この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

高校大パニック [DVD]

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 15,000より 中古品の出品:4¥ 10,825より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 山本茂, 浅野温子, 河原崎長一郎, 内田稔
  • 監督: 石井聰亙
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2002/02/22
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005V2LH
  • JAN: 4988102702519
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 163,236位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   福岡の名門高校の生徒が受験を苦に飛び降り自殺。しかし翌日、何事もなかったかのように授業を進める教師に憤った生徒の城野(山本茂)は、銃砲店からライフルを奪い、教室に戻って教師を射殺。その後、城野は美穂子(浅野温子)ら生徒を人質にとって校舎にたてこもるが……。1970年代後期に自主映画界で異彩を放っていた石井聰亙監督が、その処女作でもある同名8ミリ映画を日活で商業映画としてリメイクした学園ヴァイオレンス映画。石井は『斬り込み』などの澤田幸弘と共同監督し、本作で劇場用映画デビューを果たした。受験戦争の激化が取り沙汰されていた世相と、人間の暴力にこだわり続ける石井監督の若き執念、そしてアクション映画の旗手・澤田監督の手練のタッチとが巧みにマッチし、社会性を帯びつつ日活アクション映画の香り漂う秀作となった。ヒロイン浅野温子のクールな佇まいも魅力的。公開時、劇中の台詞で宣伝コピーにもなった「数学できんが、何で悪い!」はちょっとした流行語にもなったものである。ただし、撮影所システムという慣れない中にいきなり飛び込んでの、しかもベテラン監督との共同作業は新人・石井監督の資質を全面開花させるには至らなかったようで、そんな彼の鬱屈感は続く『狂い咲きサンダーロード』で爆発することにもなった。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

石井聰亙監督の処女作である8ミリフィルムを35ミリ劇場公開用にリメイクした学園バイオレンスアクション。山本茂、浅野温子、河原崎長一郎ほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

思えば、すでにこの頃から日本映画は「頭のおかしなやつら」に占拠され始めていたのではなかろうか?

九州の地方都市にある高校で、夏休みの補習が行われていた。クーラーなんかない、ムシムシした教室で、頭の悪い主人公の少年・山本茂は、嫌味な数学の教師・久富惟晴に「どうしようもないヤツじゃ」と馬鹿にされていた。突然、教室を飛び出す少年。「ああいうバカは放っとけ」と呆れ果てる教師。銃砲店からライフルと実弾を奪った少年は、数学教師を生徒の目前で射殺する。教室は一気にパニックに陥る。

ギャラリーである他の生徒の何倍もパニック状態になった少年は、生徒を人質に図書室に立てこもる。教師や親の説得に、実弾で応える少年。警官隊が校舎を包囲する。

少年は屋上に追い詰められた。その少年に恐れ気もなく従う少女がいた。幸い人目につかない屋上の物置に潜んだ少年と少女に催涙弾が発射される。警察のスナイパーが撃ったのは少女だった。少年は泣きながら警官隊に逮捕される。「補習があるんだ! 模擬試験があるんだ!」と喚き散らす少年が連行されて行った。少女の死は「事故」として片付けられた。警官隊が去り、少年が去り、校庭には少女の遺体だけが残された。

学校というごく日常的な場所が、いきなり「コンバット」なみの戦場に変貌していく様が、ジェットコースタ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WARP VINE メンバー 投稿日 2002/8/21
常に汗をかいている登場人物達。一気に破滅に向かう物語。危険な映画ですが魅力も感じます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
石井聰亙が学生時代に自主制作した(8ミリだったと思うが16ミリかも)映画をメジャー化した作品。当時、石井は学生映画界でカリスマ的人気があった。8ミリ版はいまはほぼ確実にみることの出来ないが、雰囲気は似ていたと思う。近年、アメリカなどでは学校での銃乱射がしばしば発生している(コロンバイン高校など)が、この映画は、アメリカでも銃乱射事件がほとんど発生していなかった時代に、銃乱射を描いた(まあ、いまの銃乱射と動機は違うけど・・)という点できわめて画期的である。石井の若いエネルギーと時代を先取りしたセンスがいかしている。当時、ポルノ路線を展開していた日活が一般映画にも(再)進出しようとしてとった映画なので、微妙にロマンポルノっぽい演出が目立ち、明らかに文脈からは必要がない浅野温子の一瞬の裸がでるが、こういうのはやらないほうがよかっただろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 皆さんこんにちは!実はこの映画に出演しています。
当時、調布駅から日活撮影所行きの専用バスに乗り、撮影所で撮影しました。
 撮影所の俳優さん関係者食堂では「ケーキやケンチャン!」の宮脇康之さん
などもよく食事しており、サインも頂きました!
 当時、プロダクションに所属していたので、いくつかの映画や雑誌などの
モデルの仕事もしていたので楽しかったですよ!
 この映画は、素晴らしい作品と私は個人的には思いますので、ぜひ購入
してくださいね!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なにか、スピード感があり、意外と面白かったです。しかし今の時代には通用しない映画でしょう。というのはこの映画はバイオレンスものでしょうが、それでもこの映画の時代には教師に威厳がありました。今は教師が犯罪はするし、生徒は引きこもり、殺人はするという世の中なので、この映画は、まだほのぼのした動機ですしまじめな生徒の暴走に過ぎません。
内容は進学校で落ちこぼれた生徒が差別に逢い、教師を撃ち殺すところから始まります。この銃は銃砲店で店番の隙を狙って盗んできたものでした。なぜ殺したのか?それは受験の模試で成績を上げられなかった同級生が自殺するところから、受験重視の教育に疑問を持っていたからです。この映画はこのように受験で人間性まで決定するかのような風潮を批判もしているのだと思います。
そのあと警察が来るから、仕方なく校舎の中を逃惑っていたら、何人かが犠牲になっていくのです。
この警察は射撃隊まで出動させ、まるで「明日に向かって撃て」のような状況になります。
そのなかで最後に残った女の子の人質とある程度、意思疎通が出来るのですが、その女の子は射撃隊が間違って殺してしまいます。これで逆に人がいなくなったので警察は一斉に踏み込んで逮捕するという結末になるのですが、警察の不手際がかなり描かれている映画なのであまり上映される機会は少ないような気がします。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す