¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
高山右近 (加賀百万石異聞) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高山右近 (加賀百万石異聞) 単行本 – 2012/11/5

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 907
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 高山右近 (加賀百万石異聞)
  • +
  • 新装版 高山右近 (講談社文庫)
総額: ¥3,283
ポイントの合計: 51pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

加賀藩の客将として金沢城修築などに携わったキリシタン武将の後半生に迫った。 右近は2015年が没後400年にあたり、ローマ教皇庁による「福者」(聖人の前提となる位)認定に期待がかけられており、その功績にスポットを当てた一冊となっている。 右近は織田信長や豊臣秀吉に重用されたが、信仰を貫いたため大名の地位を奪われた。前田家に招かれ、金沢に26年間在住し布教と城下の防御施設「惣構(そうがまえ)」の設計などに尽力したが、禁教令により国外に追放されマニラで没した。 本書は、ゆかりの地を綿密にめぐり、資料が少なく謎に包まれた右近の後半生を掘り起こした北國新聞連載をまとめた。 2003(平成15)年に発行した同名書籍の第2版。

内容(「MARC」データベースより)

キリシタン大名高山右近は、前田家の客将として加賀国に26年間住み、カリスマ性を持つ高貴な人柄で加賀藩に風を吹き込んだ。ヨーロッパで最も知られたサムライの生涯をたどる。『北国新聞』『富山新聞』掲載に加筆。


登録情報

  • 単行本: 146ページ
  • 出版社: 北国新聞社; 第2版 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4833012804
  • ISBN-13: 978-4833012805
  • 発売日: 2012/11/5
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 497,661位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー2007年5月20日
形式: 単行本
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告