通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫) 文庫 – 2004/9/3

5つ星のうち 4.0 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 骨音―池袋ウエストゲートパーク3 (文春文庫)
  • +
  • 少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉 (文春文庫)
  • +
  • 電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)
総額: ¥1,911
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界で一番速い音と続発するホームレス襲撃事件の関係は?池袋ゲリラレイヴで大放出された最凶ドラッグ「スネークバイト」の謎とマコトの恋のゆくえは…。現代のストリートの青春を生きいきと描き、日本のミステリーシーンに新しい世界を切り拓いた、ご存知IWGP第3弾!ますます快調のTV化話題作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石田/衣良
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業、広告制作会社を転々とした後フリーランスのコピーライターに。97年9月、「池袋ウエストゲートパーク」で第36回オール読物推理小説新人賞を受賞。生き生きとした語り口と現在を映しだすエッジの鋭さが高い評価を受けた。受賞作に続篇3篇を加えた『池袋ウエストゲートパーク』でデビュー。03年7月、『4 TEEN』で第129回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 364ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/9/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167174081
  • ISBN-13: 978-4167174088
  • 発売日: 2004/9/3
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 146,842位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ホームレスの人たちが次々に襲われ、骨を折られるという事件が発生した。

犯人は薬をかがせてから骨を折っていた。誰が何のために?マコトは

Gボーイズの面々と犯人捜しに乗り出すが・・・。表題作を含む4編を

収録。

ホームレスの人たちを襲う連中。彼らはホームレスの人たちを人間とは

見ていない。自分たちの目的を達成するためのひとつの手段としてしか

扱っていない。そこに、自分たちさえよければいいという、現代のひずみを

見るような気がした。ここに収められている作品はどれも重く暗い。

そこには真の救いもない。だが、人は生きていかなければならない。

どんな状況でも。読んでいてそれは強く感じた。池袋を愛するマコトの

活躍はまだまだ続きそうだ。次回作も期待したい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
であり、IWGPだと思う。
すらーっと読めるね。エンターテイメント小説では非常に重要なところでもある。

この後の石田衣良は劣化の一途だという気がしてならない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
池袋ウエストゲートパークの第3弾。「骨音」、「西一番外テイクアウト」、「キミドリの神様」、「ミッドサマー狂乱」の四作。

一番のお気に入りは、「西一番街テイクアウト」マコトのおふくろがいい味出してます。この母にしてこの子有り。

「骨音」は、ちょっとキツかったかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かさこ VINE メンバー 投稿日 2007/6/11
形式: 文庫
このシリーズの中ではやや物足りない感があったが、

なかなかおもしろい作品であることには変わりない。

このシリーズは非常に微妙なバランス感覚で成り立っていて、

すごく深くテーマに突っ込みすぎると、

妙なドキュメンタリーになってしまうし、

かといって浅すぎると、表面だけさらったうわっつら小説になってしまい、

その距離感のとりかたが絶妙でおもしろいのだが、

今作はややその距離感が浅かったのか、

それともテーマそのものの着眼点がいまいちだったのかなという気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
シリーズ第1作の再来のような完成度の高い一冊でしょう。

なかでもマコト・タカシ・サルのオールキャストによる

ストリートファイトは読み応え充分なスカットする作品です。

また男ばかりに縁のあるマコトの久々のロマンス作品も最後

に登場するのですが、これもまたパークシリーズ史上の名作

に仕上がっています!

標題の作品も含めて、いろんなテーマの作品を楽しめる正に

パークシリーズの中では、はずせない一冊と言えるでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
いくらシリーズが進んでも、相変わらず斬新なテーマと新鮮な情報が石田さんらしい。

タイトルにもなっている骨音をはじめとして、微妙に連鎖した章だてが素晴らしい。

池袋を知らなくても、もちろん楽しめる内容。
シリーズ1から読みたいですが、このシリーズ3から読んでも内容は問題なしです。

1・2に比べると〜という評価もなされていますが、
通常趣向を変える3部に、1・2と同様の切り口でもってきた石田さんに自信を感じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ミヤ 投稿日 2009/11/11
形式: 文庫
IWGPシリーズはやはり他のレビューを読むと1・2が人気で、
今作3はイマイチと書かれてる方が多い。やはり、少しマンネリなのかもしれない。
でも私は、安心して、面白い、買って外れないというのは凄いと思う。
普通に読んで、普通に面白いのだ。

真夏でも、氷点下の風を纏ってる、タカシがとてもクールでカッコ良い。

人間関係が広がって、ちょっとずつ成長していく、マコトを見て欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
TVドラマの面白さから、原作に興味を持ち、この「骨音」を池袋ウエストゲートパークのシリーズの中で最初に買って読んだ。
読んでいると、本の中で描かれた街や人がいきいきとした映像で浮かんでくる。ドラマ既に見ているからというだけではない。それだけ、テンポよく、読みやすく、また、感情移入しやすい文体だと思う。
主人公の活躍だけでなく、脇役たちも魅力的だ。実在する人物かのごとくリアリティがある。結構過激なシーンが出てくるのにもかかわらず、読み終わった後はやけにさわやかな感じがするのが印象的だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー