国内で主流のWAIS-Rも日本語化に10年近く要したと聞きます。基本は同じですが、既にこの本ではWAIS-'Vを対象にしていますし、アメリカではWAIS-'Wも出ています。そのようなことを考えると、この本は今現在よりもこれから先に、益々本当の真価を発揮していく本ではないかと思いました。それまで絶版となることが無く、将来の方への参考書になるといいと思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
様々な検査が収録されています。waisⅢ wmsⅢ RCPM BVRT などなど。日本人にも馴染み深い検査もあるのですが、日本にはまだない検査も多いのですが、それでも役に立つ内容が多いです。個人的にはwaisの病前iqの推定の計算方法などは非常に役立ちました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、これまで日本には無かった新しい試みの本である。昨今話題になっている高次脳機能障害の症状の典型例を説明する本は出版されているが、臨床で、症状に合わせて多くの検査の中からどのような検査を用い、そこから得られる多くの可能性から何が最も大きな原因となっているのか、そしてさらに詳細を知るために、どのようなことをしたらよいかを詳細に述べている。一見原因が簡単そうに見える症状も、実は多くの要因が背後にある。このような新しい視点から症状を捉え、解釈しようとする点で、易しい本ではないが今までにはない重要な情報を臨床家や研究者にもたらしてくれる貴重な一冊である。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私が探していたのは、各種検査の検査結果の意味が分かる本でしたので、少し違いました。この本は、高次脳機能障害の各種の検査を実施したあと、AとBの検査が好成績で、Cの成績が悪いときはどのような障害が考えられるといったことを説明している本です。各種検査結果の評価の意味が分かる人がもっていれば役にたちますが、WAISやWISC、SLTA、TTMといった検査の意味やカットオフが知りたかった私には、ちょっとイメージが違いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一見ただのマニュアル。
ですが、これをただのマニュアルとして用いると、ただの分散したレポートしか出来上がらないし、訓練プログラムにもつながりません。
「この仮説かな?」「けどこの変数とは矛盾するから、こちらの仮説が妥当かな?」、と解釈仮説の作成―検証を繰り返すための土台となるデータベースとして使うべき本です。
硬派な本。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告