通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
高度成長期日本の国立公園―自然保護と開発の激突を中... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 月並書店 
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2016年1版1刷、帯無し、カバーにスレがあります。本は天地小口に目立つ汚れはありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高度成長期日本の国立公園―自然保護と開発の激突を中心に 単行本 – 2016/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/6
¥ 3,780
¥ 3,780 ¥ 2,896

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

好評を博した『国立公園成立史の研究』、『自然保護と戦後日本の国立公園』に次ぐわが国の国立公園研究の第一人者による第3弾。戦前・戦後の貧しい構造を引き継いだ高度成長期の国立公園の構造を解明し、日光、尾瀬、上高地、大雪山、富士山、南アルプスなどでの観光開発計画と自然保護運動の激突を詳細に描き、自然保護の砦としての国立公園のあり方を問う著者会心の画期的労作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

村串/仁三郎
1935年東京生まれ。1958年3月法政大学社会学部(2部)卒業。1963年3月法政大学大学院社会科学科経済学専攻修士課程修了。1969年3月同博士課程単位取得満期退学(1982年経済学博士取得)。4月法政大学経済学部専任助手、1970年助教授、80年教授。2006年3月同大学定年退職(同年4月法政大学名誉教授)。専門は労働経済論、鉱山労働史、現代レジャー論、国立公園論など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 429ページ
  • 出版社: 時潮社 (2016/06)
  • ISBN-10: 4788807106
  • ISBN-13: 978-4788807105
  • 発売日: 2016/06
  • 梱包サイズ: 22.2 x 15.6 x 3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう