この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


高島忠夫の洋食劇場 (旺文社文庫) 文庫 – 1983/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥530

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

芸能生活三十年、フジテレビで「ゴールデン洋画劇場」の解説という仕事を持ち、日本テレビの「ごちそうさま」で料理して見せたりしていましたが、私は映画批評家でもなければ、料理研究家でもありません。 それが或る日、フジテレビの角谷プロデューサーより洋画劇場のパンフレットに随筆を書いてくれと頼まれて、いままで頭の中にあった洋画の中の思い出の食べ物のシーンの話しを書いて見せたら面白がってもらい、タイトルに「高島忠夫の洋食劇場」とつけて下さいました。 これが本書の発端です。(「あとがき」より)  内容的には、「ゴールデン洋画劇場」19章、「グルメ人間万歳!」23章、「楽屋の引出し」19章、「ボクのコーヒータイム」24章、「特選ごちそうさま」28章に分かれる。


登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 旺文社 (1983/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4010642416
  • ISBN-13: 978-4010642412
  • 発売日: 1983/01
  • 梱包サイズ: 15.4 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,359,378位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう