中古品
¥482
中古商品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)【2020/10/02 13:54:55 出品商品】
この商品は1-Click注文できません。

Kindle版は今すぐお読みいただけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


高杉晋作の「革命日記」 (朝日新書) (日本語) 新書 – 2010/9/10

5つ星のうち4.7 12個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥482
¥6
無料配送: 10月31日 - 11月1日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

幕末の長州藩で百姓・町人なども動員して奇兵隊を作り、幕府軍をみごと打ち破る。高杉晋作は、六篇の日記を残している。そこには―江戸への航海記、東国での武者修行の旅、小姓役として若殿様に仕える日々、そして幕府貿易視察団に加わり上海に滞在して目にした欧米列強の力、のちに藩命に反したとして牢に繋がれた波乱と革新の生涯が描かれている。それを現代語でよみがえらせた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

一坂/太郎
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大正大学文学部史学科卒。萩博物館特別学芸員・山口福祉文化大学特任教授・防府天満宮歴史館顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2010/9/10
  • 新書 : 352ページ
  • ISBN-10 : 402273356X
  • ISBN-13 : 978-4022733566
  • 出版社 : 朝日新聞出版 (2010/9/10)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.7 12個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
12 件のグローバル評価
星5つ
68%
星4つ
32%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年7月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年7月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年7月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年1月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年12月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年5月21日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年6月5日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年2月21日に日本でレビュー済み
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告