中古品の出品:3¥ 8,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

高校教師 もうひとつの繭の物語

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 8,000より


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 唐沢寿明, 遠山景織子, 鈴木杏樹, 荻野目慶子
  • 監督: 吉田健
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002BAIY1O
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: VHS
劇場公開当時、それなりの話題にはなったものの、高額VHS販売終了後はDVD化さえされなかった、消え去る運命を辿りつつある映画です。
TVドラマとはまったく異なり、設定期間も短いストーリーはシンプルそのものです。
恋愛の刹那のなかに、残された人生のすべてを燃焼させ、愛する人の記憶に、わずかでも自分という痕跡を残したいと願う少女(柏木繭)。
孤独の引力で惹かれ合い、やがて彼女の温かく静かな海の底へ沈んでいく教師(羽野一樹)。

初々しい役者たちの演技も手伝い、ぎこちないカットも見受けられますが、はっとするような印象的なシーンも数多くあり、今でも、江ノ電を見かけたり、坂の下に海が見える道や激しい雨の中を歩いていると、この映画ことを思い出します。
強い風が吹くなか“妊娠したら責任取れよ”と言って笑う繭は、儚い美しさに溢れています。

この映画はドラマ版のように、よく練られた脚本を時間を費やして作られたものとは違います。でも、残された時間に追いつめられ行き場を失った繭が、ただ単純に終息点へとひた走る姿が夏の日の一瞬の風景と重なり、強く記憶に焼き付けられる映画です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
DVDは出ていないのでしょうか?
DVD化を希望します。
とても印象に残る映画です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS Amazonで購入
多少ノイズが悪かったりしますが…逆に古いレトロ感がでていて良かったと思います。。。
なぜこんな素敵な作品がDVD化しないのか…不思議です…当時の遠山さんが可愛過ぎ!はかなげな印象は繭にぴったり!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
最近CSで唐沢寿明特集がやっていて、高校教師も超解像度版で放送していました。
当時、中学生位で見た時は刺激の強い印象でした。今見ると役者の演技の下手さが良く分かりましたが、普通なら興ざめしそうな遠山景織子の演技に何故か引き込まれる不思議な感覚でした。寂しく儚い雰囲気は彼女にしかムリだったとさえ感じました。
CSで放送出来るのならDVD化するべきだと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: VHS
女子高生、繭の青白く妖艶なオーラはこのドロドロした映画にピッタリだ。冷静に考えてみれば、テレビドラマの続きでもないし、登場人物にも繋がりは無い。納得いかない点がありつつも、映画の尺でこのドロドロした感覚を与えた手腕は見事だ。当時、究極の恋愛を野島伸司に書かせたら右に出る者は無かったね。女性が階段から落ちてナイフが目に刺さるシーンが強烈で、今でも彼女の叫び声が僕の耳に残っています。破滅の美学と言えばフランス映画ですが、日本人の内省的な部分を巧く表現できるなら、こういった映画も似合うんじゃないかな?あまりにも他人事過ぎて感情移入できなかったのがマイナスでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック