この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

高橋名人の冒険島 [FAMILY COMPUTER]

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ハドソン HUDSON
  • 横スクロール型アクションゲーム
新品の出品:1¥ 39,800より 中古品の出品:43¥ 350より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • ASIN: B003O1H2YO
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 3,602位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
コンティニューを使いまくり、クリアするのに12時間以上かかりました。クリアしたのが一年くらい前なので、良く覚えてないですが、数箇所、クリア出来ずに1~2時間くらい足止めを喰らったステージが・・・このゲームはかなり難しい。

【追伸】久しぶりに2回目のクリアを目指して再トライしましたが、やはりこのゲームは悪魔的な難易度だと思います。2回目のクリアも達成出来ましたが、あまりに難しすぎるので奇声をあげながらゲームをしていました。

他人が聞けば「変人だ!」と感じるレベルの奇声です。開発者に言いたい。「ゲーム自体は面白いんですが・・・これは難易度上げ過ぎ&悪魔レベル(笑)クリア出来たので、星4つだけど、クリア出来てなかったら星1レベル」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2015/7/2
Amazonで購入
Excellent seller, I recommend to all !!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「高橋名人」が主人公のアクションゲームシリーズの初作品。

南の島の大冒険で各ステージ最後のキュラ大王を倒すのだが、スーパーマリオとステージの作りが似通っており、
違うのは「ライフ性」で、只ボーッとしていると名人の体力はドンドン減少していってしまう。

これはバンダイの「オバQワンワンパニック」と同じでゲームの難易度を大きく高めた。
常に食べ物を取り続けなければならない。
スケボーに乗るとスピードアップするがコントロールが難しくなって自滅する可能性大。

アーケードの元作品をアレンジしたとはいえ、発売元がハドソン故の優良ゲーム。
これがバンダイ発売ならクソゲーになっていたはずだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/7/20
当時スーパーマリオブラザーズと肩を並べる人気の横スクロールアクションゲーム。
きわめて完成度の高いゲームでキャラゲーではなく、本物のアクションゲームだった。
体形が本当に本人とそっくりで非情にコッケイだったのだが、中身は本格派で
、マニアの間では注目された作品だったんです。

学習型のアクションでやりこんでいけばコツみたいなものが分かってくると思います。
ただラストの8面、一ヶ所ジャンプするタイミングが難しいところがあって、そこが
鬼門なんだよね。テレビで名人がこのゲームをプレイしてるシーンがあったんだけど
、途中スケボーで失敗しそうになって冷や汗をかいていた場面は、今でも忘れません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
セガのアーケードゲーム「ワンダーボーイ」のキャラ替え移植版。当時、子供たちに絶大な人気を誇った「高橋名人」のゲームというだけで、話題性は充分にあった。先述のワンダーボーイのことなどどうでも良かった(ワンダーボーイを知ってる子供自体が少なかった)。

セガ色を消すためか、子供を飽きさせない工夫か、BGMは本作オリジナルのものに。そのBGMがどの曲も耳に残る良作揃い。さすがハドソン、いい仕事する。ただ、ワンダーのノリのいい通常面と暗い最終エリアのBGMも良かったなぁ(後に出るMSX版はワンダーのBGMを採用)。

スーパーマリオと双璧を成すジャンプアクションとして、高い人気を誇った本作。元がアーケードゲームだからか、スーパーマリオと比べて難易度が高い。ワープゾーンもないから、全クリアはかなりの長丁場になる。とにかく、先を見たいから、そんなことも気にはならなかった。

ワンダー自体の仕様ってのもあるが、地形や敵の配置がかなり絶妙だった。途中でミスすると武器なしで再開するが、ミスした場所によっては長い間武器なしで進まなければならないので、ジャンプのテクニックを磨く必要があった。

今見れば、セガの名作アクションと高橋名人のコラボ作品だが、当時のファミコンブームも手伝って大ヒットした。もちろん、ハドソンの丁寧な仕事も忘れてはならない。今プレイしても、充分面白い名作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告