通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 モロヘイヤ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568) 文庫 – 1984/7/31

5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 537

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
  • +
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
総額: ¥1,771
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アメリカ美術工芸品商会を経営するロバート・チルダンは、通商代表部の田上信輔に平身低頭して商品の説明をしていた。ここ、サンフランシスコは、現在日本の勢力下にある。第二次大戦が枢軸国側の勝利に終わり、いまや日本とドイツの二大国家が世界を支配しているのだ--。第二次大戦の勝敗が逆転した世界を舞台に、現実と虚構との微妙なバランスを緻密な構成と迫真の筆致で書きあげた、1963年度ヒューゴー賞受賞の最高傑作。


登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 早川書房 (1984/7/31)
  • ISBN-10: 4150105685
  • ISBN-13: 978-4150105686
  • 発売日: 1984/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,774位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
『ブレードランナー』『トータルリコール』『マイノリティリポート』の原作者による、第二次大戦で枢軸国が勝利したパラレルワールドの1960年代北米を舞台にした小説です。
「本物と偽物の違いは何か」「本物であることに果たして意味があるのか」という問いが全編通して流れるのは、ディックの定番だなと思います。
プライムビデオでドラマ化され大好評を博し、第2シーズンも今年12月に公開になる予定の、話題の一冊です。
(現時点ではドラマ版は日本のアマゾンでは公開されていませんが英・米のアマゾンで英語版、ドイツのアマゾンで英語/ドイツ語版の第1シーズンが視聴可能です。)

小説版とドラマ版とは、かなり設定が異なっています。
キーワードになる『イナゴ身重く横たわる』は、この小説版では「高い城の男」と呼ばれる謎の小説家の書いた大ヒット小説で、連合国が勝ったパラレルワールドを描いていることからナチス政府は禁書とし、作者の命を狙う工作員がウヨウヨしている(帝国日本政府は「あくまでフィクションにすぎない」として黙殺しており、日本人の中には「ナチスが禁止してる本だってよ!」とかえって面白がって読みふけっている者までいる)ということになっていますが、ドラマ版では日独およびそれらの傀儡政府に所持を禁止され地下で密かにやり取りされている、連合国が勝利した世界を
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
もし第2次世界大戦で枢軸国側が勝っていたらという設定のパラレル・ワールドを舞台にしたP.K.ディックの代表作。設定はどうであれ、作者の関心は常に社会のあり方、その中での人間模様、表面的な欺瞞の裏に隠された真実にあり、本作ではそれらが遺憾なく描かれている。作中で、「もし連合国側が勝っていたら」という設定(史実に近いが微妙に異なる)の小説が登場し、「高い城」はその小説家が立て篭もっている場所を指す。レビュー・タイトルはその小説の名前である(聖書からの引用)。

作中作で描かれる世界もかなり醜いもので、戦争にどちらが勝とうが、作者が物質中心の世界に希望を見い出せないでいる事が分かる。その代わり精神性を重視している点が目立つ。戦勝国のドイツと日本の描写を比較すると、ドイツの政治家が醜悪に描かれるのに対し、日本人の精神性の高さが評価されている。面映い程である。特に領事の田上の武士道的精神性は殊更強調されており、作者をして「私の願いは田上氏がいつまでも記憶に残ることだ」と言わしめている。作者が、易経、禅、伊万里焼など日本、中国の研究を良くしているのにも驚かされる。そして、ユダヤ人が作ったオリジナルの装飾品に新しい世界の創造の光を見る辺り印象的である。それにしても、作中に出て来る次の短歌は英語でどうやって表現したのだろうか ?

「ホトトギス鳴きつる方を眺
...続きを読む ›
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 レビューのタイトルを見て、私がナチスドイツや大日本帝国などの枢軸国に支配された世界に対して生理的な嫌悪感や恐怖感を覚えていると思われる方もいるかもしれないが、そのことを意図してはいない。私が恐ろしいほどの現実感とのタイトルにしたのは、本書で描かれる登場人物たちの日々の生活や思い、そして、それらの人物たちが織りなす世界があまりにも現実的に感じたためである。
 本書は、枢軸国が連合国に勝利し、ナチスドイツと大日本帝国が世界を二分した世界を舞台にしたものである。その世界では、連合国が枢軸国に勝利する世界を描いた「イナゴ身重たく横たわる」という小説が大ベストセラーとなっている(ちなみにこの小説ではアメリカとイギリスが世界を二分しており我々のいる現実とは状況が異なる)。登場人物たちは枢軸国が支配する世界の現実を受け入れながらも、「イナゴ身重たく横たわる」という小説にそれぞれの仕方で関わり、影響を受けることになる。
 本書の特異な特徴としては、登場人物たちが何らかの選択を迫られた際に、易経を利用する点が挙げられる。著者のフィリップ・K・ディック本人も日常的に易経を利用しており、本書を書く際にも利用したとのことだから、非常に易経と縁の深い小説とも言える。易経は簡単に言うと君子が取るべき行動の規範を人間に示したものだが、その意味では、本書の登場人物たちは不条理な現実の中で、必
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yjisan 投稿日 2006/3/29
形式: 文庫
第2次世界大戦で枢軸国側が勝利した世界。世界は日本とドイツによって二分され、アメリカ合衆国も両国に分割支配された。太平洋沿岸諸州は日本に、東岸諸州はドイツに。

 日本が支配する太平洋沿岸諸州では、アメリカ人は日本人に媚びへつらい、尊敬の念すら感じており、日本人は古き良きアメリカの文化に感傷的な憧憬を抱き、その生活様式を模倣していた。

 かつての尊厳と誇りを失ったかに思えたアメリカ人だったが、彼らの間で或る小説がはやっていた。その名は『蝗(いなご)身重く横たわる』。『高い城』と呼ばれる要塞のような邸宅に住むといわれるアベンゼンという作家が書いた作品で、第2次世界大戦で日本とドイツが敗れ、アメリカとイギリスが世界を二分するというその小説は、ドイツ側で発禁本とされ、日本側で大ベストセラーとなっていた。

 そして、世界情勢は、再び悪化しつつあった。かつての同盟国である日本とドイツが、対立を深めつつあったのだ。平和な世界の水面下で進行していく陰謀・・・・・・

 この作品では、ディックのよく用いる「本物/贋物」のテーマが頻繁に現れる。アメリカ美術工芸品のイミテーション、人種・経歴を偽る登場人物たち、偽の歴史を書く『蝗』、そして枢軸側が勝つ虚構の世界・・・・・・ そして不確実な現実を象徴する易経。ディック作品
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック