この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

高性能コンピュータ技術の基礎 単行本(ソフトカバー) – 2011/6/24

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 7,418 ¥ 1,108
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

コンピュータの歴史は「高性能化の歴史」
高性能で低消費電力なコンピュータの設計技法について解説。
プロセサだけでなく一般的な高性能ディジタルLSIを設計する際にも役に立ちます。

1章で,コンピュータの性能向上のトレンドについて触れ、
2章,3章では、複数の命令を並列に実行する「スーパスカラ」,データ待ちなどの命令を後回しにして実行する「アウトオブオーダ実行」,条件分岐の方向を予測して実行する「投機実行」などの高性能化技術について詳しく説明します。
4章では、複数のプロセサを使う「マルチプロセサ」とそれに伴って必要となる「キャッシュコヒーレンシ制御」などについて説明します。
アウトオブオーダ実行や分岐予測などの機構の実現には,多くの状態の記憶や一致検出などの回路が必要であり,ムーアの法則によるトランジスタ数の増加でこのような機構の実装が可能になってきたことが理解できます。
1990年代から高性能化機構のマイクロプロセサへの実装が開始され,現在でもその改良が続いています。マイクロプロセサの消費電力が100Wを超え,トランジスタを注ぎ込み高性能化を目指す方向の発展が難しくなってきました。
こうした新たな状況より,2000年代からは,「マルチコア化」「マルチスレッド化」や「仮想化」に対するニーズが強くなり,コンピュータのマイクロアーキテクチャに影響を与えてきます。5章では,これらの最近技術を取り上げます。

また,データセンタでは運用コスト面から消費電力低減が強く求められ,利用の広がる携帯機器では電池寿命の点でプロセサの消費電力低減が強く求められています。「省電力化」の技術は最近のマイクロプロセサの設計では一番重要な設計目標となってきており,第6章ではこれらの技術について説明します。

既刊の『コンピュータ設計の基礎』(ISBN978-4-8399-3753-9)では,パイプラインやキャッシュなどの基本的なコンピュータの構造と演算器を中心に説明を行っており,本書で前提となる知識を確認することができます。

内容(「BOOK」データベースより)

マイコミジャーナル「コンピュータアーキテクチャの話」より再編成。高性能/低消費電力な設計に役立つ知識を提供。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 272ページ
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ (2011/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839937966
  • ISBN-13: 978-4839937966
  • 発売日: 2011/6/24
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 654,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2012年5月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2011年9月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。quick chargeソニー sonysony xzxperia x performancexperia xzdual sim